2013年11月01日

寿司

17127439.jpg辛坊治郎と寿司屋のカウンターで
なぜか激論を交わしていて
私は彼に食い付いていた。
「どうしてマスコミはダメな事を
ダメときっぱり言わないんですか」
「でもね、それに対する法律が
現状ないのだから罰するに
値しないから言えないんですよ」
「そもそも日本国民であれば
敬って当然であり象徴なのであり
自から声をかける事すら言語道断。
園遊会という超公共の場で
おのれの主張を書いて渡すなんざ
許される事じゃないでしょうが。
しかも国会議員ですよ。国民の
お手本とならなければならない立場のお方が
知らなかったじゃ済まされない問題です。
法律以前の道徳観や礼儀や国家観。
だからこそ法律にすらないわけでしょ?」
「ほんとうはそうなんだけれどね・・・・私も悔しいですよ」

神社で神主さんが祝詞を上げる時、話される時には
かならず頭を垂れるのが常であり礼儀である。
陛下は日本の神主で在られるのだから
手紙を渡すなどという行為はふつうに在り得ない。
在ってはならない事なのである。

夢にまで見てしまうほどの怒りはひさしぶりである。しかも
上等な寿司屋に居たのに、なにも食べなかったのは
夢の中とはいえ残念な私なのである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鳥雪   2013年11月02日 19:18
もはや現人神という言葉も聞かれなくなったのかもしれないですが
やはり 天皇は神でありながら人であり 人でありながら神
という概念が 我々日本人の中にはあるような気がします
お怒りが手に取るように分かるのであります

それにしても上の写真 最高ですね 泣けてきます
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年11月02日 21:04
◆でしょ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ