2015年09月17日

あの時はありがとう

genn














この夏は、戦後70年という事もあり
自分の原点に戻ってみようと
「はだしのゲン」をいまいちど読み返そうと思っていた。
秋になってようやく図書館で借りられた。

私の小学生当時「少年ジャンプ」のなかでひときわ
異彩を放っていたし、少なからず影響を受けた。

私が今も忘れられないシーンはゲンが
「なんで何日もめしを食っとらんのにウンコは出るんじゃろ」と
ウンコをしながら泣いている場面だったが
どうやらそれは間違いだったようだ。
「はだしのゲン」ではそんなシーンはなく、中沢啓治による
他の漫画の記憶が混ざっていたようで混線していた。
wikiってみると戦争体験の漫画はこれ以外にも
数点発表しているから無理もない。
当時の私は小学校中学年程度だ。

読みながら、当時「はだしのゲン」(ではないかもしれんが)を
毎週床屋さんで読ませていただいたことを思い出した。
もちろん毎週床屋さんで散髪するわけではなく
こどもたちの図書館であり先を競って読み耽ったものだ。

今の床屋さんにはそういう文化はあるのだろうか。
それとも、それは私の住んでいたところだけだったのだろうか。
その床屋のオヤジは磯野波平さんのようなヘアスタイルだった。
「あの時はありがとう」
そのひとことを猛烈に言いたくなったが、もう40年も前の話だ。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ