レストラン

2016年04月21日

13115365_1050186085062800_2067056854_n












餃子の富都である。
ここに行くと決めた瞬間にあたまのなかでは
♪とみとジェリー なかよくケンカしな
ずっとループするのである。

budoubatake at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月07日

fd1df67d.jpgその人のことをまったく知らなくても
一瞬にしてシンパシーが湧くことがある。
この人の存在はFBで友人が紹介していた。
「世界を変えたいんだ」
そういう言葉はつかっていないが
そんなおおきな志が見て取れた。
ほんのちょっぴりの調査と
私の想像から察すると、彼は
まったく英語も話せないのに、なぜか
アメリカという土地に魅力を感じ
そこから世界を変えようと思った。
武器はたったひとつ。
「ラーメン」である。
おいしいラーメンを腹いっぱい食べて
その生きる喜びや幸福感のなかで
「夢を語る」事のだいじさを
たのしいコミュニケーションの中で
世界各国いろんな民族を巻き込んでいて
それが成功している類稀な経営者だ。

食べるという行為は人生に欠かせない。
どうせ食べるならおいしいものを腹いっぱい。
そして働く者にも働くよろこびを与え
きっと世界の飢餓さえもなくしたいと思っているだろう。

ラーメンを食べに来た人には夢を語ってもらい
それを記録する。それによって客は公言した責任と
自分の発した言葉に挑発され、より夢をかなえたい
気持ちが増幅する。漠然とした夢を語ると
質問が飛んでくる「その実現はいつ頃?」「誰と?」
そして夢がどんどんビジュアル化される。

決して上品とは言えないラーメンだが
そのコンセプト、ボストンで「Yume Wo katare!」と
現地の人から言えば覚えにくいなぞの日本語を
あえて屋号にしたところにまずは感服するし
世界を変えたい意欲を感じるのである。




budoubatake at 18:39コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月20日

d674e59e.jpg2015 Hale ‘Aina Award Winners
: The Best Restaurants in Hawai‘i

RESTAURANT OF THE YEAR

12th Ave Grill








BEST SERVICE

TOP WRITE-IN VOTE — Lahaina Grill
FINALIST — Chef Mavro
FINALIST— Mariposa
BRONZE — La Mer
SILVER — Roy’s Hawa‘i Kai
GOLD — Alan Wong’s



BEST BUSINESS LUNCH

TOP WRITE-IN VOTE — Tango Contemporary Café
FINALIST — Kan Zaman
FINALIST — Murphy’s Bar & Grill
BRONZE — Lucky Belly
SILVER — The Pineapple Room by Alan Wong
GOLD — Mariposa



BEST BREAKFAST

TOP WRITE-IN VOTE — Moena Café
FINALIST — Bills Sydney
FINALIST — Cinnamon’s
BRONZE — Liliha Bakery
SILVER — Koko Head Café
GOLD — Café Kaila



BEST BRUNCH

TOP WRITE-IN VOTE — Orchids
FINALIST — Pagoda
FINALIST — Kai Market
BRONZE — Hakone
SILVER — The Oceanarium
GOLD — Prince Court



BEST BUFFET

TOP WRITE-IN VOTE — Hoku’s
FINALIST — Kai Market
FINALIST — Plumeria Beach House
BRONZE — Prince Court
SILVER — Duke’s Waikīkī
GOLD — Orchids



BEST PLACE TO TAKE VISITORS

TOP WRITE-IN VOTE — Hale‘iwa Joe’s
FINALIST — Mama’s Fish House
FINALIST — Izakaya Gaku
BRONZE — Tiki’s Grill & Bar
SILVER — Helena’s Hawaiian Food
GOLD — House Without a Key



BEST VEGETARIAN

TOP WRITE-IN VOTE — Town
FINALIST — Beet Box Café
FINALIST — Peace Café
BRONZE — Down to Earth
SILVER — Greens and Vines
GOLD — Whole Foods Market



BEST GOURMET COMFORT FOOD

TOP WRITE-IN VOTE — Mac 24/7
FINALIST — Bills Sydney
FINALIST — Town
BRONZE — Lucky Belly
SILVER — 12th Ave Grill
GOLD — Side Street Inn



BEST STEAK

TOP WRITE-IN VOTE — Wolfgang’s Steakhouse
FINALIST — BLT Steak
FINALIST — Morton’s the Steakhouse
BRONZE — D.K Steak House
SILVER — Hy’s Steak House
GOLD — Ruth’s Chris Steak House



BEST SEAFOOD

TOP WRITE-IN VOTE — Azure
FINALIST — Town
FINALIST — Mitch’s Fish Market and Sushi Bar
BRONZE — Uncle’s Fish Market and Grill
SILVER — Nico’s at Pier 38
GOLD — Mama’s Fish House



BEST DESSERT

TOP WRITE-IN VOTE — Café Laufer
FINALIST — Highway Inn
FINALIST — Stage Restaurant
BRONZE — Alan Wong’s
SILVER — MW Restaurant
GOLD — JJ Bistro & French Pastry



BEST COCKTAIL

TOP WRITE-IN VOTE — Bevy
FINALIST — Manifest
FINALIST — Salt Bar and Grill (closed)
BRONZE — 12th Ave Grill
SILVER — Nobu Waikīkī
GOLD — Pint and Jigger



BEST WINE PROGRAM

TOP WRITE-IN VOTE — Lahaina Grill
FINALIST — Chef Mavro
FINALIST — Brasserie Du Vin
BRONZE — Amuse
SILVER — Vino Italian Tapas and Wine Bar
GOLD — Formaggio



BEST BEER PROGRAM

TOP WRITE-IN VOTE — Yard House Waikīkī
FINALIST — Brew’d
FINALIST — Real a Gastropub
BRONZE — Murphy’s Bar & Grill
SILVER — Monkeypod Kitchen
GOLD — Pint and Jigger



BEST BAR FOOD

TOP WRITE-IN VOTE — Tiki’s Grill & Bar
FINALIST — Real a Gastropub
FINALIST — Salt Bar and Kitchen (closed)
BRONZE — Roy’s Waikīkī
SILVER — Home Bar and Grill
GOLD — Side Street Inn



BEST HOLE IN THE WALL

TOP WRITE-IN VOTE — Da Kitchen
FINALIST — Palace Saimin
FINALIST — Your Kitchen
BRONZE — Ray’s Café
SILVER — V Lounge
GOLD — Ethel’s Grill



BEST TASTING MENU

TOP WRITE-IN VOTE — Stage Restaurant
FINALIST — La Mer
FINALIST — Arancino at the Kāhala
BRONZE — Chef Mavro
SILVER — Vintage Cave
GOLD — Alan Wong’s



BEST DIM SUM

TOP WRITE-IN VOTE — Happy Days
FINALIST — Yee Hong
FINALIST — Fook Lam
BRONZE — Mei Sum
SILVER — Legend Seafood Restaurant
GOLD — Royal Garden



BEST OVERALL CHINESE

TOP WRITE-IN VOTE — Fook Yuen Seafood Restaurant
FINALIST — Hunan Cuisine
FINALIST — Ming’s Chinese Restaurant
BRONZE — Jade Dynasty
SILVER — Happy Days
GOLD — Little Village Noodle Restaurant



BEST HAWAIIAN

TOP WRITE-IN VOTE — Haili’s Hawaiian Food
FINALIST — Young’s Fish Market
FINALIST — Yama’s Fish Market
BRONZE — Helena’s Hawaiian Food
SILVER — Ono Hawaiian Food
GOLD — Highway Inn



BEST ITALIAN

TOP WRITE-IN VOTE — Sabrina’s
FINALIST — Bernini
FINALIST — Café Sistina
BRONZE — Arancino at the Kāhala
SILVER — La Cucina Ristorante
GOLD — Assaggio Italian Ristorante



BEST IZAKAYA

TOP WRITE-IN VOTE — Izakaya Naru
FINALIST — Izakaya Torae Torae
FINALIST — Imanas Tei
BRONZE — Izakaya Nonbei
SILVER — Tokkuri Tei
GOLD — Izakaya Gaku



BEST SUSHI

TOP WRITE-IN VOTE — Sansei Seafood Restaurant & Sushi Bar
FINALIST — Sushi Sasabune
FINALIST — Yohei Sushi Restaurant
BRONZE — Izakaya Gaku
SILVER — Mitch’s Fish Market & Sushi Bar
GOLD — Sushi ii



BEST JAPANESE NOODLES (RAMEN, UDON, SOBA)

TOP WRITE-IN VOTE — Agu Ramen Bistro
FINALIST — Kiwami
FINALIST — Yotteko Ya
BRONZE — Goma Ichi
SILVER — Inaba
GOLD — Goma Tei



BEST OVERALL JAPANESE

TOP WRITE-IN VOTE — Shokudo Japanese Restaurant & Bar
FINALIST — Jinroku
FINALIST — Restaurant Wada
BRONZE — Nanzan Giro Giro
SILVER — Ichiriki
GOLD — Nobu Waikīkī



BEST THAI

TOP WRITE-IN VOTE — Maile’s Thai Bistro
FINALIST — Thai Lao
FINALIST — Opal Thai
BRONZE — Champa Thai
SILVER — Bangkok Chef
GOLD — Phuket Thai



BEST MEDITERRANEAN

TOP WRITE-IN VOTE — Kan Zaman
FINALIST — Shaloha
FINALIST — Da Spot
BRONZE — Greek Marina
SILVER — The Fat Greek
GOLD — Olive Tree Café



BEST INDIAN

TOP WRITE-IN VOTE — Monsoon India
FINALIST — Chutney
FINALIST — India Café
BRONZE — Café Taj Mahal
SILVER — Himalayan Kitchen
GOLD — Café Maharani



BEST YAKINIKU/KOREAN BBQ

TOP WRITE-IN VOTE — Yakiniku Seoul
FINALIST — Budnamujip
FINALIST — Yakiniku Don-Day
BRONZE — Shillawon
SILVER — Yakiniku Hiroshi
GOLD — 678 Hawai‘i



BEST OVERALL KOREAN

TOP WRITE-IN VOTE — Willow Tree
FINALIST — Kyung’s Seafood
FINALIST — Ah-Lang aka Angry Korean Lady
BRONZE — Choi’s Garden
SILVER — Million Restaurant
GOLD — Sorabol



BEST VIETNAMESE

TOP WRITE-IN VOTE — Bac Nam
FINALIST— Pho To Chau
FINALIST — Saigon Vietnamese Cuisine
BRONZE — Pho One
SILVER — Hale Vietnam
GOLD — The Pig and the Lady



BEST MEXICAN

TOP WRITE-IN VOTE — Mexico Restaurant
FINALIST — Zaratez
FINALIST — Los Chaparros
BRONZE — Serg’s Mexican Kitchen
SILVER — Cocina
GOLD — Azteca Mexican Restaurant



BEST RESTAURANTS BY ISLAND



BEST MAUI RESTAURANT

TOP WRITE-IN VOTE — Mala Ocean Tavern
FINALIST — Ka‘ana Kitchen
FINALIST — Star Noodle
bRONZE — Mama’s Fish House
SILVER — Merriman’s Kapalua
GOLD — Lahaina Grill



BEST BIG ISLAND RESTAURANT

TOP WRITE-IN VOTE — Café Pesto
FINALIST — Holuakoa Gardens & Café
FINALIST — Beach Tree at Four Seasons
BRONZE — Full Moon Café
SILVER — Roy’s Waikoloa Koloa
GOLD — Merriman’s Waimea



BEST KAUA‘I RESTAURANT

TOP WRITE-IN VOTE — The Feral Pig
FINALIST — Bar Acuda
FINALIST — Josselin’s Tapas Bar and Grill
BRONZE — Roy’s Poipu
SILVER — Merriman’s Fish House Poipu
GOLD — The Beach House Restaurant



BEST O‘AHU RESTAURANT

TOP WRITE-IN VOTE — 12th Ave Grill
FINALIST- MW Restaurant
FINALIST- The Pig and the Lady
BRONZE- Le Bistro
SILVER — Roy's Waikīkī
GOLD — Alan Wong’s



BEST NEW RESTAURANT

TOP WRITE-IN VOTE — Kaimuki Superette
FINALIST — Bills Sydney
FINALIST — Grondin
BRONZE — MW Restaurant
SILVER — Koko Head Café
GOLD — The Pig and the Lady

budoubatake at 18:45コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月06日

20b9bdb7.jpg焼き鳥を食べに行った。
深夜でも砂肝を食べられるのは
とてもありがたいのだが
過日、スローガンを発見した。
「国産国消に挑戦します」
そう書いてあった。
しかしメニューのどこを見ても
「国産鶏肉使用」とは書かれていない。
野菜も地のものを使ってるとは
どこにも書いていない。
つまり、だ。
それはイメージ戦略であり
「挑戦はするものの安い材料を使うよ
でないとやってけないもんね」
そんな感じであろうか。
一般客としてはそんなふうに
推測するのでである。
安さが売りなのであれば
書かなくても良いのに。

budoubatake at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月10日

9634ac28.jpgランチタイムにパスタを始めて
2年半になる。食べログとかに
「ハワイとパスタの関係は不明」
などと書かれて凹みつつも
速くてうまいんだからイイじゃん、と
オフィス街をいい事に、なかば
強引に肯定している。
2年半を費やしてもいまだに
パスタのソースが残ってくる事が
あってとても残念なのである。
その残された30ccのなかには
技術の粋が凝縮されているのであり
麺と和えながらソースを残さぬよう
食べていただくか、もしくは
パンにつけてひと味違う味覚を
たのしんで欲しいところだ。

フレンチでもイタリアンでもそうだが
料理人もホールスタッフもソースを
一滴残さず食べてくれる事に喜びを感じる人種なのだ。

まだちっちゃな子供の頃に牛乳にパンを浸して食べて
「そろそろおとななんだから別々に食べなさい」などと
教育されたのかも知れないがパリのカフェなどでもフランス人は
ふつうにカフェオレにパンを浸して食べている。
食事のマナーは郷に入れば郷ひろみに従わなければいけない。

身近な人には言えるが私も人に嫌われたくはないので
こうしてブログで発信したりするが、ソースは
残さない方がお店に好かれるのである。
毒を食らわば皿までなどと言って
皿は食べたらびっくりされるのでやめたほうが良い。

budoubatake at 21:55コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月02日

e24d0d78.jpgフラレレ会場から歩いて行ける
新鮮魚介の味わえるお店。
地元民のおすすめだから
悪いわけがないのだが
この店で飲料を口にする時には特に
タイミングを見計らわなくてはいけない
カウンター越しの大将がいかんせん
おもしろ過ぎるのである。
あえてジャンル分けするなら
呟き芸であろうか。
絶妙の間があるので文章にしたり
再現しようとしても無理という事がもどかしい。

いちど行ってみると良い。
ランチは千円弱からあるのだが
日替わりランチが1680円。
もずくのそうめんに始まり
ちいさなイカ一匹入った茶わん蒸しなど
大満足の内容で、お笑いチャージは無料だ。

budoubatake at 19:20コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月15日

b1f6c944.jpg住吉のBAR「ALIVE」である。
扉を開けるとカウンターに
3人組がいてバーテンダーと
「だからレイヴォーンはさぁ・・・」
などと音楽談義に花を咲かせていて
静かにジャクソン・ブラウンがかかり
「エンプティでも走り続けるぜ」と歌っていた。

「店名のALIVE」はKISSのそれですか?」
と聞くとバーテンダーは嬉々として
「YES」と答えた。

店の傍らにはそっとギターとドラムが
佇んでいて琥珀色の店内は、どこか
80年代の匂いがしていて懐かしい。
音楽好きなら行ってみると良い。


budoubatake at 02:33コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月02日

1025fd05.jpgCafe SplashはR19を北上し
土岐インターを超え国道沿い
1kmほどにあるカフェだ。
心地よく適度な音量で
クラシックレゲエが響き
手作りのテーブルも
いい感じ。まったりと。
岐阜県土岐市泉町河合356-9

budoubatake at 02:08コメント(2)トラックバック(0) 

2013年07月04日

aad12122.jpg辛い料理を苦手としていた私を
180度変えたのはタイ料理との出会いだ。
辛さ中に深い味わいがある。
なのに意外に作り方は大雑把なのである。
そこが好きだ。
タイの屋台風のお店があると云うので
スキップで東桜まで飛んで行った。
「ええがね」
店内にはタイの文字があちこちで躍る。
しかもチープな内装にも
ほどがあるのではないかというくらい
タイにもないようなチープさは
こころを和らげてくれる。
ホールスタッフはコンジープン。
ほんのりがっかりするがとても気持の良い接客だ。

とてもやぐいテーブルにとても
安っぽく、しかしながら可能な限り
屋台っぽくしてみました的な
そしてタイランドへの愛情たっぷりな
メニューが開かれて置いてある。
「ランチ950円」
おっ。屋台にしては強気である。
9品ほど書かれていたので「この中からチョイスですか?」
そう聞くと「いえ、それ全部です」
アンビリーバブルでありまいこーちゃいである。
「じゃ、それで」
あまりに安過ぎても期待感は薄れるのだ。

やっぱな。
「お待たせしました」とタイランドスマイルのコンジープン。
料理の器は100均なら5つで100円ほどのものであり
センスのかけらもない。
まいっか。
タイ風さつま揚げから食す。

うまいがね。

そとはカリっと中はモチっと塩加減も絶妙であろい。
生春巻きも丁寧に仕込んであり豚肉のバジル炒めの
辛さもギリギリセーフのいいところを突いてくる。
しかもからめて食べるライスはタイ米だ。
こうじゃないといけない。
トムヤムのスープも本格派。
油断していてレモングラスが歯にはさがったがね。
カーの効き具合も絶妙だ。
グリーンカレーもお見事で日本製の缶詰とは
比較にならないほどうまいのだから
あれを食べるならココに来た方が良い。
デザートのタピオカもお汁粉のような味わいでみくわぁむす。
聞けば厨房の中はコンタイなのだそうで
すべて手作りなのだそうだ。
帰り際「ありがとうございました。とてもおいしかったです」と
厨房に向かってタイの丁寧語でお礼を言い手を合わせると
ニッコリ微笑んで合掌していた。
とても気持ちの良い時間を過ごせてしあわせである。

もしもこのお店に行くのならテーブルに体重をかけると
破壊する危険があるのでそこだけくれぐれも注意して欲しい。
できたらランチなんてやらなくていいから
深夜3時頃まで営業して欲しいものである。

budoubatake at 05:17コメント(6)トラックバック(0) 

2013年03月20日

001大須である。
ワンコインのタイ料理屋があり
名物おばちゃんが居ると云うことで
さっそく行ってみた。
10人は入れない店内。
ひとがひとりやっと入れる厨房の中で
名古屋弁とタイ語で話すおばちゃんが
やたらめったらカワイイ。  
クイッティアオ・トムヤム
パッタイ
ムーパットプリックゲーン
トートマンプラー
そしてごはんをお替り!
『ホームマリ』
500円ならお薦めだ。
接客があったかい。
ポッカポカで汗だく。

002

















006

















008

budoubatake at 17:51コメント(2)トラックバック(0) 

2012年07月15日

09ff1243.jpg師崎の『はま美』の煮魚定食。
安い。うまい。新鮮。
皿からはみ出すボリューム。
参りました。
本館に行きたかったが満席。そっちは
鮮魚とともに焼肉も食べられる。
フラレレの日に再チャレンジだぜ。

コチって魚は美しくないし
おろしにくいのだが滅法旨い魚だ。

過日、小説「モンスター」について書いたが
あの本を読んで以来「うつくしさ」について
ふと考えてしまう自分が居る。

見た目の美しさと思考回路について、だ。
でもコチはきっとなにも考えていないよな。

budoubatake at 00:09コメント(2)トラックバック(0) 

2012年06月16日

7641e64e.jpg「あそこのラーメンがうまいんだよね」
そのひとことが耳に残った。
オードブルに味噌串カツ、長いもの浅漬け
砂肝をオーダーしたが、想像をはるかに
うわまわる料理能力であり残した。
ラーメンとチャーハンを仕上げにオーダー。
メンマが古い、チャーシューは
冷凍庫の匂いがする。ナルトにおいては
完全に違う世界に行っていて
どうしようか悩んだがお会計をしてから
「これね材料が悪くなってるから
調理の人に教えてあげてね」と
次のお客様のために言って帰ってきたが
なんともあと味が悪い。っつーか
ほんとうにくちの中が冷凍庫の味なのである。

「礼儀」の定義を「次の人のために」とした人がおられて
くつを揃えるのも掃除するのもすべては次の人のためと思うと
行動に直結し易いのである。そう、かつてコンビニでサンドイッチを買って
ポテトサラダがいたみかけだった事を書いたが、その時は
クレーマーと思われるのも厭だったのでそのままにしたが
今日は思い切って「次の人のために」言ってみた。
が、やっぱ気持良いものではない。

食品を扱う者としてこの季節は高温多湿でいちばんやっかいだ。
自らも気を引き締めなくてはいけないなと強く思ったぞ。
まずは自分から、である。

budoubatake at 02:55コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月13日

e1d687ae.jpgアヴォカドバーガーである。
新栄のOX Diner(オックス ダイナー)だ。
パテはジューシーで黒胡椒の風味が心地良く
レタスにさりげに塩をふってあるあたり
芸が細かい、そしてうまい。
ケチャップとマスタードも添えられるが
そんなの使わない方が絶対にうまい。
それほどまでに完成されたバランスである。
今どき屋号にダイナーと入れるあたりの
その感性が好きなのであり同年代かと思いきや
意外に若くて驚いたのだがポップで
クラシカルな内装はほぼ好みの範疇だ。
鉄パイプのおしゃれな長椅子に
迷わず腰かけた。特等席である。
ひさしぶりにもういちど行きたいお店に出会った。

budoubatake at 00:14コメント(4)トラックバック(0) 

2011年08月07日

b6d25f19.jpg「崎っぽ料理」ってご存知だろうか。
私はその名を初めて知ったが
知多半島の先っぽで、あの
湘南あたりで有名な「生しらす丼」が
食べられるとの情報を得て行って来たが
あちこちに「崎っぽ」の看板を見た。
どう考えても気持よさそうである。
どの店もおいしそうだったのだが
「松新」さんに突入してみた。
料理旅館でもあり釣り船も出してて
気軽なランチも食べられる
海三昧なお店だ。

残念ながらしらすの入荷がなかったそうで
お刺身定食で我慢する事とした。ところが
えんがわ、タイ、たいら貝につぶ貝
たこ、すずき、ひらめなどバラエティ豊かに
少な過ぎず多過ぎずに盛られ
さらにはもずく、大アサリ、茶碗蒸しに
子女子の小鉢まで付いてなんと1500円。
しかもみそ汁のおいしい事!
知らず知らずのうちに憧れの
シラス丼のことなど忘れていた。しらすだけに。んぷっ。

96e3dc8e.jpg料亭ほどしゃれた味わいではなく、かといって
漁師男の料理だぜ、と開き直るほど大雑把ではなく
ほどよい感じに上品でちゃんと計算されたあじわいだ。
それは茶碗蒸しのだし加減に集約されている。

帰り道、海老フライで有名なお店を通り過ぎる時
満車の駐車場を見て、もうすこし先っぽまで行けば
もっとお値打ちでおいしい食事が味わえるのに
もったいないなぁとこころから思ったぞ。
私にとっても大発見だったのである。
http://www.matusin.com/index.php


ダウン・タウン・ブギウギ・バンド / 知らず知らずのうちに

budoubatake at 20:37コメント(4)トラックバック(0) 

2011年06月29日

9087beae.jpg「レバ刺し」は好きである。
食というものは基本自己責任であり
お上の介入する事ではない。
体調不良の時、あやしいお店
くちにいれたらなにか違う。
そんなときには食べなければいいのだ。
ただそれだけである。

われわれがこどもの頃には
桃を食べるときなど毛虫がいないか
用心しながら食べたものである。
毛虫も食わないような桃しか
市場に出回らないのもいかがなものかと思うが
食は自己責任でありお上の介入する事ではない。

ここんところ日本人の潔癖性にはいささか
辟易としてしまう私だ。
タバコだって吸いたきゃ吸えばいい。
ここ10年ほどで煙草の売り上げは年々下がっているが
肺癌の発症が減ったという報告は聞いた事がない。
根拠がない事にお上が介入していいことなんて
ひとつもないのである。

budoubatake at 19:58コメント(2)トラックバック(0) 

2011年06月12日

95cd7f99.jpgラ・ファルファーラ
http://www.farfalla.jp/
大府の駅前から移転し
住宅街の中にそっと佇む。
熱田神社の鳥居をくぐって
まもなくこの看板が目に入るが
あまりに調和していて見逃した。
参道にあるレストランなんて
しぶいではないか。
(熱田神宮と間違えないように
そこには宮きしめんしかない)

d0c7eb21.jpg店の扉のリースも
映画「ザ・ホリディ」のアマンダの家の
それに似ていてとてもおしゃれ。
建物もムーミンの家に似ていて
なんだかうれしい。
駐車場の向かいにはイタリアンパセリや
各種ハーブが植えられていて
どうにもこうにも期待が高まる。




509bf35d.jpgしかもシェフはたいそうな美人だ。
カウンター越しに彼女を眺めてるだけでも
食事がさらにおいしくなるから不思議だ。
今日も今日とていっさい妥協のない
お料理をご用意いただき
しあわせなのである。
うしろ姿すら美人である。
調理する時の、その無駄のない動きが
男前なところも気に入っている。
いやいや褒め言葉である。

budoubatake at 00:07コメント(8)トラックバック(0) 

2011年05月23日

9670c119.jpgかつて、そう。
もう10年ほど前になるが
はじめてホーチミンに行った時の
最初の食事はフォーだった。
「灰皿下さい」とお願いすると
床に捨てろと言われた。
めっちゃカルチャーショックだった。

それ以来、パーティなどで
やたら床を汚す客が来ると
「ああ、今日の人たち流暢な日本語だったけど
じつはベトナム人だったんだ」と
あきらめる事にしていたが、その
フォーのお店の写真を検索してみたら
めっちゃお洒落なカフェのように変貌していた。

きっと今なら灰皿が装備されていそうだし
もっと言うなら禁煙かも知れない。
だとするならお行儀の悪い人をベトナム人呼ばわりする事は
ベトナム人に失礼なのであり「ただのお行儀の悪い残念な人」
そう呼ぶ事とした。

budoubatake at 01:55コメント(2)トラックバック(0) 

2011年05月14日

d3858d22.jpgしろつぶ貝は丁寧に摂っただしで炊き
濃厚な湯葉もうまい。
刺身の盛り合わせにいたっては
「日本人でよかったな」と思わせる。
仕事前に行ったので飲めなかったが
日本酒がおいしく飲める店だ。
5月10日オープン。
大将はうまいものをつくるが
飲み物はセルフサービス。
昭和の頃にはそんなお店があったよな。
そんななつかしい居酒屋だ。

自分で動く事に何ら抵抗のない人限定で
おすすめのお店である。
内装は海辺の居酒屋を彷彿させる。
看板が道路からは見えないので
隠れ家にはうってつけだ。

「いっちょらい」
http://www.sakanaya-icchorai.jp/
名古屋市中区錦2-16-10 GS第2伏見ビル1F
052-231-2337
営業時間/17:30〜24:00 (L.O 23:00)
定休日/不定休
アクセス/「伏見」より徒歩約2分
      りそな銀行向かい


お店から徒歩で行き徒歩で帰ってきた。
長者町ってなかなか通らないのだが
めっちゃアジアの匂いがしてて
ちいさな旅行をした気分である。

カラダに合っていないスーツを身にまとった若い女性や
飲食店のとなりの空き地でうんこ座りでタバコふかすスタッフ。
作業服で歩いてるが意味不明な髪型のおっさん。
歌いながら自転車に乗るサラリーマン。
ビストロ・ブラッセリーと書いてあるのに
なぜかイタリア国旗のかかっているお店。
どんだけでも食べ放題と書いた中華料理店。
新旧入り混じった猥雑な雰囲気は好きである。
ここは日本か?とマジで思った。
車で通ってはわからない空気をしっかりと嗅ぎとったのである。

budoubatake at 00:36コメント(12)トラックバック(0) 

2010年11月09日

478bebf6.jpg那古野、円頓寺商店街界隈の焼肉新道さんで
お誕生日食事会である。お薦めの店だ。
フラレレ吉田氏曰く「トイレが気に行った」
Hide氏曰く「とんちゃんおかわり!」
いつものことなのだがこのメンバーで
語っているとエンドレスであり、昨夜も
6時間もいっしょに居て話が途切れない。
愉快ななかまである。


*昨夜の議題の一部を紹介。
11月17日(水)<KELI’I&CHINO> HanoHano
11月18日(木)<KELI’I&CHINO> Bottom
11月20日(土) 鉄板スラッキー<Slack-Key MARTY&NOLIKO>「とくだ」
11月21日(日)TAKA's Live @La ohana
11月27日(土)第2回 フラレレナイト@La ohana
12月18日(土)フラレレ・クリスマス アスナルホール
12月26日(日)ナティバ・ハワイアンナイト GEN'S 2nd

budoubatake at 16:22コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月10日

2d7bc1a4.jpgあの曲がり角のところで考えてたら
ホットな店を見つけた。
Humberg & Salon「THE CORNER」
西区那古野2-18-7 Tel(052)565-8008
オリジナルなハンバーガーを食べさせてくれる
おしゃれで快適なBARである。
国際センタービルにほど近く
円頓寺アーケードのほんのり外れ。
パティの味付けはシンプルだが
生のオニオンスライスとジャム様に
ソテーされた玉葱の食感がデリシャス!

bf3892a2.jpg食べるにつれてトウモロコシのような
味わいがするのだが、それは気のせいだと
軽くいなされたが旨かった。

特筆すべきは、どうしてこうも
美女が集うお店なのか?であるが
男前マスターの魅力なのだろう
ハンバーガーに対するこだわりも
なかなかのものがあったが
グルメ談義より美女の嬌声に
気もそぞろだったほどだ。



忌野清志郎 - Around The Corner (ひょうきんベストテン)

budoubatake at 17:38コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月31日

e2b591d5.jpg自宅から車で2分くらいのところに
数ヶ月前に「すき家」ができたので
過日行ってみると、牛丼が280円。
たまごとみそ汁に漬物が付いて+100円。
おいおい。こんなんでいいのかよ。
コンビニより安いではないか。
しかも、私のこころをくすぐったのは
何を隠そうBGMである。
70〜80年代のロック中心なのだ。
ウキウキしちゃうぜ。
そんな店はハードロックカフェくらいしか
今まではなかったのに、である。

昨夜は、お店に入った瞬間懐かしい声。
あれ、誰だっけ。
そうだ、レインボーだ。「Stargazer」である。

その次にかかったのはZepの「Achilles Last Stand」
さすがに黄金期のロックであり、2曲ともに
曲の尺がとても長い。
調べてみたらこの2曲で19分近くある。

お店に入ってから会計をするまでに、2曲全部を
聴ききらなかったのは、何とも残念である。
私的にはとても歓迎する選曲なのだが
まわりを見渡しても、どう見ても知ってそうな人は
ひとりも居ないのだが、清き一票を投じたい。



Rainbow - Stargazer

牛丼にぴったりのBGMである。
コージー・パウエル、Good Job!

budoubatake at 00:02コメント(4)トラックバック(0) 

2010年04月03日

32872d30.jpg過日予告した「愛と死」という
ものものしいタイトルのピアノ演奏会。
宗次ホールってところに行ってきたが
もう、めちゃんこ気持ちの良いホールだった。
清潔で従業員の接客も完璧以上。
しかも低料金。
文化の為にこれだけの事ができるなんて
人として嫉妬してしまう。
多くの人に貢献できる仕事がしたいものである。
さて、コンサートの中身だが、すさまじかった。
日本を飛び出して本場で頑張ってる人ってのは
まったく異質の存在であり、ピアノが
あんなふうに鳴る事を今日初めて知ったのだ。
行って良かった。
しあわせな時間というのは意外にそばにある。
必要なのはちょっとした決断だけだ。

じゃ、その後の食事は蕎麦に決定である。
西区幅下の谷屋さんである。
はじめて伺ったのだが、評判以上にうまかった。
桜海老のかき揚げとのハーモニーは倍音を奏で
蕎麦湯に入れた七味は山椒が効いていて深い余韻を残した。
さながらコンサートホールであり、従業員も
深いプライドを持って仕事していたことが印象的だったぞ。

蕎麦と言えばそう、かつて欧陽菲菲も「ラブ・イズ・蕎麦」と歌っていた。
いい音楽と美味しい食事は、このうえない人生の歓びだ。
おおいにエネルギーを与えてくれた事に感謝。
幸福は、意外にそばにある。

budoubatake at 00:46コメント(10)トラックバック(0) 

2010年03月18日

473b62eb.JPG「たまりや料理店」でランチ。
11時に待ち合わせたので、9時に出発。
ところが、だ。
名古屋高速が大渋滞。事故だそうだ。
黒川から乗って鶴舞あたりまでに
1時間以上かかったぞ。
高辻あたりでの事故だったらしいのだが
路肩にクラウンが停まってて
バンパーとボンネットがちょこんと
盛り上がっている程度である。
おいおい、人命にかかわるような
大事故かと思ったではないか。

b27f7d9d.JPGそんなわけで約束に一時間以上遅れての
スタートであり、おなかと背中が
くっついてしまってたが、ビールで分離し
めでたく食事にありついた。
どうよ、この空間。
かつて親の代にはたまりを製造していて
その蔵だったようである。
天井が高く、どこから撮ってもナイスショット。
絵になる空間であり、スタッフの笑顔も
最高だったぞ。
近所の農家の作る野菜も店内で格安で売ってくれる。

d1bfe0d6.JPG一色の魚市場まではここから3分。
鮮度の良いさかなを食べさせてくれた。
家具などの内装や陶器に至るまで
すべてが店主の手作り。
なんともスローライフであり
ランチにかけた時間も3時間である。
なんとも贅沢なひとときだ。

帰り道、また名古屋高速で事故渋滞。
たのむぜべいびー、である。
家に着いたら、もうすでに陽が落ちていた。
そちらのスローライフは勘弁して欲しいものである。

<その後>

c6a78feb.JPG錦三に19日オープンする
「炭火焼居酒屋くのっち」へ。
052-971-7107
私のお奨めは、さんまの粕漬け炭火焼。

大将のナイススマイル。

budoubatake at 00:59コメント(8)トラックバック(0) 

2010年03月09日

89802227.jpgインド料理AKASH。
ナンがおいしくって、どれだけでも
食べたい気分なのだが、残念ながら
お替りできないほどデカいのだ。
しかし、ふじーちゃんはいつも
2枚ペロっとたいらげて汗だくである。
うらやましい。
今日はいつもよりもナンがもちっとしてて
私ごのみだったので今すぐにでも
もういちど食したい気分だが
年をとると刺激物に弱くなるようで
胃腸のほうがギブアップ宣言をしている。

ちなみにさきほどチェックした本日の石井ゆかりさんには
「お腹の底がじんわりと温まる感じ」と書かれていたのだが
私がインド料理に出掛ける事を見通していたようであり
おそるべし占星術である。

budoubatake at 00:36コメント(8)トラックバック(0) 

2009年12月20日

08317365.jpg今日は、翔ちゃんでモダン焼きを食べた。
師走の中のオアシス。
翔ちゃんは人気者だ。
「たこ焼きある?」
「肉入り焼きそばふたつ!」
店内に居ると、ひっきりなしに客が来るが
翔ちゃんは寡黙で不器用な男だ。
「ない」
「はいよ」
それだけの対応しかできないのか
しないのかは、さだかではないが
どちらの客も寒い屋外での対応である。

私が翔ちゃんの経営者なら
「うわぁ、たった今売り切れちゃいました
15分頂ければ焼きますので中でお待ち下さい」
「かしこまりました、ただ今お作りしますので
暖かい店内でお待ち下さい」
などと、必ず言うマニュアルをこさえるが
客は「あ、そう。で正月はやってるの?」とか言いつつ
寒い外でひたすら待っているのである。
彼の無作法などまったく気にもせず、また来る意思表示である。
「すごいぜ翔ちゃん!」なのであり
その寡黙で不器用な雰囲気を醸しているのは
じつは彼流の商売繁盛理論なのではないのか。

かくいう私も、年に4回くらいは、わざわざ北区まで行くのであり
前回からは2ヶ月ほどである。インターバル短いぞ。

さてもうひとり、大好きなイタリアンシェフがいる。
先日は、TVでの名古屋版「情熱大陸」である「a Life」でも
取材を受けるほどのお方でありながらも、そうとう
自由な経営をしている。たとえて言うのなら
休みたい時には思い切り休むのだ。
「お料理教室が入ったから」「ケータリングの仕事が入ったから」と
お店を休み「ダイビングのライセンスが取りたいから休む」とか
「イタリアに行かないと」などと言いつつ長い休みを取ることを
平気で口にするのだから素敵である。
しかしながら、年々ファンは増える一方なのだ。

このふたりの共通項は、好きでやってる。
しかも、自分がいちばんだいじ。
にもかかわらず、驚くのは、すべからく
自分らしくひと様のお役に立っているって事なのだ。
すばらしい!とこころから思う。
究極の利己は究極の利他、のお手本のようなふたりだ。
自分らしさが仕事に反映されているところが
とっても素敵だな、と思うのである。

自分のやり方のどこか何かがおおいに間違っているのではないのか、と
考え込んでしまう瞬間である。
私なんぞは、いつ休んだのか記憶にないのだ。
とどのつまり、となりの芝はめっちゃ青いのである。

budoubatake at 02:12コメント(2)トラックバック(0) 

2009年11月28日

0f95cf8b.jpg「ベトナム投資セミナー」に参加してみた。
まるっとソノ気はないのだが、相互の政府の
主催するセミナーなので好奇心をソソられたのだ。
結論から言えば、とてもおもしろかった。
後輩がホーチミンで寿司屋を3店舗経営しているので
なんとなく様子はわかるし、今後のベトナムの
インフラ整備の話などを聞いていると
田中角栄の『日本列島改造論』のごとしであり
おそろしく発展する可能性を秘めている事は
明白なのだ。それにひきかえ日本政府というのは
政権が交代したのにもかかわらず
どうしてこういうビジョンを示せないのか。
歯がゆい気分を味わった次第である。

これから50年も経てば、ベトナムはまったく違う国になるのだろう。
翻って日本の50年後はこのままでは絶望的である。
人口は減少し、年寄りばかりの活気のない国家なんて
想像したくもない、そう思うのは私だけではないはずだ。
ベトナムの年齢別人口はキレイなピラミッド型になっている。
しかも数年で人口は一億を越すのである。
逆三角形の日本は太刀打ちできるのか。

蛇足だが、アメリカの50年の変遷をYuji が書いているので
そちらも参照して欲しい。
日本のマスコミが書かないような指摘も心地良い。

さて、弟のような後輩の寿司屋は、The Sushibar
ホーチミンにお越しの際はぜひお立ち寄り頂きたい。
とても清潔で美味しいと評判なのである。
3店舗目には、こんなワインカーブまで備えている。
HPを見るとわかるのだが、慈善事業にも余念がない。
すばらしい経営者なのである。
先輩面していたが、いつの間にやら仕事面では
彼のほうが先輩なのである。いかんいかん。

budoubatake at 00:10コメント(10)トラックバック(0) 

2009年11月07日

a739bda8.jpg北海道直送のフレッシュな天然ししゃもが
入荷したのだと聞いて食べに行ったのは
「魚家 いっちょらい」
干物になっていない状態を食すのは
初めてであり、興味津々。
毎年どのくらいの期間、手に入るのかが
解らないのだそうだ。
昨年見逃したので、速攻で食べに行った私である。

見た目には、通常考えるサイズより2割大きい。
メニューにはフライと書いてあるので
フライじゃ素材の味はわからんだろ、と
一尾は炭火焼きにしてもらった迷惑な客である。
個人的にはやはり素材のふっくらした
味わいを愉しめる炭火焼に一票を投じたい。

大将は、ししゃもに関して説明したい事が
山ほどあるような素振りだったが
面倒くさいので、話題をさりげなく変えた私である。
簡単に言えば、通常ししゃもと呼ばれるものは
ししゃもではない、という話だ。
興味のある方は、ししゃも大辞典にて研究して欲しい。

「魚家 いっちょらい」
名古屋市中区錦三丁目3-10-20グレース錦ビル2F
GP(ガーデンパレス)ホテルの向かい
 TEL (052)962−6227
葡萄畑からは、徒歩3分。スキップなら2分20秒だ。

良心のかたまりのような超お値打ちな居酒屋。
ウマヅラの刺身もうまかったぞ。

budoubatake at 00:27コメント(6)トラックバック(0) 

2009年09月30日

c0ba8bf0.jpg「しあわせなひと時をありがとうございました」
過日のお客様をお見送りする時にいただいた言葉だ。
ふつうにカップルでお食事に来た30歳くらいの
男性にこう語りかけられたのだが、驚いた。
「ごちそうさま」「ありがとう」で充分
こころは伝わるのに、よくよく考えると
今月で創業15年だがくすぐったいような嬉しい
こんなことばは初めての体験だ。
最近富みに思うのだが若い世代の方が
「いいひと」が多いのではないのか。
相手の立場に立って思った事をちゃんと
ことばや行動にできる人が多いと思うのだ。
見習わなくてはいけない。ありがとう。続きを読む

budoubatake at 00:10コメント(6)トラックバック(0) 

2009年08月06日

16cdf3b0.jpgトリッパのパスタ。
しかも生麺で、もっちもち。
うま過ぎて死ぬかと思ったぞ。
その店は、ラ・ファルファーラ
大府駅のほんのり南だ。
徒歩1分、ダッシュで20秒。

シェフのテキパキと動く姿を
カウンター越しに見ているだけで
うっとりしてしまうのに、こんなに
美味しいパスタを出された日にゃ
昇天してしまいそうなのである。

トリッパも、丁寧に下処理されていて
完璧なのであり、車で行ったので
ワインを飲めなかったのは残念。

タイ語で「良い」を「ディー」と言う。
そういう関係上、ディー・トリッパと言うしかなく
Got a good Reason♪なのである。
このパスタのテーマソングに認定する所存だ。


Day Tripper

budoubatake at 00:23コメント(10)トラックバック(0) 

2009年08月04日

b3293b1d.jpgBTS タクシン橋から船で
チャオプラヤー川をのぼり
オリエンタルホテルへ。
ホテルはリバーサイドであり
このあたりは高級ホテルの
密集地帯なのだ。

a33dba4c.jpgロビーにつづく道には
さりげなくお花。
カフェのテーブルには
デンファレの一輪挿し。
天国にいちばん近いホテルだ。


178a6f7c.jpgロビー。
時間が止まる。
お花や緑がふんだんに使われ
光が射すと、夢の世界なのだ。
最初に宿泊したのは1994年の正月。
クリスマスの飾りつけだった。

ed6eafb2.jpgオリエンタル・ブティック
店ごと買いたくなるくらい
素敵なもので溢れている。
VAT(税金払い戻し)が必要なほど
買ってしまった。
60歳くらいの店員さんに
「とても上品で素敵だからワイフと
写真撮らせてくれ」と頼んだら
とたんに、はにかんでしまい
可愛らしかったぞ。
彼女の中に晩年の沓子を見た。

3ed0a02c.jpg小説「サヨナライツカ」の
重要なシーンに出てくるフレンチ
「ノルマンディ」は、川沿いの席が
予約できなかったのだが、ドタキャンがあり
チャオプラヤに臨む最高のロケーションで
ランチする事ができた。
ツキまくっているのは日頃の行いなのである。

6a69f398.jpg盛り付けもキレイ。
ランチは3,000円程度なので
バンコクの最高級フレンチと思えば
とても安価なのだが、グラスワインは
1杯4,200円ほどだ。(シャブリ)
会計の時に、目玉が飛び出た。
バンコクでのワインには気をつけよう。

50719373.jpg誇り高く格式高いレストランに
ふさわしい接客は、気持ちいい。
世界のフランス料理店カタログには
バンコクでは、ここしか載っていない、と
彼は語り、その証拠の小冊子を
プレゼントしてくれた。
デセールにお花を描く仕草も
キマっているのだ。




cc8cf1e8.jpgオードヴル二皿とメイン料理
パンは数種類が食べ放題。
で、デザートのあとにマカロン。
ボリュームあり過ぎ。
3つ残してしまった、が
至福の時が過ごせるので
超おススメのレストランだ。

c3dab65c.jpgコロニアル調のはなれ。
ここで夜はパーティなのだろう。
写真を撮ったあとに、ぞくぞくと
スタッフが準備を始めたのだ。
写真撮れて、ラッキー、である。
BKK には、お洒落なホテルが乱立するが
それでも尚且つ、ナンバーワンなのには
ちゃんと理由があり、写真には映らない
うつくしさ、があるのだ
行かないとわからないのである。
一生に一度は訪れて欲しい。(ワインはほどほどに)

budoubatake at 00:58コメント(8)トラックバック(0) 
f3096a30.jpgザ・ドーム64階の「Sirocco(シロッコ)」
地上247mの眺めは圧巻。
しかし、ワインリストの値段も
また圧巻なのであり
シンハビールで乾杯!
流れるジャズは、生演奏だ。

bb391e0a.jpg幻想的な雰囲気だが
旬なナンバーワンスポットなので
やたらと人が多く、ザワついている。
しかも、ここで写真を撮るな、とか
規制もやたら多くてげんなりする。
ドレスコードがあり、初日の夜には
入れてもらえなかったのだ。

e09c1086.jpg規制をするのなら
もっと違う部分だろ、と
突っ込みたくなるのは
この階上レストランに
柵も壁も、さえぎるものが
なにもなく、ここから落ちたら
確実に死ぬどころか
けっこう長い時間飛べそうである。
従業員の制服がエルメス風であり
どこかベトナムのアオザイに似ている。
とてもお洒落だ。

765e8b9d.jpgお手洗いですらお洒落。
住んでもいいくらいだ。

budoubatake at 00:55コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月03日

34f3af96.jpgソンブンの渡り蟹のカレー炒め。
こいつを食べるためだけに
BKK に行く人もいるくらいの名物。
私は5回目のBKK であり
5回目のソンブン。


8857b7ae.jpgとろける旨さ!
空芯菜炒め。





c1443270.jpgすずきの姿煮
辛い酸っぱい、のタイランド炸裂。
香菜ってBKK で食べるとどうしてこんなに
おいしいんだろう。



94b270f0.jpgイカの炭火焼きスイートチリソースで。
もちろん、もっともっと食べたが
写真撮ってる場合じゃないのである。
アロイ・マック・マー・カッ!
(たいへんおいしゅうございます)


08b243fd.jpgげんきなスタッフ。その数に驚く。
40周年なのだそうで制服にプリントしてある。
お話してたら、記念のボールペンをくれた。
ラッキー!である。



7c7993de.jpgロゴ。蟹のマーク。
お店が改装してキレイになってたのは
チョッピリ残念。
小汚いくらいが良かったのだが
もちろん大満足!!

budoubatake at 20:46コメント(2)トラックバック(0) 
8f7f28b0.jpgイエェ〜〜〜BKK だぜ、べいびー。
ジムトンプソンの家(Yeah!)の
オープンエアレストランからの風景だ。
過日書いた、思いもよらぬ
ちょっとした困難ってのは
パスポート期限は有効だったのだが
有効期限6ヶ月以上というのに
三日足りないと云う事実が
1週間前に判明し、あわくったのである。
エエ加減にせいよ、HIS である。
ま、友人の手厚い調査と人脈と
イミグレ微笑み作戦によって、難なく
c82af996.jpg入国できたのだが、最悪の時には
そのままUターンと脅されていた
かわいそうな私だったのだ。
なんて話は、もうどっちでもよく
ラッキーに次ぐラッキーが
てんこもりのBKK だったのだ。つづく

04ad48fe.jpg<付録>
ジムトンプソンの家のレストルーム。
ここに充分住めるぞ。
いや、住みたい。

budoubatake at 17:20コメント(2)トラックバック(0) 

2008年11月08日

f8466f77.jpgエンジン01、文化戦略会議
プレオープニングシンポジウム
「日本が動けば世界が動く」
櫻井よしこさんを、生で見たいがゆえに
行ってきたのであり、超ミーハーである。
やはり、彼女はパワフルであり
日本人を元気にするのである。
にっこり、やんわりと過激な
発言をする彼女はとても魅力的であり
そろそろ、日本の総理になって欲しい。
もしくは、外務大臣。

彼女の本日の総括はこうである。
日本人が日本人であること。
自国の歴史を知らないものは国民に非ず。
日本の歴史を知っている者だけが、日本人である。
その集まりが、日本国である。
それが、まともな日本、まともな国への始まりである。とね。

過日の葉室先生も、DNA というものは、継承されるものであり
歴史や文化も、語り伝える義務があると仰っていた。
それをしないと、日本人が居なくなると憂いておられたのであり
日本を愛する人は、同じことを言うのである。

櫻井さんの講演に戻るのだが「我が国が侵略国家だったのはぬれぎぬ」
などとした論文を書いて更迭された航空自衛隊の田母神氏。
彼の一件についても、内容全てを精査し、判断することが
大切であると、苦言を呈していたのには、激しく同感している。
この件に関して、あなたは、どう考えているのかな。
田母神氏のどうどうとした態度から、なにを感じるかな。
日本の歴史を、いまいちど検証するいいきっかけなのではないのか。

われわれ日本人は、日本人らしさを取り戻さねばならない。
官も民も、だ。
そのために、櫻井よしこさん!ぜひ総理に!である。

彼女ご推薦の本は、アマゾンになかった。
平和はいかに失われたか―大戦前の米中日関係もう一つの選択肢

写真は、櫻井よしこさんから元気を頂き
ランチした、タイ料理「サイアム・ガーデン」
ペペ・アロイ・マックマー・カッポン、である。
とっても元気が出たのだ、おすすめ。

budoubatake at 03:09コメント(6)トラックバック(0) 

2008年11月05日

8856dff3.jpg「正盛(せいせい)」である。が
写真は、ひとくち食べちゃったあと、であり
すまん。
コシのある蕎麦。
どれぐらいコシがあるかというと
格子戸をくぐり抜けるくらいのコシ、と
小柳ルミ子が言っていた。
通称、ぎっくりコシ、である。
場所は、名古屋城の「そば」であり
私の城下町にふさわしい蕎麦である。

budoubatake at 00:45コメント(6)トラックバック(0) 

2008年11月02日

da741b47.jpg「八千代」だ。
大曽根の蕎麦屋なのだが
この柚子を練り込んだものが
いちばんうまい。
欲張りなので、いつもは
五色そば、三色そばで愉しむのだが
「もっと柚子を!」の気分になるので
今日は、柚子のみ、にしてみたら
それはそれで物足りないから
人間の感覚っておもしろい。
ここの釜揚げうどんも、もちもちの
ちゅるちゅるで大評判である。

budoubatake at 00:15コメント(4)トラックバック(0) 

2008年10月17日

a255b223.jpg本日のランチ。
食べたい時に食べると
どうしてこんなにうまいのだろう。
年に4回は食べたくなってしまう
魅惑のラーメンである。
私が小学生の頃は、並ばないと
食べられなかったのだが
いまや、余裕。
ついでに言えば、小学4年生の時
スイミングスクールに行っていて
その帰りに独りで食べる一杯のラーメンは
私をおとなの気分にさせたのだ。
当時90円だった。

寿がきや、で思い出したのは
同級生の信さん、だ。
彼は、どこで食事をしても
メニューの中のいちばん安いものは
絶対にオーダーしなかった。
「ラーメン!」と言うと
「せめてチャーシューは入れようよ」と言われたものである。
実は、家にある英和辞典は信さんのものである。
どこで入れ違ったのかわからないが、捨てていなければ
たぶん私の英和辞典は彼の家にあるはずだ。

いつも英語の時間はひどく退屈で、辞書を読んでいたため
私のは、ひどく汚れていたのだが、彼の辞書は、めっちゃきれいなのである。
だてに、いつもデラックスラーメンを食べていたわけではない、と感心する。
しかも高校生のくせして異常な性癖があったのであり
彼の消息が、突如知りたくなったのである。

信さんが今も変態なのか?さらにエスカレートしているのか?
しかし、あれ以上エスカレートしてたのなら、人のひとりやふたりは
この世から抹殺している可能性があり、恐ろしい。
気になって今夜は眠れないのである。

budoubatake at 00:52コメント(14)トラックバック(0) 

2008年09月24日

549c5f1a.jpg東区のハンバーガー屋さんでランチ。
入った瞬間、ちゃかち、ちゃちゃちゃ!
ちゃちゃちゃ、ちゃ!スモーキー!!
なのであり、帰ろうかとも考えたが
炭焼きのハンバーガーがウリなので
ま、たまたま今の瞬間だけなのだろうと
席に座ってオーダーした。
とても天気の良い昼下がり
光のシャワーが躍っているのだが
壁面いちめんの硝子は曇っており
「すみません、窓拭きスプレーと
ぞうきん貸して下さい」と言いたくなった。
呼吸をするのも気持ちが悪い。
食べて早々に店を出たのだが
完全に私が燻製になっていて美味しそうではあるのだが
お客様に顔向けできないので、また家に帰って
シャワーして出勤しなければいけなくなった。
ハンバーガーの味は、覚えていないのである。

budoubatake at 00:18コメント(10)トラックバック(0) 

2008年09月07日

ee1549af.jpgやっぱハンバーガーはLayer's だね。
ハンバーガーにはダッツだね。
ヘビーメタボリックなおやつ?
いえいえ、ちゃんとカロリーオーバーを
しておかないと、体力持たないよ。
食欲の秋だしね。
どうせ食べるなら、憩える美味しい店がいい。
こどもの頃、上飯田に住んでて
おいしいお好み焼き屋さんがあった
駄菓子も売っててカキ氷も食べられる
昔なら、どこの町にもあったお店。
そこの名前が「いこいや」だったんだけど
幼心によく覚えてて、私の中の飲食店の
言わば原点なんだな。
「いこい」って言葉が、どうも好き。
憩えるお店が私にとっての飲食店なのだ。

ファストフードのお店では、憩えない。
しかも、値段も安いが内容も安い。
「こいつでどうだ!」とばかりに牛肉にもこだわった
Layer's のハンバーガーは、質実剛健なのであり
丸の内にありながらも、憩えるお店なのだ。

budoubatake at 00:18コメント(20)トラックバック(0) 

2008年08月29日

ab0b00fd.jpg今朝は、北部市場に仕入れだ。
小腹が空いていたのでモスるか
マンガ喫茶でモーニングか
迷ったのだが、ダン・コレステさんが
以前、言っていた言葉を思い出した
「食事処おか田ってあるんですよぉ
何食べてもボリュームがあって
うまいんスよぉ、じゅるっ」
探検家としては、見逃す事ができないので
本日めでたく、その敷居を跨いだのだ。

午前10時過ぎの店内には、客は私独りきりだった。
朝食メニューが10時まで、ランチが11時半から
そうか、ナイスなタイミングに訪れたわけだ。
うどんから各種定食やどんぶり、洋食系まで
あまりの豊富なメニューに困り果ててしまい
結局、仕事中でお忙しいコレステさんに電話して
お薦めを聞いたら、こう言うのだ。

「ラーメン定食ってのがあるんですけど、おか田のラーメンと
同じなんですよぉ、しかもかき揚げに小鉢が付いてるんです。
あ、肉丼も見逃せないです。豚なんですけどぉ、これがまた
ボリュームがあって、でも、つるっと食べられちゃうんですよぉ
場所がら、お刺身定食も新鮮で美味しいんですぅ。
あ、麺類で言うとほかにも・・・・・・・」(延々続くので割愛)

結局、インタビューしても迷うばかりなのである。
その情熱を仕事にぶつけて欲しい今日この頃なのである。

ラーメン定食をオーダーしてみたのだが、ラーメンにかき揚げという
その感覚がよくわからなかった。通常うどんやきしめんなら
当たり前なのだが、ラーメンに天麩羅ってのはアバンギャルドである。
ありそうでない、考え付きそうで思考回路にないという
いわゆるひとつの、コロンブスの卵的な発想である。

かき揚げだけを食べてみたら冷たかったので、ラーメンにひたしてみた。
なんかよくわからない食感ではあるが「うりゃうりゃ感」があって
そこはかとなく奥ゆかしい味わいになった。
おか田では味わえない和洋折中華という雰囲気である。
ぜひ体験して、あなたにもうりゃうりゃして頂きたい逸品だ。

私の行ったタイミングでは、厨房ひとり、ホールにおばちゃんが4人。
帰る時には、厨房にもうひとり入っていた。
お客は私ひとりなのに、皆、楽しく談笑しながらもキビキビ動いていて
とっても好感が持てるいいお店なのである。
かなりの繁盛店とみた。
場所は北部市場の正面玄関の前である。

追伸:名古屋では水不足が心配されていたのだが、どうやら
    水の被害が出そうなくらいのバケツレインである。
    マンションの駐車場は水没寸前のようである。メリハリ付け過ぎ。

budoubatake at 00:34コメント(8)トラックバック(0) 

2008年06月07日

6668de2f.jpg西区のCafe Zuccotto である。
天井が高く、リゾート空間風
今日はこちらでランチしたのだが
あまりに心地よくて、仕事に
行く気をそがれてしまったぞ。
まったくもってお気に入りに追加!
なのである。
お料理も申し分なく、ナイス。
ちなみに本日は、手打ちのパスタの
ボロネーゼソースだった。

どうやら、シューズブティックとの
併設のようで、やたら贅沢なつくりだ。
もっともおすすめはトイレである。
ここに住んでもいいぞ。
そんな気分にさせる素敵空間だった。
光の採り入れ方が絶妙なのだ。
なんか、バブルの頃を彷彿させる。
ひょっとしたら、バブルなのか?

65b5ff18.jpgショップカードはなかったので
住所はわかんない。
とても説明しにくい場所なので
行ってみたいお方には
直接教えるか、お供いたします。
久しぶりの、また行きたいお店。

budoubatake at 00:57コメント(10)トラックバック(0) 

2008年04月27日

7341cd35.jpgハヤシライスである。
「ビフテキのあさくま」


budoubatake at 17:07コメント(2)トラックバック(0) 

2008年02月09日

27c20471.jpg本日は、今年初の整体。
いやぁ〜 快調だわさ。
雑誌で見て気になっていた
カフェをパトロールしてきた。
東山公園を西にちょびっと。
「ル・パン・フランセ」
フランス人が腕をふるう
サンドウィッチが自慢のようである。
残念な事に、駐車場がない。
のんびり過ごさせていただく
つもりだったのだがテイクアウト。

お店の雰囲気は、フランス。
ただ、内装の予算を削りすぎたのか
ややチープな印象もあるのだが
サンドウィッチもタルトも安いので
そこらへんは、ねらってやっているかも知れないね。

c49c4f7a.jpgそんなわけで、自宅でお食事。
カンパーニュのサンドは食べ応え充分。
タルトは、改善の余地あり。
惜しい・・・・

春だもん。
ジャック・ジョンソンを聴きながら
青空の下でいただきました。
ゆったりと ゆったりと・・・・

budoubatake at 00:38コメント(2)トラックバック(0) 

2008年01月16日

44c7fd65.jpg


昨夜は結局寄り道をした。
一宮駅の界隈にあるお店「楽」
友人がこの店を作ったのだが
今はケンちゃんが経営している。
イケメンで腰が低く、仕事熱心で
研究好きでお人好しだ。
ギター弾きでもある。
昨夜はJazzが鳴っていた。
いくら駅から近いと言っても
駐車場はないし、飲酒も厳しい。
そんな悪環境をも跳ね除けるケンの作る料理
そして醸す雰囲気は、すばらしいのである。

このカウンターに何人の女性を伴ったか?
数え切れないのであるが、誰もかれも気に入ってくれるから嬉しい。
居心地のいいカウンターなのである。
一宮に行く機会があれば体験して欲しい。
20年も続いている名店なのだ。

budoubatake at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月13日

311568b2.jpg久し振りの観劇。
友人MARBO のタップを観に行った。
「POOL」と名付けられた作品。
言葉も歌もなしで、カラダひとつで
さまざまな情景を表現するのだ。
私には、やや難解である。
でも、言いたい事は伝わった。
たぶんこういう事だ。
「人は人とかかわりあう事で輝きあう。
相手の長所を活かし合う事が
人生であるのだが、相手に
左右されてはならない。自分の
持てる力すべてをぶつける事で
相手も輝くのだ」
そんなメッセージを、私は受け取ったが
勝手な思い込みであり、他の人は何を感じたかは
まったくもって不明なのであり、自由だ。

言葉というものは、実はとても不自由なものなので
イマジネーションに制限を与えてしまう。

私の受け取ったメッセージとタイトルを重ね合わせれば
人間が液体だったら、みな素直に混じり合えるし
いろんなものに溶け込める。優しい時もあれば
シケた海のように、荒波のエネルギーを発する事もある。
臨機応変であり、さまざまな表情を持って生きている。
そんな解釈でどうかな?

ただ、スカート姿の女性が派手なアクションで踊るので
スカートの中に自然と目が吸い寄せられてしまい
全体をちゃんと見ていなかったというウワサは本当であり
オペラグラスを忘れたのは、こころから残念。いや無念である。

そんなわけで、私が以前、フラの発表会で演奏した
長久手のロイヤルアルバートホールでの公演だったので
同じステージでも全く違う表情なのだ。と
あらためて感心するとともに、ご近所の「グリルまどか」で
ハヤシライスを深く味わったのである。

budoubatake at 00:36コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月11日

68a5c69e.jpgコンパルである。
ハンバーガーがあったんだね。
パテは懐かしい味わいのハンバーグ。
おやつにしても、ちょっと貧相か?
パテとオニオンとケチャップだけである。
しかしながら、昨今のグルメバーガーの
波にはビクともしないその姿勢に
とても好感が持てる。
(とも言えるのではないのか?)
ミックスサンドは初体験の
28年前から変わらぬ味。
お見事である。
最早、名古屋伝統のサンドウィッチであり
老舗へあと一歩である。

コンパルのアイス珈琲はやっぱり旨かった。
こいつも30年近く変わらぬ製法であり、あたたかい珈琲に
好みの分量の砂糖を入れて、氷の入ったグラスに自分で入れて
アイス珈琲の出来上がりである。おいしい!

コンパルに行くのなら、次回は、やっぱりミックスサンドを食べようと思ふ。
カツサンドも捨てがたいが・・・・

budoubatake at 02:41コメント(10)トラックバック(0) 

2007年09月01日

0a062449.jpg箱根といえば氷川きよしだったが
今や箱根といえば「宮ノ下」であり
宮ノ下といえば足湯の満喫できる
「NARAYA CAFE」なのである。
湧き出る温泉の足湯を深く味わうために
名古屋から出掛けてみたのである。
まずもって、箱根という場所は
東京圏の人間のリゾートであり
ハイソなイメージだ。

a307d858.jpg車で行ったのだが、さずが源泉の足湯は
違うのである。疲れが取れてしまって
その日、寝られなくてビールを何本も
空けてしまったから非経済的である。
しかもカラダがいつまでもポカポカして
高原の涼しいはずの風では賄えず
冷房をかけて寝たのである。
足だけ浸かって、ぽちゃぽちゃ
遊んでるだけで新陳代謝が活発に
なってしまうのにはただただ
驚くしかないのである。
いちにち経過しているが
まだまだ快適である。
NARAYA CAFEの足湯を体験していない人は
不幸だと言い切っても良いだろう。

さて、ここの店主は明治天皇ご用達の
「奈良屋旅館」の血を引く紳士である。
「宮ノ下」という場所は、江戸時代の終わり頃
東京や横浜に居た西洋人がこっそり創った
日本最初のリゾート地であり、チャップリンも
明治天皇も愛した土地である。
負けないくらい私も愛しているがお呼びでない。
美しい自然に囲まれているだけで
身もこころもリフレッシュできるから
ぜひとも体験して欲しいものである。続きを読む

budoubatake at 02:55コメント(8)トラックバック(0) 

2007年07月31日

3905c59b.jpg本日、疲れのためマッサージへ。
「お久し振りですね〜」とか言われたが
実は5月からずっと体調がよくて
マッサージに行く必要がなかったのだ。
こんな3ヶ月も行かないなんて
よくよく考えたら久し振りだ。
しかも、偏頭痛さえないのだ。
やはり生まれ変わったのかも知れない。

その足で東急ハンズ・アネックス2F
「アルテーゴ ドゥ ショウズ」でランチ。
とは言うものの、通常の人の晩御飯より少し早い時間だ。
ハヤシライス大盛をペロっ!
そして小倉抹茶わらび餅だ。
すべて手作りがうれしい。
あずきはほんのり歯ごたえが残る絶妙の
茹で加減で、甘みは控え目。
その分は、ソフトクリームが補う
そいう仕掛けだ。うまい!
アールグレイも香り高くここちよい
タンニンが特徴だ。うまい!

リラックスできる空間、カフェって好きだな。

budoubatake at 00:20コメント(4)トラックバック(0) 

2007年06月03日

7740a905.jpgなごやっ子ツアー。
別名名古屋B級グルメのハシゴ。
「味噌煮込み」「味噌カツ」
そして、湘南の彼を最も魅了したのは
この風来坊の「手羽先」だったようだ。
実は、私は初体験。
お店で席に案内されると
「ドリンクと手羽先を最初に伺います」と
この名物に対する絶対的な自信が
このお店の魅力なのだろうね。
勉強になりました。

そして、熱田神宮の聖なる佇まいに浄化され
16番目の月のまわりに、龍神さまの雲が応えてくれた。

「ありがとうございます」
最も美しい日本語のマントラ。

せっかく名古屋まで来てくれたのに、話に夢中で
名古屋を知る事ができなかったよな。言語以外は。あはは。

今夜ももう明けようとしています。連日不良だな。

budoubatake at 04:21コメント(10)トラックバック(0) 

2007年05月25日

3ef33921.jpg本日金曜日、ご予約で満席でございます。
給料日という事で、ワインだ!って方。
すみません。土日もやってます。
もしくは来週にでも、ぜひ!

さて、本日もハンバーガー行脚の旅。
東区の代官町。8カフェ・ハンバーガー。
バンズに深いこだわり。

ハンバーガーを頬張りながら
なんでハンバーガーなんだ?と
自問自答してみると、つまり
メジャーな食べ物なのだが
ファストフード以外のお店は
マイナーなのだ。

マイナーであるがゆえに店主のこだわりと情熱
美意識や哲学にいたるまで並々ならぬものがあるのだ。

ハンバーガーは、その一個に店主の全てをぶつけ
料理として完成していなければならないという難題に
果敢に挑戦しているその姿勢にうたれるわけなのだ。
「バンズにパティを挟めばハンバーガーさ!」なーんて考えているお店は
ひとつとしてないのだ。そこに感動するのであるのだが
ただ単にジャンクフード好きだというウワサも、ないわけではない。あはは。

実は、本日、過日ご紹介した「LAYER'S」の久保さんが
うちのお店に来てくれたんです。HPのアクセスがあがった事と
アヴォカドがいつもより出ているのはこのブログのおかげだと
お礼に来てくれたのだけど、たぶん偶然。 (笑)
しかも、その経済効果よりも、本日の彼の飲み代の方が
全然高いのだが、そんな事にはおかまいなしだ。
その行動力こそが久保さんの魅力なのだろう。

かく言う私だが、ハズす時もある。

昨夜は、ちょっと気になってた焼き鳥屋さんに行ったのだが
客はカウンターに私ひとりだったんです。
「まずは・・・ 砂肝とねぎまと焼き鳥ください」ってオーダーしたら
私ひとりで行ったのに、「おまちっ!」って6本まとめて出てきたのさ。

どう考えても、6本目に行き着くまでには冷めちゃうよね。
あたまにきたので、2分で全部食べて
「お勘定お願いします」って帰ってきたよ。
私のお気に入りのやきとり店では、どんなに忙しくても絶対あり得ない。

味は悪くないのに、美味しく食べて欲しいという気持ちが薄いのね。
必要なのは「愛と感謝と調和」です。そして。
人のふり見て我がふり直します。
ビバ!反面教師。なのである。

budoubatake at 03:00コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ