2019年12月15日

石炭火力発電こそ「セクシーな」解決策だ

20191216-00069223-gendaibiz-000-1-view














COP25に不満である。
「国の事情に配慮」
なんじゃそりゃ?

中国はCO2の28%を排出している。
日本の8〜9倍だ。
なのに名指しで批判されないどころか
あのグレタちゃんもだんまり、である。

日本はクリーンな石炭火力発電で世界に誇る技術を持つ。
世界中の石炭火力発電所を日本のものに置き換えた場合
CO2の排出量を大幅に削減できるのだそうだ。
電源開発(Jパワー)が運営する石炭火力発電所は
発電効率で世界最高水準なのである。
低炭素技術として、石炭を可燃性ガスに転換して燃やす発電方式や
CO2を回収し、地下に蓄える技術の研究開発を進めている。

どうやら「化石賞」には、アースジャスティスという団体が
深く関与しているようである。グレタ支持団体のひとつだ。
詳細は太田康広氏(慶應義塾大学ビジネス・スクール教授)で。
https://news.yahoo.co.jp/byline/ohtayasuhiro/20191213-00154816/

外交ではすばらしい成果を上げている安倍総理を
引きずり落としたい国家は、小泉進次郎環境大臣も
いつか総理になるとにらんで早いうちに
芽を摘み取る作戦だと見た。

原発に関しても言及しづらい立場だろう。
新婚早々大変な日々だが日本の為に
もうひとつ踏み込んで誇り高い国にして欲しいぞ。
未来のこどもたちのために。

budoubatake at 18:53コメント(0)元気  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ