2015年03月07日

Change the world

fd1df67d.jpgその人のことをまったく知らなくても
一瞬にしてシンパシーが湧くことがある。
この人の存在はFBで友人が紹介していた。
「世界を変えたいんだ」
そういう言葉はつかっていないが
そんなおおきな志が見て取れた。
ほんのちょっぴりの調査と
私の想像から察すると、彼は
まったく英語も話せないのに、なぜか
アメリカという土地に魅力を感じ
そこから世界を変えようと思った。
武器はたったひとつ。
「ラーメン」である。
おいしいラーメンを腹いっぱい食べて
その生きる喜びや幸福感のなかで
「夢を語る」事のだいじさを
たのしいコミュニケーションの中で
世界各国いろんな民族を巻き込んでいて
それが成功している類稀な経営者だ。

食べるという行為は人生に欠かせない。
どうせ食べるならおいしいものを腹いっぱい。
そして働く者にも働くよろこびを与え
きっと世界の飢餓さえもなくしたいと思っているだろう。

ラーメンを食べに来た人には夢を語ってもらい
それを記録する。それによって客は公言した責任と
自分の発した言葉に挑発され、より夢をかなえたい
気持ちが増幅する。漠然とした夢を語ると
質問が飛んでくる「その実現はいつ頃?」「誰と?」
そして夢がどんどんビジュアル化される。

決して上品とは言えないラーメンだが
そのコンセプト、ボストンで「Yume Wo katare!」と
現地の人から言えば覚えにくいなぞの日本語を
あえて屋号にしたところにまずは感服するし
世界を変えたい意欲を感じるのである。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ