2017年04月13日

人生はいつまで経っても初体験の連続である

095













年齢制限に87日足りず、トリノオリンピック出場の
代表資格を得られなかった浅田真央。
「たられば」なんてものはないのだが
もし90日早く彼女が生まれていたら
トリノでの経験を経て、バンクーバーそして
ソチでは連続で金を獲ったかも知れない。
いや、獲っただろう。

オリンピックとワールドカップは4年に一度という性格から
アスリートにとってはじつは平等でも公平でもない。

サッカー好きならだれもが中村俊輔のピークが2006年と
2010年のはざまにあった事は明確に認識している。
天才なのに成果が上がらなく悪しざまに言われて
とてもかわいそうだった。

浅田真央の引退を聞いて、俊輔の姿が目に浮かんだ。

写真はZippy's。「初」と書かれたキャップを誇らしげにかぶる
ハワイの人がユーモラスだ。しかし、人生はいつまで経っても
「初体験の連続」である。

budoubatake at 18:57コメント(2)トラックバック(0)元気  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yuji   2017年04月13日 22:40
■ 真央ちゃんの、僕も見てたんですけど
 
 彼女は、あの4年間の諸々で、
 最後には金メダルすら超えたんだなって思えて。

 番組の構成に乗せられたかな?(笑)
 松岡修造、好きです。
 
2. Posted by 大島”ビッグアイランド”正浩   2017年04月13日 23:52
◆私はニュースでしか見てないから
 流れや演出は皆無だけれど、彼女は
 天使だね。
 ずっと天使だよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ