2019年06月19日

ヒッピーに捧ぐ

41JpEzVlo6L._SY355_
















むかしむかしの話だが、高校生3年生の女の子
当時わたしの働いてたお店にアルバイトさんがいた。
卒業間近で、仕事を終え、明るい笑顔で
「今から彼とドライブに行ってきます!」と
帰って行ったのだが、高速道路で事故をして
運悪く出火し、彼女は亡くなった。
ドライバーの彼は大丈夫だったそうだ。
葬儀の日、なぜかわからないけど、ご両親の顔を見たら
「すみません」と口から出てしまった。
きっと意味はわからなかったろう。
私は彼女が亡くなる数時間前に会っていたわけで
高校生なのに深夜のドライブに行かせてしまった事
なんか引っかかっていたのだろう。

帰り道、クルマを運転しながら思ったのだ。
世界はまるで変ってしまったのに
目の前の景色はまったくいつもどおりではないか。

なんでなんだ?
あたりまえなのだが、すごく違和感があった。

清志郎のこの歌を聴くたびに彼女を思い出すのだ。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ