2014年08月12日

なんとなく「THIS IS IT」

ダウンロード










2009年当時には悲し過ぎて見えなかったマイケルが
今となると冷静にいろいろな発見があるからびっくりだ。
「THIS IS IT」
見直してみると良いよ。

彼がいかに偉大なシンガーだったか。
51歳にしてあれだけのキレのある踊りもすごい。
マイケルのカラダ全体からビートを感じる。
でもこれはリハーサルの記録なんだ。でも
誰もがリハーサルのためのリハーサルをしていない。
0.01秒の積み重ねがショー全体の時間を作り上げるという事。
それほどシビアな現場だ。

全体を巻き込むリーダーシップもカリスマ性も申し分なく
緊張感を持ちながらも楽しんで仕事をする姿勢。
勉強になる事ばかりだ。

しかも彼の完全主義者ぶりがヒシヒシと伝わって来るのに
独りよがりなマスターベーションには陥っていない。
あくまでポピュリズムに徹する姿勢が凄いのだ。
表現者の陥りやすい罠。
それは完璧を目指すがゆえにマイノリティに向ってしまう事。
マイケルにはそんな部分は微塵も感じない。
エンターテインメントに徹することができる器の大きさというか
自分を俯瞰できる能力が高いのだ。
ここはおおいに参考にさせて頂こうと思うぞ。

蛇足だがMA-1をステージで着ている事。
二度も劇場に足を運んだのに気付かなかった。
カッコイイ。
あんなふうにオーバーサイズでゆったりと着て、あれほど
カッコ良く軍用ジャケットを見せられる人を他に知らない。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ