2020年03月02日

信州たかやまワイナリー

tak




















信州たかやまワイナリー「シャルドネ」2018
色彩は淡いイエロー、香りは典型的なシャルドネの
ミネラルっぽい馥郁としたボリューム。
口に含めば、まず、なぜか緑色が広がる。
しかし徐々に濃い黄色がイメージできる。
ムルソーで産されるシャルドネの味わいを彷彿する。
飲みすすめると、こんどは桃のようなニュアンスが顔を出す。
多彩なシャルドネだ。

012














信州の高山村は私の母の出身地。
その妹さんご夫婦は食用の葡萄を作っている。
ご覧のとおり棚式のむかしながらの葡萄園だ。
一昨年前訪れた時にワイナリーの看板を発見して
興味津々だったのだが、時間がなくて行けなかった。

国産ワインの品質の向上は長く言われているが
めざましい進化だと思う。
30年以上前に勝沼に行った頃なんて
一升瓶ワインがほとんどだったもんな。

幼少期、高山村へは盆と正月に行っていたので
とても馴染み深い場所なのだ。夏の朝は寒さで
蝉が地面に落ちていたりするのだ。死んでるのか、と
拾ってみると動きはじめたりするのが
名古屋の少年には驚きだった。
冬は山田温泉スキー場がすぐそばにある。
温泉はこどもには硫黄の匂いが強すぎて心地良くはなかったな。
おとなになってからは行ってない。どう変化しただろう。

高山村、行きたいな。

takura


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ