2020年01月26日

加齢臭

umianzai

















加齢臭は苦手である。
息が苦しくなる。

過日、夏の頃の事だ。
今、PCを打ってるこのスペース。
匂うはずがないのに加齢臭がした。
「お、オレ?」
とうとうその日がやって来たか。である。
その日からお風呂は念入りになった。
しかし、その場所に行くと匂うのである。
おーまいがー。

今年の冬はあたたかい。
はじめてストーブの灯油を補充した。
まさにその時!
加齢臭の犯人が分かった。
ストーブのタンクのまわりに付着した灯油が
酸化した匂いだったのだ。
おーまいがー。

安心したぞ。
人騒がせなストーブである。

しかし、よくよく考えたなら
酸化した灯油の匂いが人体から出るというのは
とても、とんでもなく恐ろしい事なのである。
なんの為に神さまはそんな仕組みを作ったのか。
新たな宿題ができた。

budoubatake at 20:03コメント(0)元気  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ