2015年09月04日

九月の雨はやさしくて

oota
















車のワイパー透かして見てた
都会にうず巻くイリュミネーション
くちびる噛みしめタクシーの中で
あなたの住所をポツリと告げた


そう松本隆の世界を太田裕美が歌ったのは1977年である。
こんな歌を聴いて、大都会 PARTIIを見て若者は
田舎を捨てたのだと思うと感慨深いものがある。
(ちなみに「木綿のハンカチーフ」は75年)

驚くことに77年といえばピンクレディなのであり「カルメン'77」
「渚のシンドバッド」「UFO」の大ヒット3曲をリリースしている。
キャンディーズも山口百恵も絶賛大ヒット中だ。
レコード産業の華やかなりし時。
あらゆることが、ゆるやかでおおらかだった。

「九月の雨」って曲を思い出しただけで
あの頃の時代の匂いがふわぁっと甦ったのである。
交換日記とかしてたな、と。あはは。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ