2019年03月05日

夢と現実の境界線

003













珈琲のオーダーが入った。
そのひとに、いちばんお似合いのカップを
選んでみたい性分である。(お皿もだけど)

このコーヒーカップが目に入った。
「おかしいじゃん、このあいだソーサーを割っちゃって
めっちゃ落ち込んでたじゃん」

諸行無常なのであり、形あるものはやがて無くなり
盛者必衰の世の中なので生き返るなんて在り得ないのである。

「そっか、夢で見たシーンを現実だと思っちゃったのね」
納得である。と同時に「年老いたなぁ」である。
夢と現実の境界線くらいはしっかりしていたいぞ・・・・・

budoubatake at 22:52コメント(0)元気  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ