2014年07月12日

運気理論53:こどもに接するように

6bc23949.jpg素敵なご夫婦がいる。
そのふたりのファンも多い。
どうしてそれだけ仲が良く
誰に対しても気持ちのいい
対応ができるのか、と
ふと分析してみた。
このふたりはお互いに
相手をこどもに接するように
慈しみ愛で太陽のように
ゆるぎない無償の愛を注ぐ。
きっとそういうことなのだ。

でもこれは応用すれば
すべての人間関係に使える。

「いい歳して何してんだ」
「そんなこともわかんないのか」
「どうしてそれくらいできないのか」
「何度言わせるんだこいつは」

そんなふうに考えてしまうから
不平不満が蓄積してしまう。
でも相手が人格のあるこどもだと考えたら
懇切丁寧に聞いてあげたり指導してあげたり
サポートしたりできちゃうのである。

思い切って、対等な人間として
こどもあつかいしてみると良い。

ちなみに私は精神年齢17歳なので
おおいにこどもあつかいしてもらって結構である。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ