2020年02月10日

予告編だけでも涙が溢れちゃう




本作には在日米軍が撮影に協力している。
「トモダチ作戦(Operation Tomodachi)」を
再現したシーンでは在日米軍横田基地にて
撮影が行われたそうだ。


<櫻井よしこさんの紹介文の一部>

門田氏は語る。
「映画は原発への賛否、政治的立場から離れて作っています。
私が本当に知ってほしいのは現場の人々がどれ程誠実で
立派な日本人だったかということです。
家族への愛情、古里への愛と共に、自分の仕事への
使命感と誇りゆえです。地元採用のいわば名もなき人々が
東電本社からの所長と一緒にいかに勇敢に責任を果たしたか。
そのことを知らずして、この事故を語ることは許されません」

勇敢に戦ったフクシマフィフティを、世界は英雄として讃えた。
それをしかし、朝日新聞は「命令に違反して逃げた」と非難した。
その非難が全くの虚偽だったのは周知のとおりだ。

だがもっと悪いのは首相の菅氏だった。
映画では佐野史郎氏が首相の役を演じたが
未曾有の大危機の中で現場の事情に全く配慮せず
自身の能力を過信して次々と無理難題を突きつけた愚かな人物だ。
彼が現場を視察したタイミングが原発の制御に
如何に大事な時間帯であったか。
その前後の様子は何時何分まで正確に刻まれて描かれており
これは永遠に記録として、また人々の心の中に記憶として残るだろう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ