元気

2016年07月05日

images (3)








青山繁晴、私は大好きだ。
自民にも鋭い爪を立てていたのに
参院選に立候補するとは
まさに青天の霹靂である。

応援したい気もするが、このひとの
スタンスが変わってしまったら嫌だしな。

この選挙演説を聴いたら応援したくなった。
「青山繁晴って名前は覚えにくいから平仮名にしましょう」
そう言われて彼は激怒したそうだ。
「親からもらった名前を、親が考えに考えた名前を
 選挙ごときで変えられるか!」と。

こういう気骨のある人間にこそ日本を良い方向に導いて欲しい。
政党だとかにとらわれず、主張のできる人。
拉致被害者にずっとこだわってるひと。
とことん掘り下げる人。
天皇陛下を尊敬してる人。



budoubatake at 02:56コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月04日

B













選挙が近づくたびに、げんなりするのだ。
そう。
facebookだ。

応援したい気持ちはわかる。
しかし。

なにごとも、過ぎたるは及ばざるが如しである。
適度にね。

budoubatake at 01:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月03日

yuji

















愛逢月である。
藤沢からYuji、大阪から梅田くん、そして
西区から中島くんとプルちゃん。
後半には健介まで加わってくれた。

はなしは尽きない。

いいなぁ、なかまって。
クラスメートに久しぶりに会う感覚。
梅田君は初めてなのにいつの間にかクラスメートだ。

出会いに感謝。

budoubatake at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月29日

images (3)








過日、こんなやりとりがあった。

客:「フジロックに政治を持ち込むなとか論争がありますね」
お:「ミュージシャンにもそれぞれ主義主張はあるでしょ。
  表現するとか発信するって、そもそもそこが根っこだし
  彼がミュージシャンなのかどうかは知らんけど」
客:「おおしまさん、ロックを定義するのならなんですか」
お:「反体制でしょ。っつーか現状打破。このままじゃいけない
  なにか俺にもできるんじゃないかって熱い気持ちじゃないかな
  それを音として発信するのがロックでしょ」
客:「だとすれば、ですよ。安保法制に反対している人たち。つまり
  憲法を守れ!憲法違反じゃないか!憲法には
  指一本触れさせないぞ!って言ってる人たちと比べて
  憲法改正を唱える自民党、安倍総理たちのほうが
  反体制なわけでじつにロックな生き方なわけですよ。
  現状打破であり未来志向なわけだから。
  そのままがいい人たちにロックは語れないんじゃないですかね」
お:「あはは!言い得て妙だね。体制側が反体制」

budoubatake at 17:10コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月21日

001












数字を見ると語呂合わせをしてしまう癖は
いまだに抜けない受験戦争の残骸である。
786を「悩む」と読んでしまう悲しい性だ。

budoubatake at 19:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月20日

13435476_1082137128518040_1382064187730880769_n









真夏といえばフラレレである。
気付けばまだ8回目なのだな。
ものごころついた頃からあったような気もするが
どうやらそういうことらしいぞ。

タイトルそのままに、フラとウクレレの真夏の祭典だ。
出演者だけでも500名を超えるからすさまじい。

さて、私は今年も出演するのであり、ぜひ遊びに来てほしい。

海はいいよ。
ほんとうに良い。
みんながみんな自分らしくその場を愉しんだら良い。
そういう自由な雰囲気がうれしいイベントなのだ。

今年はフライヤーに大雑把ではあるが
タイムスケジュールも書かれてるので
Palaka Ishihara BANDは要チェックだ。
たぶん試験に出るので蛍光ペンでチェックが必要と思われる。
鳴り物持参大歓迎!



    = 記 =

  「HulaLele 8th」
日時:8月6日(土)10:00〜19:30
場所:小枡緑地
   愛知県知多郡南知多町内海小桝139
料金:入場無料
持ち物:海パン、おべんとう(飲食ブース利用なら必要なし。BBQセットでも可)
    おやつ(バナナはお弁当の一部とみなします)。
    打ち上げに参加する人はお風呂でさっぱりするための着替えとタオル。
    ムスダンの持ち込みは禁止だが、シルクの中国服OK!

https://www.facebook.com/events/636413349845073/

budoubatake at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月17日

100828

















6月の異称で好きなのは「風待月」であり
好きな季語は「紫陽花」である。

はじめて行った海外はインドネシア、Bali島で、二週間居た。
バイクでどこまで行っても山の中にも椰子の木があるのには
ほんとうに驚いた。棚田のうつくしさに目を奪われ
ビーチに沈む夕陽はこの世のものとは思えず
月と星の輝きにまじって薫るクローブの匂い。
ゆったりした時の流れにカルチャーショックを受けたものである。

サーフボードを積んでいたので成田空港からの帰り道に
湘南に立ち寄ってみたのだが、その道すがら
紫陽花の美しさに呆然としたのである。

「日本って綺麗」

こころからそう思った。
だからずいぶん前の事なのに6月だって覚えてる。
あんなに、美しいBaliから帰りたくなかったのに
今まで気付かなかった日本のうつくしさを認識できたのだ。

「風待月」なんだよね。
なんていう洒落たネーミング。
先人たちはすごいね。
そうそう、7月の異称で好きなのは「愛逢月」
ロマンチックなのである。



budoubatake at 19:53コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月16日

IMG_3519-450x284












これは試してみたいのでメモ。
http://macrobiotic-daisuki.jp/niradare-tsukurikata-17487.html
【材料】
・ニラ 1束
・生姜 1片
・鷹の爪 1本
・ごま油 適量
・醤油2:お酢:1:みりん1 =全量で1/2カップ

budoubatake at 19:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月12日

Image023

















パソコンとはパーソナルなコンピューターなのであるが
過日ぶっ壊れて新しくなったばかりってのもあるが
カラダに馴染んでいなくて扱いがかなり困難である。
にっちもさっちもどうにもブルドッグとしか言いようがないのだ。
いちにちも早くパーソナルになって欲しいものである。

budoubatake at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月10日

1401x788-85108779









『雨を感じる人もいれば、ただ濡れる人もいる』Bob Marley

やたら見かけるのだが、どこからの出展なんだろう。
何年のいつ頃、どんなシチュエーションで話されたのかが
わからないから気持ちが悪いぞ。
前後関係が分からないで一部だけ取り上げられてもね。
知ってる人は教えてください!である。

ボブをそうして見かけても、聴く気になれない日もあるのは
焼肉とどこか似ているなと思うのである。

氣が萎え過ぎている時に、おおいにエネルギーのあるものは
カラダに良くないのであり、消耗し切っている時に
焼肉食いてぇ!とはなかなか思えず
ちょっと疲れたな、とかもっと元気になりたい時
ボブや焼肉は最も有効なのである。

『肉を感じる人もいれば、ただ満腹の人もいる』おおしまくん

b0061413_2511181

budoubatake at 23:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月09日

13394180_639674496189842_5374837701177296657_n
















いやはや、諸行無常である。
世界のパソコンメーカーにお伝えしたい。
「そろそろ限界ですよ」と寸前で良いから告知して欲しいぞ。
突然死は、あとからいろいろ面倒が多いのである。
ああ無情・・・

budoubatake at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月08日

711
















200円以下でこのクオリティかよ。
とんでもない事だ。

budoubatake at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月01日

the-beatles-help-button-b4790
















「しつけ」で2度置き去り。
そんな言われ方をしている親。
彼こそが今、いちばん生きた心地がしていないはずだし
心臓が爆発しそうに心配しているはずなのに
どうして「しつけと称して虐待」的な報道をするのだろう。
かわいそうでならないのである。
カメラやマイクを向ける神経を疑う。

やまと君。
どっかのおばあちゃんとかにお世話になってて
でも電話とか訪ねてくる人もいなくて
警察に連絡もできない状態で。
でもあったかいごはんパクパク食べてて
元気に帰ってくると良いね。

budoubatake at 02:44コメント(2)トラックバック(0) 

2016年05月20日

image1












木洩れ陽が心地良い季節である。




budoubatake at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月16日

003

















店の前に植えた額紫陽花が沖縄の梅雨入りとともに
咲き始めて驚いている。かわいいな。
あじさいの葉も大好きで力強い緑色が元気をくれる。

あじさいが咲き始めると、そろそろホタルだななどと連想する。
もうそろそろ外堀の本町橋のあたりでヒメボタルが観賞できるのだ。
こんな街の中のささやかな季節感。

budoubatake at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月15日

images (8)








いつもの神社である。
まずは手水舎。
するとその近くに居たご婦人が「怖い!」
なにごとかと近付くとちっちゃな蛇が這っていた。
「おお、縁起が良いじゃないですか!」
写真を撮ろうとすると樹の穴にスルスルと入ってしまった。
とっても可愛らしかったぞ。
良い事ありそうな予感である。ふふふ。

budoubatake at 21:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月12日

Image0261










五月病である。
昼間は心地良い空気。半袖。
新緑が目にまぶしい。
陽が沈むとサラっとヒヤっと風がそよぐ。

まるでハワイに居るみたいじゃないか。

ハワイじゃなくっても良いけれど
どこか遠くの空を眺めたくなる。



budoubatake at 20:37コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月11日

521455_10150899163624653_328919879652_9612139_1408908814_n










目が覚めた瞬間に、どうしてかわからないが
「今日も目を覚ます事ができた。ありがとうございます」
そんな気持ちになったのである。
起きた瞬間、脳みそにスイッチが入るか入らないかの段階で、だ。

毎日誰かの誕生日であるとともに命日でもある。

50も過ぎると、っつーか過ぎる事ができると
自力で生きているんじゃない事に気付く。
じつは、肉体は自分の所有物ではないのだ。

こんな私にも真新しいいちにちを与えてくれた。
またひとつ進化する時間を頂戴できた事は
ほんとうに有り難い。
こんな私なのに。と思うのだ。
ありがたい。

budoubatake at 20:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月10日

13181104_1060033310744744_1588591395_n












FBってみんな美味しそうなもの食べてるんだよな。
今日は唾液がほとばしった写真のイメージをだいじに想像で
つくってみたけれど完成図がまったく違ってショックなのである。
↓ がお手本。器も大事だな。

13164318_1052465464828965_4676794903869272344_n

budoubatake at 01:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月08日

002













足をお運びいただいたみなさま
ありがとうございました。
トークライブってのは、まさしくライブで
毎回毎回オーディエンスによって
レスポンスが違うのでおもしろいのです。

是非またの機会もお越し下さいね。
また新しい発見があると思います。
すくなくとも私は毎回感動しています。

炎天下での長時間のイベントの後にもかかわらず
UMAHANAさん、ありがとうございました!

budoubatake at 23:39コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月07日

13151754_979518348811222_5473201998918587003_n

















MUガーデンテラスである。
とどのつまり名城大学(Meijo University)の学食である。
私の使っていた1号館の学食はまるでアルカトラズのようであり
「ショーシャンク」を観るたびに懐かしく思ったものであるが
そんな30年以上前の学食とはうってかわって、そうとうに
おしゃれなカフェ空間である。天井は高く外壁一面ガラス張り。
陽が燦々と降りそそぐ快適空間だった。

さて、本題である。

なんのために行ったかといえばステーキ定食である。(うそ)
『Go for Broke! 〜ハワイ日系二世の記憶
    〜Memories of Hawai'i Japanese "Niseis"』
の上映会の打ち合わせである。

そう。
名古屋では3回目となる上映会である。

とうとう名城大学まで巻き込んだのである。
スペシャル企画も用意しているのでぜひぜひ
日程をロックしていただきたい。Rock'n'Rollしていただきたい。

10月2日日曜日。
詳細は追って発表していくのでFBをチェックして欲しいぞ。
Go for Broke! 〜ハワイ日系二世の記憶   〜Memories of Hawai'i Japanese "Niseis" 名古屋上映会

budoubatake at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月06日

701_1












南知多を3時間ほどドライブした。
先輩の自慢の100坪の豪邸も拝見し
その裏山、軽トラックしか通らないような道も
景観をたのしみながら、南知多最高である。

ひさしぶりに嗅ぐ土の匂い。
湿った緑の匂い。
いそがしく動き回るダンゴ虫。

生き返った。

田んぼに佇むシラサギもまるで警戒心がなく
至近距離で見られた。美しい。感動である。
おいしい甘夏蜜柑までお土産に頂き恐縮しまくる。

帰り際に内海のお気に入りのお店に立ち寄ると
ランチ時には遅いにもかかわらず食事させてくれた。
気の良い大将である。

「深海定食」という何が出てくるかわからないものを
あえてオーダーして、できあがるまでの
わくわくする時間に大将と語りながら
窓の向こうの海を眺める。
とても贅沢な時間である。

「あ、すみません。ごはんはたっぷり大盛で!」と言ったら
「はい。日本昔話」と茶碗の二倍以上のライスが出てきて
爆笑であり、超満腹である。しあわせだ。
8月6日の再会を約束して店をあとにした。

高速道路は使うものの、たった1時間ほどの距離なのに
中区丸の内に来たら、げんなりしてしまった。
「コンクリートとアスファルトばかりじゃないか・・・・」

ちょいと田舎暮らしがしてみたい年頃である。

budoubatake at 21:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月05日

alanikato

















栄ミナミ音楽祭。
5月8日(日)のフラリエ会場にて
Palaka Ishihara Band!
スラッキーギターのレジェンド!
山内アラニ雄喜さんとともに
あばうと14:00に登場します!
入場無料だからね!
会いに来てアイニージュー。

名古屋が好きだがね♪
いっしょにうたおう!

budoubatake at 02:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月04日

00858_large























朝、目が覚めたら
もう眠れなかった。

1冊の本が目に入りパラパラめくった。
読了していないどころか
20ページくらいで頓挫している。
ところが、だ。

チベットの「死者の書」によれば人は死んで
たった49日で転生するのだと書いてある。

まじか。

とすると、だジョンの魂はもう輪廻して成人になってひさしく
ジョージの魂ももうジョンと出会った頃の生意気なギター少年くらいに
成長しているかも知れない。

どこにいるんだろう。

朝からそんなファンタジーに包まれた。


budoubatake at 13:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月03日

images (7)









ギターパンダさんを知ってからってもの
なおさら清志郎のすばらしさがわかるんだ。
不思議。









budoubatake at 12:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月02日

tdsgk637-img600x450-1399126791x3uria18157












憲法記念日は1948年に制定された。日本国憲法は
占領下1947年5月3日に施行され当用漢字以前の旧字体。
日本が独立を回復する1952年4月28日になっても
改正されることはなかった。
それは今もなお続いている。

賛否両論あるのはしかたない。
おおいに考えるきっかけとしたいものである。

でも私の世代は「けんぽう」といえばまず思い浮かべるのは
少林寺拳法でありブルース・リーなのであり『燃えよ!ドラゴン』なのである。

映画が上映された頃すでにブルースは他界しており、はたまたビートルズを
知った時にもとうに解散しておりおいてけぼりを食った世代である。

今もテレビで効果音で『燃えよ!ドラゴン』が使われたりすると
ドキドキしてしまう世代だ。鏡の迷路が東山動物園にあるよと聞いて
映画のようなスリルを期待して行ったのだが、一秒も迷う事もなく
錯覚に陥る事もなく、とてもガッカリしたのを覚えている。



budoubatake at 23:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月30日

1261415131508















ダメなのである。
丁寧語すら話せない日本人をおなじ日本人とは思えないのだ。

100歩譲って謙譲語、尊敬語、丁寧語の区別がつかなくても良い。
敬語を話せない、いや、話そうとしない日本人とは、ハナから
価値感を共有できる気がしないのだ。

年上を敬うとかそういう道徳的な最低限の
法律にするべきではない一般常識の底辺の底辺から
理解できない人。わかっていたとしても行動できない人は
理解していないのと同じなのであり日本人として生きる事を
拒否しているように見えるのである。

外人ならがんばって乗り越えようと努力するが
初対面からタメ口、あきらかに年上に対してタメ口のひとには
「おまえはローラか」と言いたいが、間違って誉め言葉に
聞こえる可能性があるので絶対に言えないのである。

budoubatake at 01:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月28日

001












大根をいただいた。
うれしい。
しかも芸術的なフォルム。
きざむのはもったいないので
このまま使いたいなと思ったが
彫刻刀を持っていない事に気付いた。

budoubatake at 23:19コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月27日

Spamkyabetu












ホ・オポノポノでいうところの「クリーニング」って
解せないことばだったのだが、或る日理解した。

話題のラー麺屋さんがあったとする。
行ってみる。
へぇ?こんなのがみんなおいしいんだ。と
自分の中では落第点だったら、もう行かないだろう。
でもしばらく経っても元気に営業中だ。
あの日はたまたまアルバイトさんが作ったのかな、とか
たまたま自分のコンディションがその味覚と合わなかったのかと
まずは一旦、過日の記憶を消して(cleaning)みる。
無かったことにはできないが敢えてそう考えて
ふたたび足を運んでみる。
それで同じ印象だったとしても確認のため3回目を経験してみる。

それは友人関係、人間関係においても同じで
あいつとは意見が合わない、と遠ざけても
違うジャンルやプロジェクトにおいては
すばらしい相性だったりするかも知れない。
或る日怒り心頭になろうとも、冷静になったら
お互いさまかもな、と
もういちど接触してみると世界は広がる。

たったいちどで判断するのはもったいのない事なのだ。
自分だってたくさんの過ちを繰り返しながら生きてるんだもん。

budoubatake at 03:45コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月25日

92ad0ab7













テレビを見ていたら名は知らないが、プロのダンサーが
高校生の学校での部活なのかダンスチームに指導していた。

私から見たら指導する余地もないほどにじょうずだったが
さすがにプロは違うな。的確なことばで、さらに上達させていた。

上手に踊る事と上手に踊らせる事は違う。
自分のできる事を「言語化できる才能」は観ていて
とっても勉強になったのである。

もうひとつ思ったのだが『天才たけしの元気が出るテレビ』の
ダンス甲子園の頃からくらべても基本的なステップとかは
じつは、あまり変わっていないんだな。
もちろん上手に踊る人たちの絶対数は
今やぜんぜん違うけれど。

budoubatake at 23:39コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月24日

002












名古屋では大御所のウクレレプレイヤー。
80歳を超えても元気そのものだ。

カウンターに座るや否や
「パスタ、おまかせで大盛ね!で、と、ビール。
つまみにサラダをちょうだい。おまかせで。大盛ね」
である。
カッコイイではないか。

80歳まで生きてるとしたら、こんなふうでいたいものである。

budoubatake at 19:01コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月22日

001












20代の頃によく行っていた
「居酒屋益城」は深夜にもかかわらず
おいしいお魚料理をお値打ちに出してくれる
ありがたいお店だった。

大将がご病気をされ、今はもう存在しない店なのだが
今回の震災で彼が熊本出身だったのだろうと推測された。
社会派の彼は中東問題にも詳しく、よく世界情勢を語ったものである。
きっと今ごろ地元で汗をかいているのではないかな。
テレビの報道を見ていると彼が映らないか、と探してしまう。

budoubatake at 19:46コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月20日

013






















FaceBoofに目を通すのだが
とっても不愉快なものが多くて閉口するのだ。

ヒステリックに叫ぶ人。
汚い言葉で人を罵る人。たとえ
それが犯罪者に向けた言葉だとしても、だ。

こんなときにこそ、被災地と距離のある我われは
こころ平安で落ち着いて考えたい。

人間の魅力は、その喜怒哀楽の深さに在るのだが
「怒」の感情の時にこそ、ひと呼吸が必要だ。

暴力的な物言いに、人は共鳴するだろうか。
どうして美しい日本語で語りかけようと考えないのだろうか。
もしも自分が、自分の存在が「愛」そのものだとしたら
どう振る舞うのだろうか。

FBに投稿する事が、すでにその中のひとりのような気がして
一週間投稿できずにいた。

「自分以外のために祈る」と云う行為はもっとも美しい行為だと思うのだ。

美しいこころに罵声や暴力は似合わないし共存できる由もないと思う。
冷静に冷静に、ただひたすら平安を祈りたい。

あなたは「愛」そのものです。
「愛」そのものなのです。

budoubatake at 02:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月17日

img_0


















扉を開けようとしたらグキっ。
いやな衝撃が腰に走った。
何も特別な事はしていないのに
軽いギックリを引き起こしたのである。

おいおい、である。

ラブストーリーとぎっくり腰は突然である。
完治が必要だ。

budoubatake at 21:33コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月30日

_SX343_BO1,204,203,200_





















自宅でふと目にとまったのがこの本。
「神道 見えないものの力」
数年ぶりにひらいてみると新鮮だ。
普段自分の考えのように語っている事が
じつは出どころがここだったのか、と
自力で悟ったかのごとく語っていた自分を
ちょっぴり嘲笑したりしつつ、この本は
自分に多大なる影響を与えてくれたのだなと
感謝の気持ちでいっぱいになったぞ。

いつの間にか表紙が変わったようである。
2013年とある。

神道と云うと国家神道を連想してなにやらおそろしいものを
連想してしまう人もいるかもしれないがwikiでも「日本の宗教」と定義しているが
宗教と云うよりは日本と云う国にうまれたからには、こう生きると良いというような
この環境で生き抜く知恵のようなものなのである。
著者の葉室鮠爾気鵑倭 春日大社宮司だ。
誰にもわかることばで「日本人に生まれて良かったな」と
誇り高い気持ちにさせてくれるから読んでみて損はないぞ。

そうそう、お店にある「素直」と「陰徳」の書は葉室先生の直筆なのである。

budoubatake at 21:49コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月29日

004













「アントニオ」と呼んでいる。
名古屋弁で言うのなら「歯にはさがる」ので
おいしいくせに手強い相手である。
いっけん今日は劣勢だと思わせておきつつも
最終的にギブアップさせ勝利をおさめるのである。

budoubatake at 13:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月27日

005












いやぁ、食べきった瞬間にこういう感覚を味わうってのは
まったく童心に帰るものである。小躍りしたぞ。

budoubatake at 13:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月26日

宮田 珠己

















鼻毛が伸びる。
ぐんぐん伸びる。
まさに育ち盛りなのであり
花粉から我が身を防御するぞ!との熱い闘志が感じられ
ちょっと油断するとたちまちふっさふさのロン毛である。
尋常ではない成長率だ。

そこで私は考えた。
この鼻毛のアレルギー反応を頭皮に応用し
育毛剤はできないものか、と。
さすが私である。
もしこれが発明されたなら
花粉症の人は春にはふっさふさになり
薄毛のひとは花粉症をうらやましく思うという構図になるのだ。

「やーい、やーいくやしかったら花粉症になってみな」
「おや、花粉症ですか。髪にコシがでてきましたね」
そんな声がすでに聞こえ始めている。

しかしこの季節、どんなにすてきな話ロマンチックな話
どぎつい説教などをしようともロン毛の鼻毛では説得力に欠けるので
充分な注意が必要である。

budoubatake at 23:04コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月25日

256071928782615792lcb0JkT2c









友人曰く、だ。
「しあわせだから笑うんじゃないんだよな。
笑顔でいるからしあわせになるんだよ」

何だかこのフレーズを連発していたが
「笑う門には福来たる」をちょっとひねっただけであり
人間がことばを話し始めた頃からあるのではないのか。
その歴史はとても長いと思うぞ。

budoubatake at 02:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月24日

080101_1









ふと見ると「鎌倉プリン」という文字が目に飛び込んできた。
条件反射である。唾液が噴き出した。
次の行に行くと「スホテル」とある。
なーんだ。
もう頭の中は完全に大仏様をかたどった特大のプリンなのであり
プリンは三度の飯よりも好物である。

budoubatake at 21:17コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月22日

12442755_1025154580899284_43223126_n












人生初のヨコイのスパゲティはレトルトだった。
麺とソースの入ったギフトセット。

あえてコメントは控える。

おおきな発見があった!
麺だ。

じつはイタスパが食べたくなって、お店で作ってみても
ぜんぜんあの味にならないのである。
なつかしいあの味だ。

しかし、この2.2mmの麺を食べて解決した。
あの味がするのだ。
ケチャップじゃないのに、である。

イタスパはイタリア麺を使っちゃダメなのだ。
ディチェコやブイトーニやバリラでは美味しく作れない。
って事が判明した。

この麺の味が必要不可欠なのである。
いやはや私としたことが盲点だった。
もう20年以上、最高のイタスパをつくろうと何度もチャレンジしたのだが
良い材料を使えば美味しいわけではないのだと云う
初歩の初歩でつまずいていたわけだ。
まさに膝ぽんっ!である。しかも、だ。

オリーブオイルなんてつかっちゃダメ。
白ワインや高級粉チーズなんてもってのほかである。

安い麺でケチャップだけ。
それがきっといちばんうまいのである。そして赤ウインナーと
パルメザンチーズ買いに行かなくっちゃ。なのである。

budoubatake at 00:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月12日

0-0-0-0-061014-06sweden

















とんでもない一日だった。
踏切の一旦停止で警察に止められ
納得いかない私は猛然と抗議したら
6人の警官に囲まれた。
ゴールド免許の善良かつ優良ドライバーに向かって
失礼な奴らである。

貸切のパーティが入ってたので
急いで帰る。
段取りOK。
さぁ、パーティが始まります。

オーブンが点かない!

なんの前触れもなしに壊れたのである。
あとはオーブンであたためるだけなのに・・・・

しかし何事もなかったかのように軽く乗り切った。
さすが私である。

厄日なんてものはない!とは私の考えだったが
今日を境に厄日も天中殺も大殺界も厄年もあると
認定する事とする。私がサラダキノコなら
「グレてやる」とつぶやくところである・

でも、ま、悪い日もあれば良い時もあるさ。



budoubatake at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月07日

town197920_pho01




















蚊に食われた。
今年初である。
しかも膝の裏。
つまりこいつは裾から侵入して来て
そこを選んでたっぷり吸っていったのだ。
なんて破廉恥な。

蚊に食われるとは名古屋弁だとばかり思っていたが
日本全国39.8%で使用されている。
しかも三重岐阜では使われていないところが謎だ。

そうそう、名古屋弁で蚊は「かんす」である。
しかしながらこの私ですら17歳の夏までは
聞いたこともない名古屋弁だった。
そう、17の夏までは。

まゆみちゃんと夜の公園を歩いていた。
いちゃいちゃしたいからである。
唐突に彼女がはなったことばにセクシーな気分は吹き飛んだ。
「かんすにくわれた」
「????」
なんのこっちゃである。
「なにそれ?」
「かんすはかんすだわさ蚊の事だがね」
「それってどんな字書くの」
「かんすはかんすだわさ」
である。

それ以来耳にした事もないいわゆる絶滅危惧名古屋弁である。
ほろびてしまわないようにキンチョウには「かんすにゴン」とかいう製品を
名古屋限定で作って欲しいものである。いちにちも早く。

budoubatake at 20:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月05日

Uma20141025












好評につき第3回となります。
ぜひぜひ!

UMAHANALEI10











https://www.facebook.com/events/914217552025817/

budoubatake at 20:06コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月03日

20100617214754










なるほどね。
PM2.5が飛来しているわけね。
明らかに花粉症ではない体調の不具合の
原因はこれなのだとわかったぞ。
たいがいにしろよ習近平、である。
とんだ経済大国である。

こういう健康被害を国際社会に訴えて
一刻も早く解決に向けさせる方法はないのか。
おいおいたのむぞ、世界保健機関 (WHO) である。

だいたいやね、PM2.5なんて名前が意味不明だからいけない。
「大気汚染物質PM2.5」とか「猛毒PM2.5」とかちゃんと
かんむりをつけてあげないといけないと思うぞ。

黄砂ってのは源氏物語の時代からあったのでしかたないとしても、今
そこに混じって飛来するのはまぎれもない毒性物質なのだから
生まれ来る子供たちのために一刻も早くなんとかせいよ習近平、である。



budoubatake at 19:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月21日

11733798646701340969













吉野家の牛皿を食べたことがありますか?である。
どんぶりで食べると気付かないのだが
過日、はじめて牛皿を食べてみた。
しょぱくて食べられない。
酒の肴っつーか珍味のレベルである。
そうか、あんなしょっぱいもの食べてたんだとビックリしたのである。

そうそう某ハンバーガーショップであるマクドナルド。
深夜の帰り道に買って帰ったら夜中に
ノドがカラカラで目が覚めた。
あれも相当な塩分である。

ラーメンのスープとかけっこう悪者扱いされるが
ファストフードこそ塩の塊である。

そうそう。
以前深夜のコンビニで外人が塩をくれないかと言っていたのだが
レジ係は聞き取れなくて困っていたので「塩ですよ塩が欲しいって言ってます」と
教えてあげた。塩は日本では「ソルト」と言うが、じっさいの発音で
耳に聞こえるのはカタカナ表記すれば「ソル」か「サル」である。

budoubatake at 01:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月20日

w5wrsg













魚をさばく時に、いちばん気をつけなくてはならないもの。
それはうろこをひく時に背びれに刺されない事である。
「いたっ!」と思った時にはギュっとしぼるのだが
気付かないときがこわい。
10日ほどたって今、中指が曲がらないほど腫れている。
皮膚科で抗生剤をもらったがてんで効果なしである。
化膿しているのだろう、指先が3割増しである。
痛い、痛すぎる。
スッポンの頭のようになっているのだ。
何かいいことに使えそうだが痛くてそんな事も言っていられないのである。
もう化膿しまい。である。

budoubatake at 00:20コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月17日

taiwwan












過日味仙でラーメンを食べて(人生3度目)
こんなん自分でも作れるぞ、と
作ってみたのである。

殺人的な辛さではなくエレガントに仕上がった。

ほかの台湾ラーメンと味仙の決定的な違いは
あの香りにあるのだが、あの秘密は
すでに熟知しているので再現は簡単である。

ここに書くのはためらわれるので
作り方を知りたい人は直接私に聞いて欲しい。
明日から自宅で気軽にあの味を愉しめるぞ。ふふふ。

テイクアウトでもお店で食べるのでも同じ値段だけど
自作すれば1食100円以下だぞ。
ふっふっふ。

budoubatake at 01:50コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月14日

DSCF2694








やたら寒いし肌に触れるシャツが痛い。
ひょっとしてこれは風邪って現象ではないのか。
危険だ。
非常事態宣言である。
どうしたものか。

思い切って味噌煮込みうどんをつくった。
そしてこのシラチャソースを投入。

こいつの原料はニンニクと唐辛子のみなのである。
別名かぜ薬、だ。初期症状に有効である。

翌朝、快適な目覚め。
さすが!良薬はとてもうまいのである。
ふっふっふ。



budoubatake at 19:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月12日

539686_10151425400693567_1029920837_n



















じつはリッケンバッカーに触れたことがない。
小中学生の頃に通っていたレコード店に飾られていたそれは
とても高価でパンフレットだけをうやうやしく持ち帰り
下敷きに挟んでヒマな授業中のお絵かきの対象だった。
あこがれの楽器だ。

だから今でも高価な楽器に気軽に「さわらせて」とお願いできない私なのである。

弾けもしないのに買うのもためらわれるしな。
でも、人生長くないからな。

budoubatake at 20:34コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ