2018年11月02日

もののあはれ、いとをかしである

41FvuDZ0ESL
















あっぱれ!(天晴れ)のもともとの語源は「あはれ」なのだと
複数から聞くと、なにかの示唆かと勘繰りたくもなる。
ここ数日で聞いたのはひとりやふたりではない。
なんでだろう。

古語でよく「もののあはれ」とか出てきた。
「物の哀れ」と漢字で書くとその意味とは
遠く離れてしまう。

「興味深いな」とか「すげえな」とか「わびさび感じるわぁ」など
しみじみとした美意識を指すのである。
要するに価値観っつーか洞察力っつーか心象風景だ。

それが現代では「哀れ」と「あっぱれ」では
まるで用途が違うところがしみじみすてきだなぁなどと
深くうなずいている自分が居るのである。
もののあはれ、いとをかしである。

budoubatake at 02:22コメント(0)元気  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ