2015年09月05日

どうしても必要とする日ってのが存在するのだ

RicoP1995BlownBixton















今の気分の音楽を探そうとラックを物色してたら
Rico & The Rudiesのアルバムが落ちてきた。
「Blow Your Horn」「Brixton Cat」の2枚のアルバムを
一枚にまとめちゃったお得盤。

96年の発売なのであるが、明らかに古いサウンドだ。
日本語のライナーノーツが入っていたので見てみたら
61年の録音と書かれている。が、だ。
「Hey Jude」のカヴァーが入っている。
おいおいである。
するとなにか、ポールが盗っ人をはたらいたと。
そんなわけはないので61年説は出鱈目である。なぜなら
1968年8月にビートルズが発表した18枚目のシングル盤だ。

でも気分じゃなかったので違うのを聴いた。そして
その数時間後にリコ・ロドリゲスが逝っちゃった事を知ったのだ。

なんてこったい。

Ricoの奏でる音楽ってのは毎日の必需品ではないのだが
どうしても必要とする日ってのが存在するのだ。
私にとってはそういうアーティストだ。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ