元気

2017年04月22日

img_1












3秒のためにこのビデオと曲を作ったのか。
雪印さん・・・・ すごい。



budoubatake at 20:08コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月17日

109














オーダーを作っていて、ふと気付いた。
「あれれ、たまごってどうしたっけ」
朝買ったのに、ない。

「あっ!」である。

今どきのスーパーはエコバッグを持って
自分で買ったものを自ら入れなくてはいけない。
だから柔らかいものや割れ物は
順序として最後になる。

そこが盲点である。

買い物を勘定する時にはレジ係もそれを意識するので
いちごやホタルイカやたまごなどは最後に乗っける。
消費者はもちろん上にあるものから詰め込んだら
それは問題があるので一旦遠ざけて重いもの
たとえば今日の場合は春キャベツとニンジンから
エコバッグに投入するのである。

スーパーの籠を空にすると「やり終えた感」があり
一旦遠ざけたいちごやホタルイカやたまごなどを
そのまま放置して帰ってしまう場合があるのだ。

本日がまさにその日である。

お支払い済みなのに商品を持って帰ってこない、つまり
おっちょこちょいでありおたんこなすでありパープーである。

コンビニはさすがである。
今この時にも、ちゃんとレジ袋に詰めてくれる。
ありがたいぞ。

エコバッグの時代になってからこういう忘れ物は
一回や二回ではない。
トータルで考えたら、まったくエコではないのである。

いちごやホタルイカやたまごなどを返して欲しいものである。

budoubatake at 23:27コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月15日

IMG_20170415_125023













毎月行っている神社の立派な鳥居をも隠してしまう桜。
名古屋ではすでに葉桜なのに滋賀の山奥では、これでも
3分咲きなのであり、今週予定されていたお花見イベントも
来週に延期になったのだそうだ。
日本の四季ってのはタイムマシンのような
趣があって、いとをかしである。
満開の日にはなかなか当たらない。
日頃の行いのせいか。

budoubatake at 21:26コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月13日

095













年齢制限に87日足りず、トリノオリンピック出場の
代表資格を得られなかった浅田真央。
「たられば」なんてものはないのだが
もし90日早く彼女が生まれていたら
トリノでの経験を経て、バンクーバーそして
ソチでは連続で金を獲ったかも知れない。
いや、獲っただろう。

オリンピックとワールドカップは4年に一度という性格から
アスリートにとってはじつは平等でも公平でもない。

サッカー好きならだれもが中村俊輔のピークが2006年と
2010年のはざまにあった事は明確に認識している。
天才なのに成果が上がらなく悪しざまに言われて
とてもかわいそうだった。

浅田真央の引退を聞いて、俊輔の姿が目に浮かんだ。

写真はZippy's。「初」と書かれたキャップを誇らしげにかぶる
ハワイの人がユーモラスだ。しかし、人生はいつまで経っても
「初体験の連続」である。

budoubatake at 18:57コメント(2)トラックバック(0) 

2017年04月11日

88_2_48













今年はさくらの開花日と晴天日が
じょうずにフィットしなかったせいか
寒過ぎたせいなのか
感動が薄い。

桜吹雪ののちは大陸から黄砂がやってきて
またアレルギー症状がはじまる。
一難去ってまた一難である。

budoubatake at 22:58コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月08日

sp1_photo02b


















Happy B-day!

クリスマスよりもハロウィンよりも
ましてやイースターよりも
クローズアップされてしかるべきだと思うぞ。

budoubatake at 01:08コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月07日

15338849_1226530084100281_8330860613237652747_n















今村復興大臣問題である。
そうだね。
大臣たろう者。
こんな事で自分を見失ってはいけないね。

でも、文字からはうかがえない、あの
威圧的な挑戦的な質問の仕方は
どう見ても気分の良いものではなかった。

ニュースを見た人たちには、そうは受け取れなかったのだろうか。
だから非難され続けているのだろうか。

可哀そうである。
彼も人間だ。
執拗で暴力的な罵詈雑言に冷静でいられるのなら
政治家ではなく宗教者になったほうが良い。

そして我々は、新聞や端折ったTVのニュースではなく
全体像を把握したほうが良い。
インタビュアーの経歴についても知るべきだ。


/////////////////////////////復興HPより///////////////////////////////////

今村復興大臣閣議後記者会見録(平成29年4月4日(火)1000〜1015 於)復興庁記者会見室)

1.発言要旨
 おはようございます。それでは、早速ですが、私から1点申し上げさせていただきます。
 いよいよ新年度になりました。一言抱負を申し上げたいというふうに思います。
 地震、津波被災地域については、生活インフラの復旧はほぼ終了し、住まいの再建も来年春までには9割以上が完成する見通しであり、復興は着実に進展していると思っております。また、いろいろ復興道路等々の方も着実に進んでいるというふうに思っております。2020年度までに地震、津波の被災地域の復興をやり遂げるという強い意志を持って、引き続き復興を加速していきたいというふうに思います。
 それから、福島についてでありますが、川俣町、浪江町、飯舘村、それから富岡町では3月31日、そして4月1日で避難指示が解除され、これから本格的に復興再生に向けた動きが始まっていくことになります。是非戻りたい方がまた戻れるように、帰還に向けた医療、介護、教育等の生活環境の整備について、一層の推進を図っていきたいというふうに思っております。
 また、帰還困難区域についても、今後5年を目途に居住可能を目指す特定復興再生拠点を整備していくことになります。このため、本日から始まる福島復興再生特別措置法改正のための国会、今日、本会議で趣旨説明、それから質疑、その後、委員会で提案理由説明をやりますが、そういった審議の方をしっかり対応して早期成立に尽力して、できるだけ早くいろんな効果が出るように頑張っていきたいというふうに思っております。
 それから、復興・創生期間でいきますと、2年目に入るわけでありますが、インフラなどのハード面での復興を着実に進めていくとともに、コミュニティー形成や生き甲斐づくりなどの心の復興や産業、生業(なりわい)の再生など、ソフト面での復興にも喫緊に取り組んでいきたいということであります。
 平成29年度予算を十分に活用して、被災者の方々が置かれている様々な状況に応じた、切れ目のない被災者支援、そして2点目で、産業、生業の再生を図るための人材確保対策の支援や様々な企業立地支援策のアピール、これは全国的に力を入れてやっていきたいというふうに思っております。
 それから、福島への教育、旅行の強化、インバウンドの推進などによる観光の推進。
 それから、放射線に対するリスクコミュニケーションでありますが、これについては今、官民合同で広範に力強くアピールといいますか、広報をしっかりやって風評対策にまた努めていきたいというふうに思っております。
 今日、新聞で見たんですが、入社式といいますか、そういう中で富岡町に10人、それから浪江町に8人、川俣町に6人の職員が入られたということもありまして、大変私もうれしく思っております。こういう若い人たちが、ふるさとの再生のために頑張っていただけるというのは大変力強く思っておりますし、また改めてしっかり御支援をしていきたいというふうに思っております。
 私の方からは以上です。
2.質疑応答
(問)今、お話があったように、31日に避難区域が解除され、そして、自主避難者の方の住宅の無償提供も打ち切られましたけれども、その週に、先週になるわけですが、避難者を中心にした全国の16の団体の方が安倍首相、それから松本内閣府防災担当大臣、それから今村復興大臣宛てに避難用住宅の提供打切り撤回と避難住宅の長期無償提供を求める署名というのを提出されました。2次署名分で約2万3,000筆、それから1次と合わせると8万7,000筆近くになる署名を提出されたんですけれども、大臣はこの署名について、申入れ内容について把握されていらっしゃるでしょうか。
(答)まだ確認はしていません。
(問)ああ、そうですか。その中で、やはり3月17日の前橋地裁の国とそれから東電の責任を認める判決が出たわけですけれども、国と東電は3月30日に控訴されました。ただし、同じような裁判が全国で集団訴訟が起こっておりますし、原発は国が推進して国策ということでやってきたことで、当然、国の責任はあると思うんですが、これら自主避難者と呼ばれている人たちに対して、国の責任というのをどういうふうに感じていらっしゃるのかということを、国にも責任がある、全部福島県に今後、今まで災害救助法に基づいてやってこられたわけですけれども、それを全て福島県と避難先自治体に住宅問題を任せるというのは、国の責任放棄ではないかという気がするんですけれども、それについてはどういうふうに考えていらっしゃるでしょうか、大臣は。
(答)このことについては、いろんな主張が出てくると思います。今、国の支援と言われますが、我々も福島県が一番被災者の人に近いわけでありますから、そこに窓口をお願いしているわけです。国としても福島県のそういった対応についてはしっかりまた、我々もサポートしながらやっていくということになっておりますから、そういうことで御理解願いたいと思います。
(問)福島県の近隣、関東から関西方面ですとか、日本全国に避難されている方もいらっしゃると思うんですが、全て福島県を通すということ自体がもともと今の自主避難の実態に合わないんじゃないかなという気がするんですけど、やはり国が子ども・被災者支援法に基づいて、しっかり対策をもう一度立て直す必要があると思うんですが、それについてはどうお考えでしょうか。
(答)それは今、言いましたように、福島県がいろんな事情、現地の事情等、そういったことも詳しいわけですから、そこにお願いして、それを国がサポートするというこの図式はこのままいきたいというふうに思っております。
(問)昨日、復興庁から被災者支援総合交付金第1回の配分が発表されたかと思うんですが、今回の配分について、どのような趣旨で行ったかというところの見解をお聞きしたいんですが。
(答)これは従来からもそうですけれども、できるだけさっき言った趣旨にのっとって、復興の加速化、特にソフト面、そういったところに力を入れてやっていくということで、具体的な項目等には皆さん、お手元に行っているかな。それで見てください。
(問)ソフト面の強化ということですか。
(答)特にそれを重点に置きたいと思います。
(問)今月で熊本地震から1年たちますけれども、東北の復興を手掛けている復興庁として、熊本地震の被災地に何か取り組まれるというか、お考えはありますでしょうか。
(答)熊本については、いろいろインフラの関係は国土交通省とか農林水産省が中心にやって、それで対応できていたと思います。それに加えて、いろいろ災害公営住宅の建設の仕方とか、いろんな寄り添いといいますか、そういったソフト面での対応については、復興庁が得た知見をそれぞれ熊本県なり何なりにも提供しながら、今までもやってきたつもりであります。ですから、もうちょっとで1年云々ということなんでしょうが、今のところ、何とかうまく行っているんじゃないかなというふうには思っていますけどね。いろいろとそのときによってまた新しい問題が出てきますから、そういうときには我々が提供できる、あるいは、指導できる面はもちろんやるつもりです。
(問)以前に、熊本地震のアーカイブみたいなものをつくりたいというふうにおっしゃっていたと思うんですけど、その辺りは分かりますか。
(答)ええ、これは熊本に限らず、東北の方でもそういう動きがあるわけですから、随時、更に加えてまた熊本の分も含めて、要するに、いざというときにどうしたらよかったのか、何がまずかったのか、そういったものを総括したものを、いろんな形でまた日本全国にアピールできるようなこともやらなきゃいけないかなというふうに思っておりまして、これはまた松本大臣ともよく相談して進めていきたいというふうに思います。
(問)それは内閣府が去年の12月に熊本地震の生活支援の在り方、また、ワーキンググループが報告書をまとめていますけれども、それとはまた別にということですか。
(答)それも参考にしながら、そして、またそれにもう一つ東北の分も加味しながらやっていった方がいいんじゃないかなと。いずれにしろ、これから先に日本列島が非常に、何て言いますか、動き出したと言ったら変ですけれども、そういった状況の中で危機管理というものを、そういった意識を強めて、また、体制もしっかりやらなければいけないなということを、私も最近つくづくそういうふうに感じていますから、またいろいろそういうことはより今後の参考になるようにというつもりでやっていきたいというふうに思っております。
 いざやっぱり大きな災害が起きると、非常に人命も損なわれるし、いろんな社会資本も大変傷みます。そうならないようにできるだけ防災、減災に力を入れるということが、結果的には、お金も掛からないという感じを私も強くしていますので、そういった言ってみれば強靱化といいますか、そういったことにも我々も復興庁の権限を生かしてまとめ上げていきたいというふうに思っているところです。
(問)福島県、福島県とおっしゃいますけれども、ただ、福島県に打切りの、これは仮設住宅も含めてですけれども、打切りを求めても、この間各地の借り上げ住宅とか回って、やっぱりその退去して福島に戻ってくるようにということが福島県の、やはり住宅設備を中心に動いていたと思うんですが、やはりさっきも言いましたように、福島県外、関東各地からも避難している方もいらっしゃるので、やはり国が率先して責任をとるという対応がなければ、福島県に押し付けるのは絶対に無理だと思うんですけれども、本当にこれから母子家庭なんかで路頭に迷うような家族が出てくると思うんですが、それに対してはどのように責任をとるおつもりでしょうか。
(答)いや、これは国がどうだこうだというよりも、基本的にはやはり御本人が判断をされることなんですよ。それについて、こういった期間についてのいろいろな条件付で環境づくりをしっかりやっていきましょうということで、そういった住宅の問題も含めて、やっぱり身近にいる福島県民の一番親元である福島県が中心になって寄り添ってやる方がいいだろうと。国の役人がね、そのよく福島県の事情も、その人たちの事情も分からない人たちが、国の役人がやったってしようがないでしょう。あるいは、ほかの自治体の人らが。だから、それは飽くまでやっぱり一番の肝心の福島県にやっていっていただくということが一番いいというふうに思っています。
 それをしっかり国としてもサポートするということで、この図式は当分これでいきたいというふうに思っています。
(問)それは大臣御自身が福島県の内実とか、なぜ帰れないのかという実情を、大臣自身が御存じないからじゃないでしょうか。それを人のせいにするのは、僕はそれは……。
(答)人のせいになんかしてないじゃないですか。誰がそんなことをしたんですか。御本人が要するにどうするんだということを言っています。
(問)でも、帰れないですよ、実際に。
(答)えっ。
(問)実際に帰れないから、避難生活をしているわけです。
(答)帰っている人もいるじゃないですか。
(問)帰っている人ももちろんいます。ただ、帰れない人もいらっしゃいます。
(答)それはね、帰っている人だっていろんな難しい問題を抱えながらも、やっぱり帰ってもらってるんですよ。
(問)福島県だけではありません。栃木からも群馬からも避難されています。
(答)だから、それ……
(問)千葉からも避難されています。
(答)いや、だから……
(問)それについては、どう考えていらっしゃるのか。
(答)それはそれぞれの人が、さっき言ったように判断でやれればいいわけであります。
(問)判断ができないんだから、帰れないから避難生活を続けなければいけない。それは国が責任をとるべきじゃないでしょうか。
(答)いや、だから、国はそういった方たちに、いろんな形で対応しているじゃないですか。現に帰っている人もいるじゃないですか、こうやっていろんな問題をね……。
(問)帰れない人はどうなんでしょう。
(答)えっ。
(問)帰れない人はどうするんでしょうか。
(答)どうするって、それは本人の責任でしょう。本人の判断でしょう。
(問)自己責任ですか。
(答)えっ。
(問)自己責任だと考え……。
(答)それは基本はそうだと思いますよ。
(問)そうですか。分かりました。国はそういう姿勢なわけですね。責任をとらないと。
(答)だって、そういう一応の線引きをして、そしてこういうルールでのっとって今まで進んできたわけだから、そこの経過は分かってもらわなきゃいけない。
 だから、それはさっきあなたが言われたように、裁判だ何だでもそこのところはやればいいじゃない。またやったじゃないですか。それなりに国の責任もありますねといった。しかし、現実に問題としては、補償の金額だって御存じのとおりの状況でしょう。
 だから、そこはある程度これらの大災害が起きた後の対応として、国としてはできるだけのことはやったつもりでありますし、まだまだ足りないということがあれば、今言ったように福島県なり一番身近に寄り添う人を中心にして、そして、国が支援をするという仕組みでこれはやっていきます。
(問)自主避難の人にはお金は出ていません。
(答)ちょっと待ってください。あなたはどういう意味でこういう、こうやってやるのか知らないけど、そういうふうにここは論争の場ではありませんから、後で来てください。そんなことを言うんなら。
(問)責任を持った回答をしてください。
(答)責任持ってやってるじゃないですか。何ていう君は無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。
(問)そうです。
(答)だから、何だ、無責任だって言うんだよ。
(問)ですから、ちゃんと責任……
(答)撤回しなさい。
(問)撤回しません。
(答)しなさい。出ていきなさい。もう二度と来ないでください、あなたは。
(以    上)

budoubatake at 02:41コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月06日

acaacdaa021edb689fdbf54be7bc3085
















どうしてこんなに眠いのだろう。
春の訪れは花粉症から始まる。
さくらが散る頃にはだいぶやわらぎ
体調も良くなるのだが、ここまで
1ヶ月以上闘ってきたツライ症状。
アレルギー反応がやわらぐと同時に
肉体もきっと「調整」が必要なのだ。
だから睡眠を欲する。
そういう仮説をしたら間違いはないような気がしてきた。
だから、しばらくは
たっぷり寝る所存だ。
すこしあたたかくなったら海に会いに行きたい。

I'm only Sleeping



budoubatake at 22:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月05日

013






















約3カ月にわたる長嶺安政駐韓大使らの
一時帰国は、韓国・釜山(プサン)の
日本総領事館前に設置された慰安婦像が
撤去されることなく解除される。
外務省幹部は「これ以上遅れると
次期政権への対応が遅れる」と語った。

半分以上ウソなのではないのか。

慰安婦像よりも政権よりも、切迫しているのは
6、7日にフロリダで行われるトランプと習近平の
米中協議直後にアメリカが実力行使に出る可能性が
極めて高いという情報があるのではないかと推測できる。

朝鮮半島有事の際、韓国に居る日本人をすみやかに
避難できるように長嶺安政駐韓大使を戻したと考えるに
ふさわしいタイミングなのである。

ティラーソン米国務長官が説き伏せられなかった中国を
どういった条件でトランプは首を縦に振らせるのか。
貿易赤字と通貨価値の操作に関しては容易に想像できる。
北朝鮮に攻撃を仕掛けても中国には関与を許さない、との
密約が成されたなら、あっという間だろう。

この1週間ほどは要注意だ。

budoubatake at 20:05コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月30日

006












ホウレン草を買う。
JA西春日井と書いてある。
そこで疑問が生じる。

私の知る西春日井とは西春日井郡であり
師勝、西春、豊山、西枇杷島、清洲
新川、春日にまたがり、わりと広範囲なのであるが
今や合併して北名古屋市、清須市ができあがり
西春日井郡は、すでに豊山町のみであるからして
面積としての対象はぐっと縮まる。
JA西春日井と表記せずともJA豊山で
良いのではないか。
しかし、違うのだ。

「JA西春日井」で検索をかけてみると
清須市、北名古屋市、西春日井郡豊山町と書かれている。

JA職員さんに聞いてみると、農協のテリトリー分けというのは
行政とかならずしも一致しないのだそうであり
西春日井郡でもないのにJA西春日井と呼称するというような
旧態依然とした事象が全国そこここに
普通にあるのだそうだ。ふーん、である。

しかし、清須市は2005年、北名古屋市は2005年に誕生している。
現在の小学生は西春日井郡だったことを知らない世代だ。
まちの歴史を紐解くきっかけになる事もあるのかも知れないが
消費者にとっては不可解な名称でありJA西春日井と書いてあれば
すなわちそれは豊山町で 採れた野菜なのだと
認識しても、まったく不思議ではないのである。
現在の小学生以下なら確実にそう思うはずだ。

農協の都合で産地が書かれていて、それは
昭和の時代の呼称産地というのはいかがなものかと思うぞ。
なんか腑に落ちないのである。

budoubatake at 18:41コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月27日

17424687_1612379985457721_8583225828724492546_n



















カマカニ・オ・ハワイさんというバンドを知ったのは
2008年4月13日の日曜日、「Ka Lei Aloha」という
ヒデさん主催のイベントで対バンだった。
ゆるいハワイアン。
それが彼らのイメージだった。
どうやったら、あの味が出せるのかと
分析しつつ見入っていたが答は出なかった。
とっても存在感があり、一度味わうと
忘れられない特別な「何か」を持っていた。

9年の時を経て、どうしてなのか
あの時とはまったく違うバンドに成りつつある。

今考えると、やはりバンドの「仲の良さ」が
音になってて、やり続けることで
どんどん洗練されたのかな、とも推測するのである。

そんなふうにしてかつて若手だったバンドさんが
いつの間にやら老舗っぽくなっているのは
傍から見ていてとてもうれしい事なのである。

自分自身10年もバンドを続けたことがないから
それはほんとうに絶賛に値する。
そんな彼らがハノハノでワンマンライブ。
おおいに味わっていただけたら幸いだ。

以下引用


//////////////////////////////////////////////////////////////

愛知を中心に活動するハワイ音楽バンド
「Ka Makani o Hawaiʻi」のワンマン・ライブです。
ボーカル、ウクレレ、ギター、スチールギター
ベースの5人のアンサンブルで、ハワイ音楽好きには
おなじみの曲からなかなか聴けない曲まで、
新旧織り交ぜてたっぷりと演奏します。
お店のお料理と共に、ハワイ音楽の魅力と
奥深さをお楽しみ下さい。

Ka Makani Hawaiian Music Live
公演日 2017年4月16日 (日)
開場 18:30
開演 19:00
料金 投げ銭 (1フード オーダー 要)

Ka Makani o Hawaiʻi 公式サイト
https://kamakaniohawaii.jimdo.com/

budoubatake at 10:46コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月20日

74d602bfcce28a8bfdafb3317ceb5998



















ティラーソン米国務長官の発言は深刻である。
「戦略的忍耐は終わった」
「北朝鮮が挑発を続ければ誰も望まない場所に向かう」
なのに北朝鮮は「新型エンジン燃焼実験に成功」と発表。
「先制攻撃」に対する憂慮はさらに深まった。

あげあし取りのくだらない国会を運営していて大丈夫なのか。
そんなニュースばかりが報道されてて大丈夫なのか。
今、まさに危機的状態なのではないのか。

米が首取り作戦に出た時、同盟国である我が国に
ミサイルが飛んで来ない保証はない。それどころか
工作員は日本中にいると囁かれている。
いつどこでテロが発生するかもわからない。

一方、拉致された日本人たちを、どうやったら救えるのか。
助け出すための真剣な討議をして欲しいものである。
横田めぐみさんのご両親も報道でお見かけしなくなって久しい。
1964年名古屋で生まれためぐみさん。どこか
他人事ではないのである。

戦争が起きない事を祈念するものであるが、同時に
こういう機会でもないと拉致被害者は帰ってこないのではないのか
という懸念も首をもたげる。

有事の際に中国がどさくさ紛れに尖閣に自称漁民を派遣でも
しようものならこの東アジア地域一帯が戦場と化す。

自衛隊でF14を操縦する男が居る。
マッハで日本の空を飛びわれわれの安全を担ってくれている。
彼は学生時代にうちの店でバイトしてくれた
息子のような弟のような存在である。

今の法律では、相手に射撃されない限り撃てない。
でも、射撃されたら、もうすでに彼の「命はない」のである。
アメリカはもう臨戦態勢である。
今こそ憲法改正に向けて真摯に向き合って欲しい。
憲法9条は彼を守らない。

budoubatake at 01:44コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月16日

0135_2342_ph4










中国人との会話の中で
「で、ご兄弟は?」

阿呆な私である。

budoubatake at 21:34コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月15日

bruce-lee-back-5










目の前のご夫婦らしきおふたりとの会話のなかで
私「イイご主人ですねぇ」
男「この人、奥さんじゃないですよ」
あちゃーーーーーっ。
ブルース・リーになってしまう瞬間である。

budoubatake at 21:51コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月27日

Image365



















右も左も関係ない。
知っておいたほうが良いことだらけだから
ぜひ見て欲しいビデオだけれど、気が向いたら
1時間あるのでお時間許す時にどうぞ。




budoubatake at 21:41コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月22日

002













私がまだ、はなたれ小僧だった頃。
それは今。
ヒーロー。
ヒーローになる時。
それは今。
え?
今じゃん。
安奈 おまえの愛の灯はまだ燃えているかい?である。

この春の花粉。
しかと受けとめましたぞ。
あなたもご自愛くださいませ。

只今のBGMは「輪」
やさしい音色です。

budoubatake at 11:08コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月16日

007












まぎれもなく春である。
なぜならばホタルイカが流通を始めたからだ。

ホタルイカの下処理。
ピンセットっつーか骨抜きで
目ん玉を取り口を取り背骨を取り除く。

その一連の作業を続けるのには「こころの平安」が必要なのだ。
ざわざわした心持ちだと集中できずイラっとしてしまう。
そういう時には後回しにする。
集中できる時には、とことんやるのだ。

まずはホタルイカのその姿いでたちであろうか
その昔、宇宙人と言えば火星人であり
ホタルイカには、その面影がある。

疑似火星人に触れ続けていると、なにも聞こえなくなる。
黙々と単純な作業をしているせいもあるのかも知れないが
まぎれもなく、それは瞑想している時にも似た
「宇宙とつながっている感」が半端ないのである。
どこか恍惚としてしまう。

しばらくは瞑想に事欠かないのである。

budoubatake at 23:03コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月12日

IMG_20170212_105837




























ご縁あって寺院参拝。
すばらしい気が流れていて感動。
ネットでは誰も書いていない観世音菩薩さまが鎮座。
うれしいサプライズ。

神仏習合。

IMG_20170212_110504

budoubatake at 23:45コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月09日

001












永遠の青春映画。
このシーン、たまらん。
トレーシー・ハイドもマーク・レスターも最高!

はじめて観た中学二年生の時には大いに共感し
今となっては、「可愛いね」と頬が緩む。

今見直すと、音楽の良さもひときわなのである。

budoubatake at 01:13コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月07日

prg_002











ふと気になって検索したら
美空ひばりよりも年上になっていた。

budoubatake at 03:17コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月04日

_SX425_
















『Watching The Wheels』を聴いていたら泣けてきた。
二枚組のベスト盤『Working Class Hero』だ。
この曲が、こんなに響いてくるなんて驚きだ。

昨日は車の中で『Julia』がかかって、数回聴き返した。
なんどもなんども聴いている曲なのに、突然に
琴線に触れる瞬間がある。

ソロになってからのジョンは、とてもへヴィーなので
気軽には聴けなくて、そういう波長の時にしか
手にすることはないのだが、そのなかでも
『Watching The Wheels』が、むやみやたらに響いた。
I just had to let it go.
なのである。

budoubatake at 00:16コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月03日

041












閉店後、おなかがすいていた。
しかも猛烈にラーメンモードだ。
よしっ!
一直線に向かったお店は年中無休で深夜二時まで
やっているはずなのに電気が消えていた。
なんてこったい!
頑張った自分にご褒美ラーメンのはずが
コンビニの弁当などで空腹を満たすなんて絶対に嫌だ。
お!
閃いた!
しばらく行っていないがあの店に行ってみよう!

ガラガラガラと扉を開ける。すると
店主が違う人である。
しかも客はひとり。
これは失敗したのでは、との思いがよぎるが
「ラーメンと麻婆飯ください」
待っているあいだに先客が帰って行く。
「ごちそうさま!」ガラガラ。
扉は半開きである。

おいおい、扉はちゃんと閉めてくれよ只今の気温は
0℃を下まわっているのだから。
正直、外気は冷蔵庫よりも冷えているのだ。
店員はふたりもいるのに扉を閉めてくれない。
しかたないので閉めに行った。

「お待たせしました」と麻婆飯が登場した。
豆板醤ではなく、細切りの赤唐辛子が万遍無く混入されている。
おいおい、である。
こんなの丸っと食べたら明日の朝がたいへんである。
「すみません、なにか小皿ください!」
ひとつひとつ箸で丁寧に場外に除外していたら、来客である。

「おーーーー寒いねぇ!」と入ってきたのにもかかわらず
扉が全開である。おいおい、だ。
ただでさえ困難な唐辛子除去作業で、食べる前に
冷めてしまうのではないかと懸念していた作業の真っ最中だったのに、だ。
二度目なので、さすがの私も大声が出てしまった。

「おぇ!さっみーーーーんだよ!」

言ってから相手の顔を見たらあきらかにきわどいお方だった。
「悪いね、今すぐツレが来るもんで」
え?このひとのツレ?
どう考えても類は朋なのであり囲まれたらどうしようもない。
最悪の事態を考え、どうやって逃げるかを考えながら
1秒でも早く食べきろうと赤唐辛子除去作業は中止して
食べ始めた。

連中は4人のグループだった。
ラッキーなことにふたりは飲み屋の女の子だ。
どうやら今までの飲み屋でのノリをだいじにしたい雰囲気だ。
でも、安心はできない。
赤唐まみれの麻婆飯は飲み物のごとく私の胃の中に消えた。

「ごちそうさま!」
会計を済ますと誰とも目をあわさず扉を開けた。
全開のまま帰ろうかとも思ったが、いやいや
ガラガラガラとちゃんと閉めてその場を立ち去った。
なにごとも起こらず幸いである。

いやはや怖かった。

相手も見ずに凄んではいけない。
あとの心配は赤唐辛子が引き起こす胃腸の変化だけである。
しかし、そんなものは数日続く肉体的な苦痛とは比較にならないので
ほぼ安心である。

教訓!
何時でも何処でも誰とでも、無理なく無駄なく油断なく!なのである。

budoubatake at 21:18コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月02日

011












明日は節分だ。
いい歳になると豆を年齢分食べるのも億劫である。
そんな貴兄に吉報である。
アロース・フリホーレス・ネグロだ。
『Arroz Frijoles Negro (Black beans & Rice)』
簡単に乱暴に言えば「キューバの黒豆ごはん」であり
黒インゲン豆の煮込み。
これなら年齢分の豆なんて楽勝である。

ひとくち食べるごとに「福は内!」とつぶやいて欲しい。

キューバに行ったこともないので想像で作ってみたのだが
予想以上の仕上がりに正直驚いている。レシピは
ちょっとおしゃれアレンジしちゃったのはヒミツだ。

今月開催するキューバ音楽のライブの時にも提供するので
ぜひぜひお試し頂きたい。

         = 記 =

 名古屋「キューバの見える夜」(マコト・誕生月ミニツアー)
日時:2月17日(金)Open18:30、Start19:30
場所:葡萄畑ハノハノ
出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones
   mUcho (ムーチョ) ギター&コーラス
   Makoto (マコト) ボーカル
料金:2800円(1Food,1Drink以上のオーダー要)

budoubatake at 18:49コメント(2)トラックバック(0) 

2017年01月29日

006












御金神社(みかねじんじゃ)である。
ランチのお店の予約時間よりも
早く到着してしまい時間調整で散歩でもと思ったが
見覚えのある街並みだった。
そう、御金神社が近いのではないか
行ってみると節分祭でたいそうな賑わいだ。
そのおかげで前回は買えなかった福財布を購入できた。
もう金運を確実にしたといっても過言ではなく
黄金色の鳥居は最初見た時には爆笑したが
ご利益在りそうな気が満載なのである。

そして予約のお店に入ると、とおされた部屋に飾ってあったのは
なんと宝船である。めちゃくちゃ縁起が良いではないか。

長き夜の 遠(とお)の眠(ねぶ)りの 皆(みな)目覚め 波乗り舟の 音の良きかな(回文)だ。

今年はさらに良い年になりそうである。ふふふ。
「思い込み」から「不思議なパワー」はうまれるのだ。

008

budoubatake at 18:40コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月28日

002












葉室御霊神社である。
1月なのにもかかわらず汗ばむほどの陽気に恵まれ
参拝できて光栄だ。この「神」という文字には見覚えがある。
来てよかった。

しかも当日気付いたのだが、なんと旧暦の元日だ。
ウルトラ特別な日ではないか。
すばらしい初詣となったし、導かれてるのだなと
誇らしい気持ちになったのは、やや自意識過剰である。

001













004

005

003






































幸運なことに、いちどだけお会いできた葉室鮠爾気鵝
感謝の気持ちをかたちにできた事って
ものすごく満ち足りた気持ちに包まれる。
彼から受けた影響は計り知れないのだ。

しかしあまりに無防備な神社なのであり
お供えやお賽銭がその後どうなったのかは
やや心配なのである。

budoubatake at 23:44コメント(4)トラックバック(0) 

2017年01月19日

misc-g-harrison-anglia03
















運転免許の更新だった。
めでたくゴールドから水色に格下げになるということで
朝から滅入っていた。

問題は視力検査だった。
最近急に視力が低下している。
しかも当日は極度に寒く常に涙目だ。
丸のどっちが欠けているのかを答えなければいけないが
へたをすると丸がある事すらも認識できないのだ。
おいおい、である。
普段運転する時にはメガネをするが駐車場に置きっ放しだ。
しかもとても遠いところに置いてある。
取って来いと言われたら寒いからいやだなと思いつつも
「わかりません」と答えると
「じゃ、これは?」とおなじ大きさのまるを指す。
何度も繰り返してくれる。
おや?
ひょっとしてこれは温情なのではないのか、と
当てずっぽで答え続けたら「はい、OKです」
「まじですか?」と言ってしまったぞ。
「でも次回の更新の時にはメガネ持参でお願いします」
免許証に眼鏡等とは書かれていない。

温情には感謝するのだけれど、よくよく考えたら
こういう「やさしさ」が高齢者の事故につながっているのではないかと
自分の事は棚に上げてちょっと憂いたりする私である。

budoubatake at 22:45コメント(2)トラックバック(0) 

2017年01月18日

maxresdefault (1)








「耐えること」「行動すること」このふたつで
高められない人生はない。

見えるものが全てではなく、見えるものは
見えないものによって成り立っていることを
忘れてはならない。



アーサー・ホーランド牧師のことばは
突然に深く響く日がある。

彼のいちばんのメッセージは「You are Loved」
あなたは愛されているということだ。




budoubatake at 19:48コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月06日

6b073ec5f53f1ba08de6e6b6076c2fc0







成人式は、はるか昔の出来事である。
買ったスーツは、その一度しか着ていない。
J Pressだったかな。
そんな時代である。

厳密には、まだ19歳なのに成人式ってのは
なんだか気が引けた記憶がある。
しかしながら当日は大酒を飲んだな。

やすまさ君の家だった。
でも最初につぶれて寝てしまったのはやすまさ君であり
ふと気づくと「おいおい、こいつ起きとるぞ!」と
熟睡中のやすまさ君の目蓋に目を書いたのは道彦だ。

20歳なんて、いたって子供なのである。
しかし、その道彦を含めみんな今も子供なんだよな。
初老のくせに。

息子は2月生まれなので、おなじく19歳で成人式を迎える。
感慨深いはずなのに、自分の成人式を想うと
自分よりずっとおとなのような気がするのである。

唐突だが、成人式は1月15日ってのが良かったと思うのは私だけか。
1983年1月15日はついこのあいだのような気がしている。

budoubatake at 22:19コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月04日

13892190_1011238058997374_5949369556778653062_n
















毎年のたのしみは年間星占いだ。
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/bltmblty2017/bltmblty.html
石井ゆかりさんのは、とてもポジティブなので元気がでる。

budoubatake at 21:10コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月03日

IMG_20170105_185043



























明けましておめでとうございます!

でも、どうして「おめでとう」なのかを考えてみる。
今この時間を、ひとつの節目をごいっしょできる事に
感謝したり、しあわせを感じたりできるってことは
おめでたい事なんだよね。
何気なく使う新年の挨拶もよくよくかんがえたら
とっても素敵なことばなのだ。

そんな事、若いころは考えもしなかった。
当たり前のように明日が来て新年も来る。
そう思ってたんだよね。
いっしょに「おめでとう」を言えない人を想うと
若かりし頃の「当たり前」があたりまえではなく
今をしっかり生きなきゃって気持ちにもなる。

2017年、世界中が平安でありますように。
やすらかで、すこやかで
すべてはうまくいきますように。
あなたがしあわせでありますように。
笑顔溢れますように。

今年もたくさんたのしみましょう!

budoubatake at 20:53コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月17日

375
















世界中のラジオが聴ける。
しかも検索は地球儀だ。
いろんな言語に触れられて
あたかも彼の地に降り立ったかのような気分を
自宅で味わえるのだからご機嫌だ。
http://radio.garden

操作は簡単。
地球儀を見ながら好きなところに行けばいいのだ。

まずはビッグアイランドに行ってみる。
http://radio.garden/live/paauilo/q103maui/
ご機嫌な世界中のレゲエが聴ける。

じゃいっそ、ジャマイカに行ってみよう。
モンティゴベイとキングストンの二か所から。
おや。タイミングの問題か。
両局とも不思議にレゲエが聴こえない。

現地の時間も表示されるから、人々の日々の営みを
想像しながら朝には朝の、夜間にはそれなりの音楽が
チョイスされているからとってもたのしい。

タイ語が恋しければパタヤに行くといい。
ご機嫌なタイポップスが聴ける。
ガムランが聴けるかな、とデンパサールに行っても
そこはインドネシアポップスだったりして
こちらの想像通りには行かないところも
興味深いところだ。

budoubatake at 21:03コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月12日

15338849_1226530084100281_8330860613237652747_n

















棚卸しとは、現在過去未来と連続する時間の中の
一瞬をロックする作業だ。
1年の総決算はもうすぐ。

今年やり残したことの無いように
いまから自分自身の、「こころの棚卸し」の準備が必要だ。

現状を細かく視覚化し整理し「現在」を確認する。
今どこに立っているのかを知らずして
右へも左へも行けないのである。

「現在地」は目標を照らす強い光。
今の自分の状況がわかればわかるほどに
夢や目標は、近未来に現実のものとなる。

budoubatake at 02:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月09日

resize_image














喪中はがきの届く季節だ。
小学校から高校までいっしょだった友人から
お母さまが亡くなったので年賀状は失礼する、という
お便りが届いた。

彼の家は、とても近所だったこともあり
ヒマだと彼の家に行っていた頃がある。

ピアノ教室を併設するような家で教育にはうるさく、テキトーな私に
彼の母親は、わりと苦手だったのだが、彼女のほうがきっと
私の事を苦手に思ったことだろうと、今となっては推測される。

彼女の教育方針として、こどもにコーラやファンタ、ミリンダ
三ツ矢サイダー、キリンレモンなど、とにかく
炭酸飲料は飲ませない。
骨が溶けるからだという。

でも、よくよく考えると、ヤツのお弁当の「めし」には
堂々とふりかけが使用されていたり、しかもそれは
浜乙女のお茶漬けの素だったり、ともすれば
おかずと称してカッパ漬け「キューリのQちゃん」が一袋
ドン!と入っていたりしてド肝を抜かれたものである。
塩分も化学調味料もバンバンである。
麦茶にたっぷりと砂糖を投入もしていた。

ちょっと怖いお母さんだったが、今思えばカラダに良いもの悪いものすら
よくわかってないのに頑張っちゃう、可愛い母親だったのである。

知らなくてお線香のひとつもあげてないが
お母さまの事を考えると、無性に浜乙女のお茶漬けが
恋しくなってしまうパブロフの犬なのである。
あれを「ふりかけ」として使う発想が偉大だ。

budoubatake at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月08日

ダウンロード (4)

















『イマジン』は1988年の映画だ。
久しく観ていなかったので観た。

どうして封印していたのかは
映画の終わりごろ気付いた。

なまなましい、あの1980年12月8日の記憶がよみがえり
悲しくて悲しくて、いまだに喪失感にさいなまれるからだ。

観なきゃよかった。
36年経ってもボロボロ泣ける。

budoubatake at 00:09コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月05日

15380776_1183290375053691_214879919740553566_n












FBでこの写真を見て、思わず挑戦してしまったのである。
『そうめん焼き』というメニューなのだそうだ。
完全に想像で作ることとする。

001













まずは材料。
そうめん、しめじ、オニオン、葱、にんじん、ソーセージ。

002












にんにくと赤唐で香りと辛みを引き出したら
材料を入れて炒める。

003












しんなりしたら茹でたそうめんを投入。
だし汁と味醂、しょうゆで味付ける。
仕上げに火を切ってからバターを少々。

004













卵二個にかつをだしを少々入れたものを引き、炒めた麺を投入。

005













巻いちゃうぞ。

006












サラダ三つ葉を飾ってできあがり。
召し上がれ!

009













まーさん!
ビギナーズラックかも知れないけど
めっちゃおいしかった!
ありがとう!
私が作ると居酒屋さん風にならないけど
ポイントはそうめんを硬めに茹でる事だね。
これはおいしい。

あ。
お店のメニューにはございません。
あしからず。

budoubatake at 23:26コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月03日

P016858671_480










ちょうど1年前に亡くなった常連さんが夢に登場した。
不思議なのは、場面設定が「今」なのだ。

入口の扉を開けて彼女は入ってくる。
満面の笑顔だ。
「えっ?帰ってきたの?」と私が訊く。
ただ笑って彼女はカウンターに腰掛けた。
とにかく乾杯したくてグラスを準備しようとした。

夢から覚めた時の脱力感。
「えっ?帰ってきたの?」という頓珍漢な問い。

時が経つほどに失った悲しみが増幅する。

時間は命。有限なのだと思い知らされる。
今を大切に。

budoubatake at 02:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月02日

bcr













名古屋ブルーノートのスケジュールを見ていて爆笑した。
2月18日ベイシティローラーズ
おい!おい!である。
観たいぞ。
いわゆる怖いもの見たさである。

しかしながらメンバーを見てみるとレスリーとアラン以外の
オリジナルメンバーは見当たらない。
ウッディもエリックもデレクも居ないのにローラーズかな。
せめてパット・マグリンがいてくれたら
大笑いできそうなのに、である。

しかも料金が驚きである。
二部制で入れ替え時間を含んで2時間しかないのに
14000円である。
おいおい、それはキッツいんじゃないのかイエスタデイズヒーロー。である。

budoubatake at 20:31コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月14日

RoujinnoTsubuyaki02








アクセルとブレーキを踏み間違えた!
そんなニュースを聞くようになって久しいし
日々報道されてて、ウッソだろ?と呟いていた自分も
やがてそうなるのかも知れないという気分になるから不思議だ。

少年の頃はトイレに行くと、おじさんがやたら長い時間をかけて
用を足す様子を見て、なんで?と思ったものである。
しかし今や、後に来たあきらかに私よりも年配者が
私よりも早く用を足して出て行ったりすると
「あとから来たのに追い抜かれ、泣くのが厭ならさぁ歩け♪」と
おもわず水戸黄門を歌ってしまったりする私がいるのである。

もういちど若い頃に戻りたいと思うこともない
ただあのひとに 私の愛が伝えられなかった
それがこころ残りです

オフコースが聴きたくなったな。


老人のつぶやき / オフコース

budoubatake at 21:43コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月02日

LZZZZZZZ
















Mid-FMを愛聴している。
ところが、だ。
11月になったら、もうクリスマスソングばかりである。
残念である。
12月26日まで聴くラジオ局がなくなった。

budoubatake at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月01日

mig











近藤真彦と中森明菜が電撃結婚!というニュースを
夢の中で見て、「うっそだろ!」と飛び起きてしまい
その後、目が冴えて眠れなくなり、大迷惑である。

budoubatake at 19:25コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月09日

998124_597925880228896_1055113120_n
























先日カウンターでお客様と話してて
ビートルズとの出会いを聞かれた。
間違いなく1973年だ。
そう、赤盤 青盤が出た年。

ともだちのお姉ちゃんが部屋で爆音で赤盤を聴き始めた。
洩れてくる音ですら、充分に衝撃的であり
「She Loves You」は小学5年生の私をどきどきさせた。

その時の興奮は今もなお健在だ。

どうして40年以上も新鮮で、どうして40年以上経っても
BEATLESのロゴにドキドキワクワクしてしまうのだろう。

「恋するこころ」ってのには賞味期限があるのだと人は言う。
でもビートルズとジョン・レノンは私にとって別格だ。
ずっと恋している。

ジョンのお誕生日。

おなじ時代に存在してくれて、こころからありがとうと思う。
どれだけたくさんの影響を受けたか。
傷つきやすい少年期に彼の生き方やメッセージが
どれだけ私を救ってくれたか。
どんなことばをつかっても言い表せないほどの存在だ。
Happy Birthday!

budoubatake at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月25日

16-05-27_top















第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマが
原子爆弾が投下された広島を訪れたのは記憶に新しい。

広島平和記念公園を訪問した瞬間
日本中が息を飲んだ。
そしてそれは世界に発信された。

バラク・オバマはハワイ州ホノルル生まれであり
ハワイのプナホウ・スクール出身である。

私見である。
オバマが大統領になっていなかったら
アメリカ大統領が広島を訪れるなんて事は
起こりえなかったのではないだろうか。

アメリカでは、いまだに人種差別による事件はあとを絶たないし
かつて原爆を使用した事は正当化されていて
必須だったと多くのアメリカ人は今も思っている。
立派な犯罪であるにもかかわらず、だ。

住む人に聞けば、ハワイはアメリカの中でも
もっとも人種差別を感じない州だと聞く。
とりわけ日系人は大戦前には人口の4割を占めた。
1961年生まれのオバマがそうした社会から影響を受けていたのは
間違いがないのであり、本土の人間よりもニュートラルに
アメリカを見つめていたのではないか。

2009年、オバマが天皇陛下に深くお辞儀をしたことが
アメリカ国内では問題視されたのだが、彼にとっては
自然な振る舞いだったのではないかと推測されるのだ。

バラク・オバマが政治家を志すきっかけになったのは
日系二世の上院議員ダニエル・イノウエの存在なくしては
語れないと彼自身が語っている。
ぜひこの動画を見て欲しい。




前置き長くなったが、10月2日(日)に上映会をするので
ぜひぜひオバマの事もあたまにおきながら
この映画を感じてくれたらとおもうのです。
ぜひぜひ足をお運びください。

日系二世を知ることは、日本を知ることでもあります。

////////////////////////////////////////////////////////
『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』
         (2012年/英語・日本語/98分)
監督・脚本・撮影:松元裕之
プロデューサー:中野理恵
編集・MA:WINK2
音楽:サンディー、山内”アラニ”雄喜、バッキー白片ジュニア&ドロシー・マキ
ナレーション:ロバート・ハリス
制作・配給:特定非営利活動法人NAC-J


        = 記 =

『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』名古屋上映会
日時:2016年10月2日(日)
場所:1部14:00 名城大学、社会連携ゾーン(60名) 
   2部17:00 MUガーデン(200名)
    (2部のみライブ演奏)
場所:名城大学
     名古屋市東区矢田南4-102-9
     JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線
「大曽根」駅から徒歩10分
出演:松元裕之監督
   山内”アラニ”雄喜(2部のみ)
   *ハワイ版グラミーであるナホクで2014年
    レガシーの称号を受賞。本作品の音楽を担当。
   MC:青井英美 
料金:前売り 1部2000円 2部2500円
   予約  1部2200円 2部2700円
   当日  1部2500円 2部3000円
主催:『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』名古屋上映会実行委員会
後援:中日新聞社、JST group、名城法律事務所
問い合わせ:葡萄畑ハノハノ
      (052)961-4210

https://www.facebook.com/events/1765193070416424/

budoubatake at 19:16コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月21日

14384052_1148756095205798_323365885_n

























お客様のおすすめらーめん。
閉店後に行ける美味しいらーめん。
ようやく出会えた。

budoubatake at 01:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月07日

goforbroke





















「どうして上映会なの?」と聞かれた。

あ、そうか、そうだよね。そのとおり。
今どきは映画もネットで自宅で観られる時代。
なぜ1日限定での上映会が必要なのか。
そう思う人もじつは多いのかも知れない。
お答えしよう。

1、ネットではアップされていない。
2、供給会社はない。(映画館での長期上映はない)
3、Amazonでも売ってない。


そういうことなのだ。
いちばん観たいのは私である。
先回そう思って開催したのに走り回っていて観られなかった。
しかもいちばんお金を支払ったのは私である。

ハワイをもっと知りたい。

そういうひとたちは、ぜひぜひクラウドファンディングだと思って
足を運んでほしいのである。入場料を寄付すると
普通では観られない価値ある映画が観られるという
特典が得られるって事なのだ。

budoubatake at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月06日

tit2016








ハロウィンや パンプキンより還付金





budoubatake at 02:46コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月03日

manatsu








過日のことである。
つり銭をまちがえたことに気付いた。
30mダッシュして60円を手渡した。

暑さのせいである。

という言い訳もあと数日だ。



budoubatake at 03:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月25日

20160809-00010022-yrioolym-003-view










いやぁ、リオの錦織圭には興奮した。
「がんばれ!がんばれ!」と息を飲んだものである。

彼は米国の経済紙『フォーブス』によれば“世界のセレブ100人”に
日本人として唯一82位にランクインしているそうで
年収は3350万ドル(約34億円)である。

しかしながら派手な生活をするわけでもなく
13歳で米国にテニス留学したことが今の錦織圭の原点と考え
『盛田財団』の奨学金による恩を次世代のために橋渡ししたいようである。

頑張らなきゃいけないのはあきらかに
「がんばれ!がんばれ!」とテレビに向かっていた
こっちのほうである。

budoubatake at 18:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月24日

13681078_1189465277770871_7748381441801437936_n

























せっかく琵琶湖に行くのならいろいろ下調べをしようと
検索していたら「亀ちゃんの外来魚回収ブログ」なるものを発見。
時候の挨拶や表現に、そこはかとないユーモアのセンスがあり
会ってみたい衝動に駆られる。釣っても釣っても駆除できないのね。
名古屋城の外堀の体長1メートルを超す肉食魚
アリゲーターガーも大問題だが琵琶湖で日々ブラックバスやブルーギルを
回収するご苦労にあたまがさがる思いである。
ちなみに回収する軽トラックの名称は「イナズマ号」だ。

3243

budoubatake at 19:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月22日

1964olympics1









道化者をかって出た安倍総理に感動。
ショートフィルムの躍動感とチョイスに感嘆。
市松模様にド肝を抜かれ、わくわくした。

日本をアピールするすばらしい演出だった。
2020年、現場に居たい!という気持ちにさせるに充分だった。
1964年のオマージュと聞いたが、ほんとうにすばらしい。
感動。



budoubatake at 20:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月20日

image1













『夏の日の恋』そして『恋する夏の日』
さて、どっちが想像力に寄与するのかな。





budoubatake at 00:29コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ