元気

2016年09月25日

16-05-27_top















第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマが
原子爆弾が投下された広島を訪れたのは記憶に新しい。

広島平和記念公園を訪問した瞬間
日本中が息を飲んだ。
そしてそれは世界に発信された。

バラク・オバマはハワイ州ホノルル生まれであり
ハワイのプナホウ・スクール出身である。

私見である。
オバマが大統領になっていなかったら
アメリカ大統領が広島を訪れるなんて事は
起こりえなかったのではないだろうか。

アメリカでは、いまだに人種差別による事件はあとを絶たないし
かつて原爆を使用した事は正当化されていて
必須だったと多くのアメリカ人は今も思っている。
立派な犯罪であるにもかかわらず、だ。

住む人に聞けば、ハワイはアメリカの中でも
もっとも人種差別を感じない州だと聞く。
とりわけ日系人は大戦前には人口の4割を占めた。
1961年生まれのオバマがそうした社会から影響を受けていたのは
間違いがないのであり、本土の人間よりもニュートラルに
アメリカを見つめていたのではないか。

2009年、オバマが天皇陛下に深くお辞儀をしたことが
アメリカ国内では問題視されたのだが、彼にとっては
自然な振る舞いだったのではないかと推測されるのだ。

バラク・オバマが政治家を志すきっかけになったのは
日系二世の上院議員ダニエル・イノウエの存在なくしては
語れないと彼自身が語っている。
ぜひこの動画を見て欲しい。




前置き長くなったが、10月2日(日)に上映会をするので
ぜひぜひオバマの事もあたまにおきながら
この映画を感じてくれたらとおもうのです。
ぜひぜひ足をお運びください。

日系二世を知ることは、日本を知ることでもあります。

////////////////////////////////////////////////////////
『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』
         (2012年/英語・日本語/98分)
監督・脚本・撮影:松元裕之
プロデューサー:中野理恵
編集・MA:WINK2
音楽:サンディー、山内”アラニ”雄喜、バッキー白片ジュニア&ドロシー・マキ
ナレーション:ロバート・ハリス
制作・配給:特定非営利活動法人NAC-J


        = 記 =

『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』名古屋上映会
日時:2016年10月2日(日)
場所:1部14:00 名城大学、社会連携ゾーン(60名) 
   2部17:00 MUガーデン(200名)
    (2部のみライブ演奏)
場所:名城大学
     名古屋市東区矢田南4-102-9
     JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線
「大曽根」駅から徒歩10分
出演:松元裕之監督
   山内”アラニ”雄喜(2部のみ)
   *ハワイ版グラミーであるナホクで2014年
    レガシーの称号を受賞。本作品の音楽を担当。
   MC:青井英美 
料金:前売り 1部2000円 2部2500円
   予約  1部2200円 2部2700円
   当日  1部2500円 2部3000円
主催:『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』名古屋上映会実行委員会
後援:中日新聞社、JST group、名城法律事務所
問い合わせ:葡萄畑ハノハノ
      (052)961-4210

https://www.facebook.com/events/1765193070416424/

budoubatake at 19:16コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月21日

14384052_1148756095205798_323365885_n

























お客様のおすすめらーめん。
閉店後に行ける美味しいらーめん。
ようやく出会えた。

budoubatake at 01:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月07日

goforbroke





















「どうして上映会なの?」と聞かれた。

あ、そうか、そうだよね。そのとおり。
今どきは映画もネットで自宅で観られる時代。
なぜ1日限定での上映会が必要なのか。
そう思う人もじつは多いのかも知れない。
お答えしよう。

1、ネットではアップされていない。
2、供給会社はない。(映画館での長期上映はない)
3、Amazonでも売ってない。


そういうことなのだ。
いちばん観たいのは私である。
先回そう思って開催したのに走り回っていて観られなかった。
しかもいちばんお金を支払ったのは私である。

ハワイをもっと知りたい。

そういうひとたちは、ぜひぜひクラウドファンディングだと思って
足を運んでほしいのである。入場料を寄付すると
普通では観られない価値ある映画が観られるという
特典が得られるって事なのだ。

budoubatake at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月06日

tit2016








ハロウィンや パンプキンより還付金





budoubatake at 02:46コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月03日

manatsu








過日のことである。
つり銭をまちがえたことに気付いた。
30mダッシュして60円を手渡した。

暑さのせいである。

という言い訳もあと数日だ。



budoubatake at 03:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月25日

20160809-00010022-yrioolym-003-view










いやぁ、リオの錦織圭には興奮した。
「がんばれ!がんばれ!」と息を飲んだものである。

彼は米国の経済紙『フォーブス』によれば“世界のセレブ100人”に
日本人として唯一82位にランクインしているそうで
年収は3350万ドル(約34億円)である。

しかしながら派手な生活をするわけでもなく
13歳で米国にテニス留学したことが今の錦織圭の原点と考え
『盛田財団』の奨学金による恩を次世代のために橋渡ししたいようである。

頑張らなきゃいけないのはあきらかに
「がんばれ!がんばれ!」とテレビに向かっていた
こっちのほうである。

budoubatake at 18:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月24日

13681078_1189465277770871_7748381441801437936_n

























せっかく琵琶湖に行くのならいろいろ下調べをしようと
検索していたら「亀ちゃんの外来魚回収ブログ」なるものを発見。
時候の挨拶や表現に、そこはかとないユーモアのセンスがあり
会ってみたい衝動に駆られる。釣っても釣っても駆除できないのね。
名古屋城の外堀の体長1メートルを超す肉食魚
アリゲーターガーも大問題だが琵琶湖で日々ブラックバスやブルーギルを
回収するご苦労にあたまがさがる思いである。
ちなみに回収する軽トラックの名称は「イナズマ号」だ。

3243

budoubatake at 19:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月22日

1964olympics1









道化者をかって出た安倍総理に感動。
ショートフィルムの躍動感とチョイスに感嘆。
市松模様にド肝を抜かれ、わくわくした。

日本をアピールするすばらしい演出だった。
2020年、現場に居たい!という気持ちにさせるに充分だった。
1964年のオマージュと聞いたが、ほんとうにすばらしい。
感動。



budoubatake at 20:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月20日

image1













『夏の日の恋』そして『恋する夏の日』
さて、どっちが想像力に寄与するのかな。





budoubatake at 00:29コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月15日

54951


















先輩が59歳になるそうだ。FBにて
還暦に向けての決意表明をしてて
それがみょうに私の頬を緩ませていて
同時にハートを熱くしてくれている。

彼はワインの仕入れ先の駄洒落好きなおっさんであり
ある日人づてに聞いて気付いたら
大学のサークルの大先輩だった。
それを知ったのが二、三年前の事である。
もうすでに知り合って30年くらいになるので
いまさら立ち位置を修正できないのである。

ベーシストの彼は今も有名ベーシストのワークショップとかがあると
出かけて行く。その学ぶ姿勢は常々すばらしいなと感心しているのだが
このたび還暦を迎えるにあたって、いままでの音楽人生の
集大成となるアルバム(CD)を自主製作すると宣言しているのだ。

ま、ベーシストの悲しさはベース1本だけでは表現できない事であり
逆に、様々な楽器とコラボできる愉しみも持ち合わせている。だから
彼がどんなゲストとどんな音色を奏でるのか。
だれをチョイスしアレンジの施し方はいかがなのか、と
今から完成がたのしみだ。

さぁて、本当の彼は何がしたかったんだろう。

っつーか今ふと思ったが自主製作のCDって
ハードロック編、AOR編、ジャズ編、ジミ編とかで
15枚組とかだったらビックリするぞ。

ノロ先輩!
たのしみにしてまーーーーーーーっす!

budoubatake at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月14日

2a5935af













コバエが出現した。
やっつけようとした。
敵ながらあっぱれである。
俊敏で捕まえられないのだ。
あまりに機敏な動きなので
やつにコスナーと名付けた。

しかしキビン・コスナーよ。
もうお盆も終わろうとしている。
気温も下がれば生きていられないだろう。
「ふふ、おまえはすでに死んでいる」
そんな捨て台詞をはいてみた私だ。

img_0 (1)





budoubatake at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月08日

bobmarleyonelove




















過日おもしろい出会いがあったので記しておく。
26歳の男の子。
若くして海外で起業している。

あまりに個性的なので生い立ちを
カウンター越しにインタビューしていた。

今の彼を決定付けたのは大学生活の4年間だ。
聞けば100ヵ国以上の留学生がいるそうで
毎日が価値観の相違による激論。
そして協調と共感と違和感なのだそうだ。
私もそんな生活がしてみたかったぞ。
まさに「We are the World」な毎日だね、と言ったら
言わば「Shape the World」ですね、と返答があった。
互いの出っ張った部分を削って削って地球のように丸くなる
そういう考え方なのである。いたく共鳴した。

そんな彼らが学園祭だの飲み会だの、で盛り上がる音楽は
Bob Marleyなのだそうだ。100ヵ国以上の国々において
共通言語になっているのは「Imagine」や「Let it Be」ではなく
「One Love」や「Buffalo Soldier」なのだそうだ。

彼は日本の歴史もとてもよく勉強しており理解が深い。
そりゃいろんな国の人に説明しなきゃいけないわけだから
必死で勉強するわけだ。近代と未来の日本を語り合っていたら
数時間があっという間に過ぎていた。

おなじくらいの年齢なのに、息子にはこんなふうに話せない。
ものの見方考え方を強制しているような気になるからだ。
でもそういう世代ととことん話すのはとても心地良い時間だったのである。
っつーか、よくよく考えてみると国の名前と特徴を100言える人って居るのか?である。

budoubatake at 18:59コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月07日

hulalele8pal











フラレレ8th. おつかれさまでした!
すばらしかった!
みんなの笑顔も素晴らしかったが
今回特筆すべきは、この手弁当のイベントが
回を重ね、みんながみんな自分の立場と役割を
ちゃんと自覚している「おとなのイベント」だからこそ
少数精鋭のスタッフで、しかもそのスタッフすら
走り回ることもなくアセった表情もなく
すべてが円滑に動いていた
そのすばらしさを強調したい。

8回を重ねるというのはこういうことなのか、と
代表吉田氏の手腕に舌を巻いたのであり
彼を中心としたファミリーなのだなと実感した。
類は朋を呼び、8年付き合える人間関係が礎だ。
しかも、それが500人を超えるのだからすごい。

1年生になったらともだち100人できるかな、などと
歌っていたのは遠い昔だが、8年生になって出演者だけで
500強の人、その全員が自分のイベントと思い行動しているのは
どう考えてもこのイベント以外に考えられない。
そこがすばらしいのである。

hulalele8palaka











Palaka Ishihara BANDは前回、フラとウクレレのイベントなのに
フラもウクレレも無いのにもかかわらず出演させていただき
あまりに恐縮だったので、今回はフラのバックを二曲と
みんなで踊れる曲を用意して万全の態勢だったが
巻き込みに時間がかかり過ぎてタイムオーバーしたらしく
またまた反省である。ごめんちゃい。

hulalele8p











そして、今回はみなさまから「おおしまさんってミュージシャンだったのね」と
多くの方からお声をかけて頂いたが、いえいえ、たまたま
ちょびっとベース弾ける程度で晴れの舞台に上げていただき
まことに恐縮だったのであるが、天使の歌声、歌声の天使
IZUMIちゃんとも2回目なのであり、オーディエンスからは
今回のほうが良かった!と賛辞を頂戴し感涙であるが
いくつもミストーンを出したのはひみつである。

13939502_1171844266191013_3640677271554930169_n










hulalele8











みんな、たくさんの写真をありがとう!
ことりさん、エディさん、後藤さんの写真しか
確認していないのでこれだけアップするけど
あとは老後の楽しみと遺影に使うかもしれないので
よろしくである。

13882175_1171843199524453_447279708723361051_n












スタッフのみなさま、吉田さんおつかれさまです。
参加者の皆様、ありがとう!
BBQや飲み物、デザートなどなど差し入れてくれたみなさん
ビッグ・マハロ!
感謝!感謝!!感謝!!!です。
また来年!
小枡でお会いしましょう。
Huleleleが最高さ!




budoubatake at 23:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月30日

ダウンロード (4)
















IZUMIちゃんのライブが終わって、翌日
ブログを書き終えた頃、のどに違和感を覚えた。
翌日はがっつりと腫れ上がってしまい、熱も出た。
真夏のくせにアロハの中にTシャツを着て
それでも寒いのでブランケットにくるまっていた。
察するに、知恵熱なのである。
ふだん使わない脳を使ったのでオーバーヒートしてしまったのだ。
我ながらさすがであり、情けなさナンバーワンである。

ロッドの最近はカヴァーばかりなのだが
それはそれで聴きごたえ充分である。



budoubatake at 03:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月28日

105_4956
















ふと思った。
20代なかばで牛丼の食べ方を知ったのだが
当時の価格ってどれくらいだったのだろう。

1985年(昭和60年)で370円だそうだ。

おいおい、である。
今の価格、調べてみると30年も経過して
10円しかUPしてないじゃないか!
ゴルバチョフ、レーガン、中曽根の時代だぞ。
大昔である。

初めて吉野家の牛丼を食べた時
まったくなんの魅力もなかった。
ところが1985年ごろだ友人のひとりが
どうしても牛丼を食べたいというので付き合ったら
紅ショウガを真っ赤になるほどぶっかけて
ふりかけ(七味?一味?)をどっさり。
でもってなま卵。
なーんだ、そうやって食べるんだ。
まねをしたらハマってしまった。
今も年に一度は食べたくなる。

ウイングスがそんな(?)1985年を歌ったのは1973年だ。



P93_00581_L1-2_big

budoubatake at 21:52コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月18日

13817221_1101080236640051_639539013_n












あずきバーは永遠です。
ハーゲンダッツのクリスピーサンドは
アイス最中をいとも軽く凌駕した。
最中にチョコを入れた発想は素晴らしかったが
甘さが強すぎてちょっとね、なのだ。
「おとなのチョコ最中」をつくったら
絶対売れるのにな。
そう考える人は多い。
のかな?


budoubatake at 01:57コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月17日

10291725_5450a47108964













月のきれいな夜に聴きたい音楽。
みんなそれぞれあるのだと思うけれど
夏のこんな夜風の心地良い夜に聴きたい曲は
ビーチボーイズの「Do you wanna Dance」なのだ。

「月明かりの下 踊らない?僕のベイビーになってくれよ」
そんな単純な歌詞が良いのである。





budoubatake at 01:15コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月16日

ar22073
















この情報は貴重なので自分用にメモ。
ただし、そんな細かい作業が
自分にできるのかが
おおいなる疑問である。

「レコード傷修復の技」
http://myfreebook.blog.jp/archives/1019367492.html

budoubatake at 00:10コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月13日

c6ad41ee










「譲位」問題である。
ニュースもワイドショーもたいせつな言葉を言わない。
それは「国益」である。
諸外国とのお付き合いの中で
いつでもどこでも駆け付けられる機動性が
ご自分には欠乏しているとお感じなのではないのか。
日本の中では「象徴」でも
世界からは「国家元首」なのである。
なにしろ日本という国は世界最古の国家であり
その歴史は皇紀と呼び西暦2016年は皇紀2676年を数える。
世界の元首からは憧れの元首なのだ。
国家元首が外交できないことは国益を損なう、と
陛下はお考えなのではないのか。

マスコミも教育も「国益」という言葉を使うことに
アレルギーがあるのだろうか。
おかしなことである。

国民がしあわせでありますように。
すべてはうまくいきますように。
毎日祈っているのが神社の宮司であり
日本中のすべての神社の総本家が天皇陛下である。
つまり日本の宮司なのである。
(乱暴ですまん)

「生前退位」で問題になるのは
権力争いであろう。
しかし、今、憲法で言えば「象徴」である。
権力は、ない。
継承権も順位が明確であるからして
譲位なのである。
だとすれば、だ。

いまこそ「国民投票」なのではないのか。
法律を作ったり変えたり解釈を拡げたり
そんなことではなく、天皇陛下の思いに
賛同するか否かで即座に決めてしまえば良い。
それも「国益」であり陛下もご安心なのである。

浩宮様もすでに56歳である。
皇太弟となろう秋篠宮文仁親王も50歳。
陛下のために急がなくてはいけない。
82歳。
いちにちもはやく安心させてあげたいものである。

世界のために譲位を!とスリードッグナイトも歌っている。



budoubatake at 02:26コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月11日

001

















ハブ酒である。
沖縄産。南都酒造所。
泡盛に13種のハーブとハブを漬け込んでつくるそうだ。
(ウイキョウ、チンビ、ケイヒ、鬱金、人参、リョウガニク
  丁字、カンゾウ、クコシ、カショウ、ゴカヒ、タイゾウ)
養命酒のように滋養強壮として飲むそうだが
食前酒としてハイボールならぬハブボールとして
つまり炭酸水で割って飲むと、だ。
肝機能が活性化して翌朝が楽なのだそうだが
過ぎたるは及ばざるがごとしなので気を付けたいものである。
ハイボールよりもスッキリしていてうまみもあるので
ついつい飲み過ぎてしまう。

BGMにはこいつがいい。
ハブ酒を飲んだことはあるかい。



budoubatake at 23:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月05日

images (3)








青山繁晴、私は大好きだ。
自民にも鋭い爪を立てていたのに
参院選に立候補するとは
まさに青天の霹靂である。

応援したい気もするが、このひとの
スタンスが変わってしまったら嫌だしな。

この選挙演説を聴いたら応援したくなった。
「青山繁晴って名前は覚えにくいから平仮名にしましょう」
そう言われて彼は激怒したそうだ。
「親からもらった名前を、親が考えに考えた名前を
 選挙ごときで変えられるか!」と。

こういう気骨のある人間にこそ日本を良い方向に導いて欲しい。
政党だとかにとらわれず、主張のできる人。
拉致被害者にずっとこだわってるひと。
とことん掘り下げる人。
天皇陛下を尊敬してる人。



budoubatake at 02:56コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月04日

B













選挙が近づくたびに、げんなりするのだ。
そう。
facebookだ。

応援したい気持ちはわかる。
しかし。

なにごとも、過ぎたるは及ばざるが如しである。
適度にね。

budoubatake at 01:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月03日

yuji

















愛逢月である。
藤沢からYuji、大阪から梅田くん、そして
西区から中島くんとプルちゃん。
後半には健介まで加わってくれた。

はなしは尽きない。

いいなぁ、なかまって。
クラスメートに久しぶりに会う感覚。
梅田君は初めてなのにいつの間にかクラスメートだ。

出会いに感謝。

budoubatake at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月29日

images (3)








過日、こんなやりとりがあった。

客:「フジロックに政治を持ち込むなとか論争がありますね」
お:「ミュージシャンにもそれぞれ主義主張はあるでしょ。
  表現するとか発信するって、そもそもそこが根っこだし
  彼がミュージシャンなのかどうかは知らんけど」
客:「おおしまさん、ロックを定義するのならなんですか」
お:「反体制でしょ。っつーか現状打破。このままじゃいけない
  なにか俺にもできるんじゃないかって熱い気持ちじゃないかな
  それを音として発信するのがロックでしょ」
客:「だとすれば、ですよ。安保法制に反対している人たち。つまり
  憲法を守れ!憲法違反じゃないか!憲法には
  指一本触れさせないぞ!って言ってる人たちと比べて
  憲法改正を唱える自民党、安倍総理たちのほうが
  反体制なわけでじつにロックな生き方なわけですよ。
  現状打破であり未来志向なわけだから。
  そのままがいい人たちにロックは語れないんじゃないですかね」
お:「あはは!言い得て妙だね。体制側が反体制」

budoubatake at 17:10コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月21日

001












数字を見ると語呂合わせをしてしまう癖は
いまだに抜けない受験戦争の残骸である。
786を「悩む」と読んでしまう悲しい性だ。

budoubatake at 19:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月20日

13435476_1082137128518040_1382064187730880769_n









真夏といえばフラレレである。
気付けばまだ8回目なのだな。
ものごころついた頃からあったような気もするが
どうやらそういうことらしいぞ。

タイトルそのままに、フラとウクレレの真夏の祭典だ。
出演者だけでも500名を超えるからすさまじい。

さて、私は今年も出演するのであり、ぜひ遊びに来てほしい。

海はいいよ。
ほんとうに良い。
みんながみんな自分らしくその場を愉しんだら良い。
そういう自由な雰囲気がうれしいイベントなのだ。

今年はフライヤーに大雑把ではあるが
タイムスケジュールも書かれてるので
Palaka Ishihara BANDは要チェックだ。
たぶん試験に出るので蛍光ペンでチェックが必要と思われる。
鳴り物持参大歓迎!



    = 記 =

  「HulaLele 8th」
日時:8月6日(土)10:00〜19:30
場所:小枡緑地
   愛知県知多郡南知多町内海小桝139
料金:入場無料
持ち物:海パン、おべんとう(飲食ブース利用なら必要なし。BBQセットでも可)
    おやつ(バナナはお弁当の一部とみなします)。
    打ち上げに参加する人はお風呂でさっぱりするための着替えとタオル。
    ムスダンの持ち込みは禁止だが、シルクの中国服OK!

https://www.facebook.com/events/636413349845073/

budoubatake at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月17日

100828

















6月の異称で好きなのは「風待月」であり
好きな季語は「紫陽花」である。

はじめて行った海外はインドネシア、Bali島で、二週間居た。
バイクでどこまで行っても山の中にも椰子の木があるのには
ほんとうに驚いた。棚田のうつくしさに目を奪われ
ビーチに沈む夕陽はこの世のものとは思えず
月と星の輝きにまじって薫るクローブの匂い。
ゆったりした時の流れにカルチャーショックを受けたものである。

サーフボードを積んでいたので成田空港からの帰り道に
湘南に立ち寄ってみたのだが、その道すがら
紫陽花の美しさに呆然としたのである。

「日本って綺麗」

こころからそう思った。
だからずいぶん前の事なのに6月だって覚えてる。
あんなに、美しいBaliから帰りたくなかったのに
今まで気付かなかった日本のうつくしさを認識できたのだ。

「風待月」なんだよね。
なんていう洒落たネーミング。
先人たちはすごいね。
そうそう、7月の異称で好きなのは「愛逢月」
ロマンチックなのである。



budoubatake at 19:53コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月16日

IMG_3519-450x284












これは試してみたいのでメモ。
http://macrobiotic-daisuki.jp/niradare-tsukurikata-17487.html
【材料】
・ニラ 1束
・生姜 1片
・鷹の爪 1本
・ごま油 適量
・醤油2:お酢:1:みりん1 =全量で1/2カップ

budoubatake at 19:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月12日

Image023

















パソコンとはパーソナルなコンピューターなのであるが
過日ぶっ壊れて新しくなったばかりってのもあるが
カラダに馴染んでいなくて扱いがかなり困難である。
にっちもさっちもどうにもブルドッグとしか言いようがないのだ。
いちにちも早くパーソナルになって欲しいものである。

budoubatake at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月10日

1401x788-85108779









『雨を感じる人もいれば、ただ濡れる人もいる』Bob Marley

やたら見かけるのだが、どこからの出展なんだろう。
何年のいつ頃、どんなシチュエーションで話されたのかが
わからないから気持ちが悪いぞ。
前後関係が分からないで一部だけ取り上げられてもね。
知ってる人は教えてください!である。

ボブをそうして見かけても、聴く気になれない日もあるのは
焼肉とどこか似ているなと思うのである。

氣が萎え過ぎている時に、おおいにエネルギーのあるものは
カラダに良くないのであり、消耗し切っている時に
焼肉食いてぇ!とはなかなか思えず
ちょっと疲れたな、とかもっと元気になりたい時
ボブや焼肉は最も有効なのである。

『肉を感じる人もいれば、ただ満腹の人もいる』おおしまくん

b0061413_2511181

budoubatake at 23:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月09日

13394180_639674496189842_5374837701177296657_n
















いやはや、諸行無常である。
世界のパソコンメーカーにお伝えしたい。
「そろそろ限界ですよ」と寸前で良いから告知して欲しいぞ。
突然死は、あとからいろいろ面倒が多いのである。
ああ無情・・・

budoubatake at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月08日

711
















200円以下でこのクオリティかよ。
とんでもない事だ。

budoubatake at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月01日

the-beatles-help-button-b4790
















「しつけ」で2度置き去り。
そんな言われ方をしている親。
彼こそが今、いちばん生きた心地がしていないはずだし
心臓が爆発しそうに心配しているはずなのに
どうして「しつけと称して虐待」的な報道をするのだろう。
かわいそうでならないのである。
カメラやマイクを向ける神経を疑う。

やまと君。
どっかのおばあちゃんとかにお世話になってて
でも電話とか訪ねてくる人もいなくて
警察に連絡もできない状態で。
でもあったかいごはんパクパク食べてて
元気に帰ってくると良いね。

budoubatake at 02:44コメント(2)トラックバック(0) 

2016年05月20日

image1












木洩れ陽が心地良い季節である。




budoubatake at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月16日

003

















店の前に植えた額紫陽花が沖縄の梅雨入りとともに
咲き始めて驚いている。かわいいな。
あじさいの葉も大好きで力強い緑色が元気をくれる。

あじさいが咲き始めると、そろそろホタルだななどと連想する。
もうそろそろ外堀の本町橋のあたりでヒメボタルが観賞できるのだ。
こんな街の中のささやかな季節感。

budoubatake at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月15日

images (8)








いつもの神社である。
まずは手水舎。
するとその近くに居たご婦人が「怖い!」
なにごとかと近付くとちっちゃな蛇が這っていた。
「おお、縁起が良いじゃないですか!」
写真を撮ろうとすると樹の穴にスルスルと入ってしまった。
とっても可愛らしかったぞ。
良い事ありそうな予感である。ふふふ。

budoubatake at 21:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月12日

Image0261










五月病である。
昼間は心地良い空気。半袖。
新緑が目にまぶしい。
陽が沈むとサラっとヒヤっと風がそよぐ。

まるでハワイに居るみたいじゃないか。

ハワイじゃなくっても良いけれど
どこか遠くの空を眺めたくなる。



budoubatake at 20:37コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月11日

521455_10150899163624653_328919879652_9612139_1408908814_n










目が覚めた瞬間に、どうしてかわからないが
「今日も目を覚ます事ができた。ありがとうございます」
そんな気持ちになったのである。
起きた瞬間、脳みそにスイッチが入るか入らないかの段階で、だ。

毎日誰かの誕生日であるとともに命日でもある。

50も過ぎると、っつーか過ぎる事ができると
自力で生きているんじゃない事に気付く。
じつは、肉体は自分の所有物ではないのだ。

こんな私にも真新しいいちにちを与えてくれた。
またひとつ進化する時間を頂戴できた事は
ほんとうに有り難い。
こんな私なのに。と思うのだ。
ありがたい。

budoubatake at 20:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月10日

13181104_1060033310744744_1588591395_n












FBってみんな美味しそうなもの食べてるんだよな。
今日は唾液がほとばしった写真のイメージをだいじに想像で
つくってみたけれど完成図がまったく違ってショックなのである。
↓ がお手本。器も大事だな。

13164318_1052465464828965_4676794903869272344_n

budoubatake at 01:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月08日

002













足をお運びいただいたみなさま
ありがとうございました。
トークライブってのは、まさしくライブで
毎回毎回オーディエンスによって
レスポンスが違うのでおもしろいのです。

是非またの機会もお越し下さいね。
また新しい発見があると思います。
すくなくとも私は毎回感動しています。

炎天下での長時間のイベントの後にもかかわらず
UMAHANAさん、ありがとうございました!

budoubatake at 23:39コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月07日

13151754_979518348811222_5473201998918587003_n

















MUガーデンテラスである。
とどのつまり名城大学(Meijo University)の学食である。
私の使っていた1号館の学食はまるでアルカトラズのようであり
「ショーシャンク」を観るたびに懐かしく思ったものであるが
そんな30年以上前の学食とはうってかわって、そうとうに
おしゃれなカフェ空間である。天井は高く外壁一面ガラス張り。
陽が燦々と降りそそぐ快適空間だった。

さて、本題である。

なんのために行ったかといえばステーキ定食である。(うそ)
『Go for Broke! 〜ハワイ日系二世の記憶
    〜Memories of Hawai'i Japanese "Niseis"』
の上映会の打ち合わせである。

そう。
名古屋では3回目となる上映会である。

とうとう名城大学まで巻き込んだのである。
スペシャル企画も用意しているのでぜひぜひ
日程をロックしていただきたい。Rock'n'Rollしていただきたい。

10月2日日曜日。
詳細は追って発表していくのでFBをチェックして欲しいぞ。
Go for Broke! 〜ハワイ日系二世の記憶   〜Memories of Hawai'i Japanese "Niseis" 名古屋上映会

budoubatake at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月06日

701_1












南知多を3時間ほどドライブした。
先輩の自慢の100坪の豪邸も拝見し
その裏山、軽トラックしか通らないような道も
景観をたのしみながら、南知多最高である。

ひさしぶりに嗅ぐ土の匂い。
湿った緑の匂い。
いそがしく動き回るダンゴ虫。

生き返った。

田んぼに佇むシラサギもまるで警戒心がなく
至近距離で見られた。美しい。感動である。
おいしい甘夏蜜柑までお土産に頂き恐縮しまくる。

帰り際に内海のお気に入りのお店に立ち寄ると
ランチ時には遅いにもかかわらず食事させてくれた。
気の良い大将である。

「深海定食」という何が出てくるかわからないものを
あえてオーダーして、できあがるまでの
わくわくする時間に大将と語りながら
窓の向こうの海を眺める。
とても贅沢な時間である。

「あ、すみません。ごはんはたっぷり大盛で!」と言ったら
「はい。日本昔話」と茶碗の二倍以上のライスが出てきて
爆笑であり、超満腹である。しあわせだ。
8月6日の再会を約束して店をあとにした。

高速道路は使うものの、たった1時間ほどの距離なのに
中区丸の内に来たら、げんなりしてしまった。
「コンクリートとアスファルトばかりじゃないか・・・・」

ちょいと田舎暮らしがしてみたい年頃である。

budoubatake at 21:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月05日

alanikato

















栄ミナミ音楽祭。
5月8日(日)のフラリエ会場にて
Palaka Ishihara Band!
スラッキーギターのレジェンド!
山内アラニ雄喜さんとともに
あばうと14:00に登場します!
入場無料だからね!
会いに来てアイニージュー。

名古屋が好きだがね♪
いっしょにうたおう!

budoubatake at 02:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月04日

00858_large























朝、目が覚めたら
もう眠れなかった。

1冊の本が目に入りパラパラめくった。
読了していないどころか
20ページくらいで頓挫している。
ところが、だ。

チベットの「死者の書」によれば人は死んで
たった49日で転生するのだと書いてある。

まじか。

とすると、だジョンの魂はもう輪廻して成人になってひさしく
ジョージの魂ももうジョンと出会った頃の生意気なギター少年くらいに
成長しているかも知れない。

どこにいるんだろう。

朝からそんなファンタジーに包まれた。


budoubatake at 13:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月03日

images (7)









ギターパンダさんを知ってからってもの
なおさら清志郎のすばらしさがわかるんだ。
不思議。









budoubatake at 12:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月02日

tdsgk637-img600x450-1399126791x3uria18157












憲法記念日は1948年に制定された。日本国憲法は
占領下1947年5月3日に施行され当用漢字以前の旧字体。
日本が独立を回復する1952年4月28日になっても
改正されることはなかった。
それは今もなお続いている。

賛否両論あるのはしかたない。
おおいに考えるきっかけとしたいものである。

でも私の世代は「けんぽう」といえばまず思い浮かべるのは
少林寺拳法でありブルース・リーなのであり『燃えよ!ドラゴン』なのである。

映画が上映された頃すでにブルースは他界しており、はたまたビートルズを
知った時にもとうに解散しておりおいてけぼりを食った世代である。

今もテレビで効果音で『燃えよ!ドラゴン』が使われたりすると
ドキドキしてしまう世代だ。鏡の迷路が東山動物園にあるよと聞いて
映画のようなスリルを期待して行ったのだが、一秒も迷う事もなく
錯覚に陥る事もなく、とてもガッカリしたのを覚えている。



budoubatake at 23:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月30日

1261415131508















ダメなのである。
丁寧語すら話せない日本人をおなじ日本人とは思えないのだ。

100歩譲って謙譲語、尊敬語、丁寧語の区別がつかなくても良い。
敬語を話せない、いや、話そうとしない日本人とは、ハナから
価値感を共有できる気がしないのだ。

年上を敬うとかそういう道徳的な最低限の
法律にするべきではない一般常識の底辺の底辺から
理解できない人。わかっていたとしても行動できない人は
理解していないのと同じなのであり日本人として生きる事を
拒否しているように見えるのである。

外人ならがんばって乗り越えようと努力するが
初対面からタメ口、あきらかに年上に対してタメ口のひとには
「おまえはローラか」と言いたいが、間違って誉め言葉に
聞こえる可能性があるので絶対に言えないのである。

budoubatake at 01:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月28日

001












大根をいただいた。
うれしい。
しかも芸術的なフォルム。
きざむのはもったいないので
このまま使いたいなと思ったが
彫刻刀を持っていない事に気付いた。

budoubatake at 23:19コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月27日

Spamkyabetu












ホ・オポノポノでいうところの「クリーニング」って
解せないことばだったのだが、或る日理解した。

話題のラー麺屋さんがあったとする。
行ってみる。
へぇ?こんなのがみんなおいしいんだ。と
自分の中では落第点だったら、もう行かないだろう。
でもしばらく経っても元気に営業中だ。
あの日はたまたまアルバイトさんが作ったのかな、とか
たまたま自分のコンディションがその味覚と合わなかったのかと
まずは一旦、過日の記憶を消して(cleaning)みる。
無かったことにはできないが敢えてそう考えて
ふたたび足を運んでみる。
それで同じ印象だったとしても確認のため3回目を経験してみる。

それは友人関係、人間関係においても同じで
あいつとは意見が合わない、と遠ざけても
違うジャンルやプロジェクトにおいては
すばらしい相性だったりするかも知れない。
或る日怒り心頭になろうとも、冷静になったら
お互いさまかもな、と
もういちど接触してみると世界は広がる。

たったいちどで判断するのはもったいのない事なのだ。
自分だってたくさんの過ちを繰り返しながら生きてるんだもん。

budoubatake at 03:45コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月25日

92ad0ab7













テレビを見ていたら名は知らないが、プロのダンサーが
高校生の学校での部活なのかダンスチームに指導していた。

私から見たら指導する余地もないほどにじょうずだったが
さすがにプロは違うな。的確なことばで、さらに上達させていた。

上手に踊る事と上手に踊らせる事は違う。
自分のできる事を「言語化できる才能」は観ていて
とっても勉強になったのである。

もうひとつ思ったのだが『天才たけしの元気が出るテレビ』の
ダンス甲子園の頃からくらべても基本的なステップとかは
じつは、あまり変わっていないんだな。
もちろん上手に踊る人たちの絶対数は
今やぜんぜん違うけれど。

budoubatake at 23:39コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ