2014年01月09日

Chasing Mavericks

bc055f32.jpg『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』
(原題:Chasing Mavericks)を観た。
まずもってディズニー映画である。
相当な予算もあるだろう、と
期待するのが普通であるのだが
息を飲むようなうつくしい海や空は
まったくと言って良いほど見られない。
波乗りのシーンも何日もかけて
撮ったのだろうと思うような
出来映えでひとつのシーンなのに
太陽の照り具合や波の砕け方が
てんでバラバラで見ててシラけてしまった。
しかも伝説のサーファーである
ジェイ・モリアリティの16歳を演じるには
ちょっと無理のある配役だ。
その師匠フロスティも細身だが
ウェットスーツを着ると腹まわりが
サーファーには見えないので
リアリティがまるで感じられない。

ところが数回見ているとこれが良い映画なのだ。

大波乗りのシーンでは従来のサーフィン映画のように
望遠や海の中での撮影ではなく空撮が多く
その技術はどう説明して良いのかわからないくらいすごい。
ひょっとしたらCGなのか?と思わせるほどだ。

台詞もサーフィン中心なのだがそれは人生すべてに
通じるような教訓に満ちている。

寒い冬にちょっとあたたかい太陽と海を感じたくて
見るにはすこし調子っぱずれになるが
いやいやどうして、いい映画だ。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ