2015年02月17日

葡萄っつったら葡萄畑ハノハノ・アロハダイニング

images (10)










サザンオールスターズのニューアルバムのタイトルが
「葡萄」と明朝体で書かれていて、名古屋で「葡萄」と言えば
100人に聞けば98人くらいが「ああ、丸の内ね」と
葡萄っつったら葡萄畑ハノハノ・アロハダイニングが定着した昨今。
ハノハノ宣伝部長の桑田君にかわって過日の騒動について
マスコミ対応用ではない本音の部分を語りたいと思うぞ。
勝手な推測でありフィクションだ。
深夜のカウンター越しに語るのはおおしまくんと桑田君。

「あのね、俺、ビートルズが好きで好きでギター持ったわけじゃん。
それが青学でたまたま作ったバンドがヒットしちゃって
おかげさまで今日があるわけだけれどさぁ、なんつーか
今もビートルズにこころ奪われた10代となにも変わってないわけさ」

「そりゃそうだよね。みんな立場や役割で自分を演じなきゃいけないけれど
桑田君は言ってみりゃただの音楽好きがなぜか勲章もらっちゃった」

「そうなのよ。ただ好きな事やってただけなわけじゃん。でもね
勲章をもらうってめっちゃ興奮したわけ。だってビートルズだって
1965年にエリザベス女王からMBE勲章をもらった実績があるじゃん」

「それに関してはジョンは授与されるのを拒否してたんだよね。
ブライアン・エプスタインに説き伏せられたというのは有名な話。
桑田君も拒否したらよかったのに」

「いやいやこんな俺でも日本国民だからね。天皇陛下だよ。
そりゃもう『ありがたい』気持ちでいっぱいさ。でもね
この国になにかがあったらジョンのように返還することもできるじゃん。(笑)
まぁそれは冗談としても大好きなジョンにとっても近付けたような気がしたんだよね」

「ジョンの有名なことばがあるよね。『多くの叙勲者は、戦争で
たくさんの人を殺したことで栄誉を得ている。音楽で世界中の
たくさんの人を楽しませて僕たちは勲章をもらうんだ。
どちらが正しいか分かるだろう?』授与に反対する人たちには
そう言い放った。かっこいいよね。返還したのは1969年
ナイジェリア紛争やベトナム戦争にイギリス政府が加担したから」

「そう。つくづくジョンってかっこいいわけさ。そんな彼をずっと見てきた
おいらにとっちゃ死んで30年経っててもいつまでも新鮮でアニキっつーか
あこがれの人なんだよね。ビートルズは世界中に影響を与えて
今なお語り継がれ歌い継がれてる。いまだに社会現象は続いてる」

「永遠の憧れだね」

「だから、『勲章なんて』って思った20代半ばのジョンの気持ちに
ええ歳したオッサンがなっちゃったわけさ」

「本来は還暦も近いんだから分別ある大人じゃないといけないのにね(笑)」

「ビートルズは永遠の憧れであるとともに俺を永遠の10代にするんだよな。
今回のアルバムだって基本はおちゃらけてて『おんな呼んで揉んで抱いてイイ気持ち』って
歌ったあの頃からなんにも変ってない。おいらにとっての表現ってのはさ
それは音楽だろうがこのアルバムジャケットだろうがタイトルだろうが
やっぱり根底にビートルズがあってどこかユーモラスに大衆を小馬鹿にした
ポピュリズムっていうとヘンだけど、そうしたくなっちゃうわけ。紫綬褒章を
受章したからって自分を変えられないし、だからタイトルも意味不明にして
レトロなかんじの女性をちょっと竹久夢二風にしかも下品に撮ってもらったんだよね」

「でもさ、それが桑田君なのだから謝罪文なんて出さなきゃよかったのに。
らしくないし、なんかこう社会に媚びたような。ロックミュージシャンとしてどうかな」

「もうこのアルバムの制作決まってたし自分が思う以上にサザンの桑田ってやつは
大きくなりすぎてたって事だな。謝罪文を書かなきゃおまんま食い上げになる
そんな人たちも現実出てきちゃうから、ただビートルズが好きな桑田君はOKでも
サザンの桑田はああいったかたちをとらざるを得なかった。ビートルズは
1960年代だし20代前半だった。そういう事かな」

*くれぐれも言っておくがフィクション大魔王である。

SAG2014101601001569_id1_20141026080020

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ