2015年03月11日

3.11

ccf1b52c.jpgテレビを見ていると違和感がある。
復興とはふたたび盛り上がる事。
日本の人口は減少し続ける。
被災地でなくとも盛り上げられないのは
ご覧のとおりである。しかも
日本の文化というものは古代から
「共生」であり自然とともに在る。
海を埋め立てると言うと
目くじらたてて「ジュゴンが!」
などとお怒りになるわけだが
災害地は山を切り崩しても
誰も何も言わないから不思議だ。
どうして100億円もかけて
こんなベルトコンベアを作り
なお且つ山を削って地盤沈下した町を
かさ上げするのだろう。
被災地には申し訳ないが
そこまでする価値があるのか。
費用対効果は立証されているのか。
かさ上げしたら町は以前にも増して
税金を収められる町になるのか。

また再び想定外の出来事が起こる。
そういう最悪のケースを考えて
町創りを考えた方が良いのではないのか。
悲しい出来事が起きた時でも
「仕方ないよね」と
割り切れるか否かだ。
日本は古来、自然現象のすべてを受け容れて
皇紀2675年を数える世界最古の国家なのである。

復興とするのなら、だ。
自然と共生し、そこに夢や希望があるのか、だ。
ハードも大事だがハートに響かなければ
人は集わない。
5年で25兆円の復興予算をどう使うのか。

私が総理ならまずは避難用の幅広い道を造る。
地盤沈下した町はそのまま住みたければ住めばいい。
固定資産税も割安だ、けれど何かあった時に
いっさいの補償はしないよの念書は頂く。
被災地は消費税も法人税も格安に設定。
産業と雇用の特区にする。
利権絡みの苦情には一切耳を貸さない。

自然と共生できる人がしあわせに暮らせばいいのだ。
そのかわり都会の消費税は上げたらいい。
グロテスクなベルトコンベアや防波堤のある町にするなら
あるがままを受け容れる町にメリットを与えてあげたらいい。

ラグビーW杯の釜石市での開催には拍手喝采だ。

budoubatake at 02:11コメント(0)トラックバック(0)TVから元気をもらう  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ