2015年09月16日

Conscious Evolution

misimaka
















進化するということは深化であり新化である。
経営についてお客様とカウンターで話していた。
「おおしまさん、ドラッカーは読まれましたか」
「いやいや彼は難解すぎて読めないですよ」
「難解だからこそ読む価値があるんですよ。読みやすい本なんて
結局あたまで理解できる範囲の事しか書いてないわけでしょ」
「でもかならずしも実践できるわけではないし、できないから
同じ内容の本が書店に溢れていて何冊も買う人がいる」
「いやいや、そういうことじゃないんです。もちろん実践は難しい。
でも自分の理解を超えたことを理解しようとすることに意味があるんです」
「読了できんよね」
「するんです。できたらドラッカーは翻訳したものではなく原書を読んで欲しいです」
「一生かかっても無理」
「訳しながら読む。それを10回はしてください」
「どうして」
「同じ本を10回読むって事をした事ありますか」
「ないね」
「ふつうの人はそうなんです。だから普通なんです」
「言うね。99%のひとたちはそうだと思うよ」
「試してみてください、その時間を創ってください。やったらわかります。
進化した自分に出会えます」
「しかし言語は無理だからお薦めの翻訳されたドラッカーの本を1冊奨めてよ」
「ま、これはたとえの話ですから、ドラッカーでなくてもいいんです。
自分にとってハードルの高い難解な本を10回読んでみてください」
「わかった。じゃ高校生の頃に挫折した長年の難関、三島由紀夫に挑戦するわ」
「あはは、いいですね」

そんなわけで三島由紀夫を10回読むこととする。

budoubatake at 18:05コメント(0)トラックバック(0)座・読書  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ