2016年08月13日

Cream

maxresdefault
















なんとなくクリームが聴きたくなってCDをさがしたら
このアルバムが出てきた。ええがね。
こういうベスト盤ってのは買いっぱなしで
聴きこんだりすることがないので
時を隔てて聴くと新鮮である。

『Heavy Cream』という二枚組のLPを買ったのは
中学生だったか高校生だったか忘れたが
今もクリームを聴くとタイムスリップできる。
ジンジャー・ベイカー、クラプトン、ジャック・ブルース。
トリオのロックバンドはやっぱりかっちょ良い。
3人のアンサンブルもさることながら
音色が良いんだ。
もう、その当時にしか出せない音の色。
そしてそこには物凄いエネルギーが宿っていて
わくわくどきどきしてしまう。
60年代後半のギザギザしたギラギラしたロック。
あたらしいものを創作するエネルギーがたっぷり注入されている。
そんな時代のエネルギーが自分の中に沸々と湧くのだ。

クリームのライブ映像のカッコイイのないかなと検索したが
ソフトクリームやらハンドクリームやらばかりが表示され
時には劣情をそそるものまで出てきて苦笑である。
今はグーグルで検索したりする前提でネーミングするから
CREAMなんてグループ名には間違ってもしないだろう。
Queenなんかもそうだ。
その点、Beatlesはすごいな。
ネーミングすら先見の明がある。

脱線したが、CREAMは凄い。
(なんの説得力もないぞ)

budoubatake at 20:36コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ