2016年09月05日

運気理論61:ふりかえれば悲しみはそう永く続かない

b0100078_21274349
















過日客席で女性ふたりが語り合っていて
自然に耳にはいってきた言葉が
とても印象的だったのである。

「そんなんさぁ、だいじょうぶだって。思い返してん。
もう、この世の終わりくらいの気分になった時だって
今思えばなんてことないでしょ、『むかしの話』じゃん。
今回の事もさぁ、いつかそうなるんだからだいじょうぶ
『かなしい』って思いもそんなに永くは続かないんだから」

そんな慰め方もあるのだな。

言われてみれば、たしかにそうだし。
ま、『よろこびもつかの間』なんてふうに
逆もまた真なりなのではあるけれど。

「かなしくてやりきれない」 by Little Harada



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Chiko   2016年12月13日 23:53
それ、究極の『悲しみ』からの立ち直り方ですよね。

で、その慰め方をした女性もきっと実践したんだと思うけど....

こんだけの歳を生きてると、本当に涙も流せないほど悲しくて辛い事もいくつかあり。
けど、その中から、どうプラスの事を自分に言いきかせるかで立ち直れる時間がね。
2. Posted by 大島”ビッグアイランド”正浩   2016年12月14日 10:50
◆そっか、究極なんだ。
 私自身ここんとこいろいろあったのだけれど
 負荷をかけられるってことは、それだけ
 バランスが崩れること。
 それをまた調整しているうちにいつのまにか
 新しい自分になってる。
 そんな事を幾度も経験しているから、今回もまた
 「あん時はたいへんだったわさ」と笑って話せる
 そんな確証があるので、わりと動じなかったりします。
 長生きするもんだね。
 「時はいつの日にも親切なともだち」と若きユーミンも歌ってます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ