2017年03月20日

“War is over if you want it”

74d602bfcce28a8bfdafb3317ceb5998



















ティラーソン米国務長官の発言は深刻である。
「戦略的忍耐は終わった」
「北朝鮮が挑発を続ければ誰も望まない場所に向かう」
なのに北朝鮮は「新型エンジン燃焼実験に成功」と発表。
「先制攻撃」に対する憂慮はさらに深まった。

あげあし取りのくだらない国会を運営していて大丈夫なのか。
そんなニュースばかりが報道されてて大丈夫なのか。
今、まさに危機的状態なのではないのか。

米が首取り作戦に出た時、同盟国である我が国に
ミサイルが飛んで来ない保証はない。それどころか
工作員は日本中にいると囁かれている。
いつどこでテロが発生するかもわからない。

一方、拉致された日本人たちを、どうやったら救えるのか。
助け出すための真剣な討議をして欲しいものである。
横田めぐみさんのご両親も報道でお見かけしなくなって久しい。
1964年名古屋で生まれためぐみさん。どこか
他人事ではないのである。

戦争が起きない事を祈念するものであるが、同時に
こういう機会でもないと拉致被害者は帰ってこないのではないのか
という懸念も首をもたげる。

有事の際に中国がどさくさ紛れに尖閣に自称漁民を派遣でも
しようものならこの東アジア地域一帯が戦場と化す。

自衛隊でF14を操縦する男が居る。
マッハで日本の空を飛びわれわれの安全を担ってくれている。
彼は学生時代にうちの店でバイトしてくれた
息子のような弟のような存在である。

今の法律では、相手に射撃されない限り撃てない。
でも、射撃されたら、もうすでに彼の「命はない」のである。
アメリカはもう臨戦態勢である。
今こそ憲法改正に向けて真摯に向き合って欲しい。
憲法9条は彼を守らない。

budoubatake at 01:44コメント(0)トラックバック(0)元気  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ