2018年11月10日

2018.11.08(その2)

20181108dr




















みんなで会場に向かう。
さすがBearsである。
みんなから声を掛けられる。

ちょいと部外者の私はタバコを吸うために
人気のない場所に移動してこのビデオを確認した。



まじか!
写っとるがね!

わぁぉ!

ニヤニヤしていたら、「おうっ!」と声を掛けられた。
「はぁ?」と思ったが目を凝らすと直ちゃんである。
彼とはいっしょにバンドをしていてビートルズの曲も
数曲いっしょにやった古い仲間でありドラマーだ。
ジョンが凶弾に倒れた日にも夜通し『Stand by me』を
いっしょに歌った仲である。

世の中に偶然なんてものはないな。
人通りの、ほぼない場所を選んでタバコを吸っていたのに
そこを通りがかるなんざ宝くじに当たるような確率だ。

それが証拠に知りあいがとってもたくさんドームに居たのに
会えた人は、ほぼゼロなのである。

なつかしい話と近況報告をし合っていたら2時間半は
あっという間に過ぎて「お早くご入場くださーい!
開演に間に合わない可能性がございます!」
そうアナウンスにせかされてドームに入場したのである。

席に着いたら愕然とした。
思っていたよりも遠い。
ステージまでは70mほどもある。
しかもけっこう前の席だから、逆に全景が観られない。
つまり、とってもステージ左側だったのだ。

BGMがけっこうな音量でかかっているが、最悪に音が悪い。
心配である。
しかも寒い。ドライアイスをばんばん焚いているせいだ。

開演10分前。
カラダが冷えてトイレに行っておいたほうが良いのかも。
そう思いトイレに向かう。
トイレ以前に行列がある。
最後部に「これってトイレ待ちですか?」「そうです」
おいおい、である。
すでに外にはほぼ人がいなかったので
「外のトイレ良いですか?」と入場で聞くと
「再入場できないですけど良いですか?」と言う
「いいわけ無いでしょ!トイレ行くだけだよ」
「再入場はできません」その一点張りである。
ふざけるんじゃない、である。
「お早くご入場くださーい!
開演に間に合わない可能性がございます!」

そうアナウンスしていたのは1時間も前だぞ!

念のためのトイレだからよかったが、もしも
下痢だったりしたら運子垂れでのライブである。

ナゴヤドームのライブ時のキャパは49,692人。
通常の野球の時は客席数 36,700席である。
1万3千人を余分に入れておいて敷地内に在るのに
トイレを使わせないという理屈はどこから来るのか。
しかも野球の時よりも高価なチケットで入場している。
まったくもって不親切な興行主である。
私の膀胱よ、耐えてくれ。
そう願いトイレ待ちの列を横目にすごすごと
自分の席に戻った私である。

(つづく)

budoubatake at 23:14コメント(0)元気  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ