ワインを美味しくする音楽

2019年07月07日

smhqa0052

















安部俊幸にひたる日。
もう、5年。
このアルバム。
大好き。

budoubatake at 22:48コメント(0) 

2019年06月30日

gp20190630














大阪ギターパンダは最高!でした。

budoubatake at 23:32コメント(0) 

2019年06月29日

71nHvxn7jRL._SS500_

















お月様に逢えない日がつづくと
気が滅入るね。



窓に君の影が ゆれるのが見えたから
僕は口笛に いつもの歌を吹く

綺麗な月だよ 出ておいでよ
今夜も二人で 歩かないか

窓を開けて君の ためらうような声が
僕の名を呼んで 何かささやいてる

綺麗な月だよ 出ておいでよ
今夜も二人で 歩かないか





budoubatake at 19:16コメント(0) 

2019年06月25日

2L-00546
















あまりに聴きすぎて聴かなくなったCDって
わりとあったりするのだが『Hotel California』も
その一枚だ。ま、聴きすぎるほど聴いたのは
カセットテープだったけどな。

ある日突然『New Kid in Town』を聴かなきゃ死んじゃう!
という日が訪れてCDで購入したのだが
イーグルスを聴きたい日ってのは、すなわち
『The Long Run』を聴きたい日であって
そのいちまいで完結してしまう。
『Hotel California』に到達する日は皆無だったのだ。

本日、突然『Pretty Maids All in a Row』から
『Try and Love Again』を聴きたくなって
最初から聴いたら、これがなかなか良くって
只今3回り目である。

budoubatake at 19:14コメント(0) 

2019年06月19日

41JpEzVlo6L._SY355_
















むかしむかしの話だが、高校生3年生の女の子
当時わたしの働いてたお店にアルバイトさんがいた。
卒業間近で、仕事を終え、明るい笑顔で
「今から彼とドライブに行ってきます!」と
帰って行ったのだが、高速道路で事故をして
運悪く出火し、彼女は亡くなった。
ドライバーの彼は大丈夫だったそうだ。
葬儀の日、なぜかわからないけど、ご両親の顔を見たら
「すみません」と口から出てしまった。
きっと意味はわからなかったろう。
私は彼女が亡くなる数時間前に会っていたわけで
高校生なのに深夜のドライブに行かせてしまった事
なんか引っかかっていたのだろう。

帰り道、クルマを運転しながら思ったのだ。
世界はまるで変ってしまったのに
目の前の景色はまったくいつもどおりではないか。

なんでなんだ?
あたりまえなのだが、すごく違和感があった。

清志郎のこの歌を聴くたびに彼女を思い出すのだ。




budoubatake at 21:32コメント(0) 

2019年06月16日

kamalos













カマカニ・オ・ハワイvsロスト&ファウンド
2年ぶりに開催される二組のライブに
今回は、山内アラニ雄喜、KaMokuさん、かずちんなど
多彩なゲストが駆け付けてうりゃうりゃなライブになった。
すばらしかった。
二組とも成長していた。
継続は力なり、である。

良いなぁ、バンドやりたいな。
なんて気持ちにさせてもらったぞ。
感謝。
合掌。

kamakan



budoubatake at 18:46コメント(0) 

2019年06月15日

kin

















「金武功、沖縄を唄う」はすばらしかった!
ほんとうに良いライブだった。

ニューアルバムを作って欲しいな。
曲もタップリあるようだから。

突然やってくれた『なごり雪』が素晴らしくて
今まで素通りしてた音楽に
ホロっと涙がこぼれた。

またかならず名古屋に呼びたい。
来てくれた方々には心から感謝。
金ちゃんひろえちゃん
すばらしい時間をありがとう。



budoubatake at 18:26コメント(0) 

2019年06月12日

516405838_pic1_full











『ふぞろいの林檎たち』に使われてた頃から
『ステレオ太陽族』までの限定でSASが好きだ。
このビデオ、いつまで見られるかわかんないけど
なつかしい匂いが画面いっぱいに拡がる。
桑田君もエネルギーが満ち満ちている。
今のSASはプロ野球だけど、この頃は
高校野球だったんだよね。
いつ終わってもおかしくない環境。
だからその日できる精一杯を注いでいたんだよ。

余談だが、やっぱギターは大森君がSASだ。




budoubatake at 02:23コメント(0) 

2019年06月11日

msdj01

















ビートルズの『Let it Be』を聴いていたら
ジョージの『I Me Mine』で遠い昔を思い出した。

高校生の頃、川島なお美が大好きで
鶴光のオールナイトニッポンが
毎週の欠かせないスケジュール。
3時ごろからの、なお美ちゃんのコーナーは
翌日サッカーの試合がある日ですら
頑張って聞いたものであり
当然若くても走れなかった。

そう。
『I Me Mine』は「なお美マイン」と聴こえてしまい
なんとなく自分の曲のような気がしていたのだ。
若いってステキだぜ。



budoubatake at 18:53コメント(0) 

2019年06月04日

iiyudana_cd01

















レバノンと聞くと♪あ〜ビバノンノン、と
合いの手をしたくなるのは私だけだろうか。

budoubatake at 13:58コメント(0) 

2019年06月02日

UPCY-40023_DNQ_extralarge
















FBに見覚えのある人が出てきた。
フォローして数ヶ月さかのぼってみた。
けっこうな頻度でアップしている。
時折、過激だ。
すごいな。
1951年生まれ。

身のまわりに居たとしても
ともだちには成れないけど、興味が湧く
そんな彼女だ。

この曲を絶賛していた。



budoubatake at 19:58コメント(0) 

2019年06月01日

o0640043213938583571












水無月である。
でも、6月の異称で
いちばん好きなのは風待月だ。

旧暦のことばなので今年の西暦でいうと
7月3日〜7月31日にあたるのだそうで
本来なら、梅雨の真っ盛り。
湿度の高さに風が、心地良かったのだろう。

ついでに言えば旧暦の5月は、今年で云うと
6月3日から7月2日となり
五月雨ってのは、これからの雨を言うのである。

風待ちといえば風街だろう。
はっぴいえんどだな。



budoubatake at 00:15コメント(0) 

2019年05月23日

GUITARP

















ギターパンダこと山川のりをさんの
ニューアルバム『パンダ流サンセット』
相変わらず、ニヤっとさせたり
ホロっとさせたり、考えさせてくれたり。
一見単純そうでも、しっかり
考えに考えて作ってある丁寧さは
ずっと変わらない。
大好きだ。

本日のライブも、いっさい手抜きなし。最高!


gpnoriwo20190523

budoubatake at 23:20コメント(0) 

2019年05月20日

band-on-the-run-lp
















今まで素通りしていた曲が、突然
魅力的な光を放ち、ぐっと虜にされてしまう。
音楽好きならだれもが体験する事だ。
『バンド・オン・ザ・ラン』が聴きたくなって
リピート再生で5廻りほど聴いたのだが
昨夜から『Mamunia』が心地良くてしかたないのだ。
この曲がいちばん響くし、何をしてても耳がいってしまう。

リンダの歌声のせいだろうか。

リンダは1991年、56歳という若さで亡くなった。
乳癌だった。ポールは母親メアリーもおなじ乳癌で
14歳の時に亡くしている。47歳だった。

私にとってもリンダは理想の女性だ。
美的センスもあり物事に動じない
確固とした自分を持ちながらも柔軟だ。
スマートでありユーモアもある。
ポールがレゲエを好きなのはリンダの影響だ。

ウイングスの魅力のひとつはやはり
リンダのコーラスだ。
なにが、と問われれば答えに窮すのだが
彼女の声とポールの創るサウンドは
やはり渾然一体であり、彼女の声なしでは
ウイングスは成立しないのである。

『マムーニア』ってのは「安全な避難所」を意味するが
このアルバムの為滞在したナイジェリアのホテルの名前だ。
そこからインスパイアされて、こんなすてきな曲になった。
当時のポールにとってのリンダは、最も安全な
避難場所だったのではないのかな。




budoubatake at 19:07コメント(5) 

2019年05月18日

535e63006efce9df8c89bd90a0950c81











毎日、カラダがダルくないですか?
っつーかめちゃめちゃ重くないですか?
どっこも悪いところはないのに・・・・

「寒暖の差が激しいからじゃない?」
とか言われるのだが、そんなヤワに育てたつもりはない。
気候ごときに負けるなんて情けないではないか。

「五月病じゃない?」と言われると
とうとう俺にもそんな日が来たのか?と
ちょっぴりドッキリしたりする。
そんなお年頃である。

もう、1週間ほどそんな日が続いている。
しっかり日光にあたってみたり
ニンニクを摂取してみたり
インスタントラーメンを食べてみたり
いろいろ試したが効果がない。

[BSプレミアム]
2019年5月19日(日) 午前1:35〜午前5:50(255分)
『今夜は朝まで忌野清志郎』


これが効くかも知れない。

budoubatake at 18:57コメント(0) 

2019年05月14日

skey20190528










お待たせしました!第23回を数えます。
超豪華!スラッキーカルテットですぞ!
スラッキーの合奏はほんとうにすごいっす。
ふるってご参加くださいね。

  = 記 =
Palaka&Hawaii Lovers Gathering Vol.23
〜第23回 パラカとハワイを愛する者の集い〜

日時:5月26日(日)Open: 18:00
          Start: 19:00〜
料金: 3000yen (別途飲食)
予約:052-961-4210
出演:山内アラニ雄喜
   KaMoku Takahashi
   Da kine Tulu
   Slack Key Chacha

♪パラカをお持ちの方は身につけてお越しください。

budoubatake at 21:18コメント(0) 

2019年05月13日

GP&GI














  = 記 =
 ギターパンダ ゴトウイズミ
日時:5月23日(木)Open18:00、19:00〜
料金:3000円、当日3500円
場所:葡萄畑ハノハノ

budoubatake at 21:07コメント(0) 

2019年05月12日

kyouumi

















沖縄出身のシンガーソングライター。
こころに響くんです。

「黄金の花」「島々清しゃ」など
耳に覚えのある曲もたっぷりと!
せつない「十九の春」は必聴ですぞ。
三線ではなくアコギでの弾き語りも斬新。

CD『郷海』に昨年出会い2018年の
私のいちばんのヘビーローテーションでした。
間違いないから。
ぜひぜひ足をお運びください。

 = 記 =
 金武 功 沖縄を唄う
日時:6月14日(金)開場18:30、開演:19:30〜
料金:3000円(飲食別途)
予約:052-961-4210
https://www.facebook.com/events/1027714574097172/

budoubatake at 20:18コメント(0) 

2019年05月11日

Kazamatmono

















💠A-Z MARS ROOM 2019 in 名古屋 2Days 決定!💠

風祭 東 弾き語りライブ 『A-Z MARS ROOM 2019 in 名古屋 2Days』
(令和 最初の愛と平和の種蒔き)

東京、大阪の次は、名古屋 2Days決定!
一年ぶりの名古屋、今回も二日間お届け。
初日、7月13日(土)はビートルズ研究家
藤本国彦さんをお招きして『Beatlemaniac Night』
と題してトーク&ライブ 。藤本さんと風祭 東よる
初のコラボイベント第一弾。藤本さんの深い話
レアな話に引き込まれますよ。
そしてビートルズ曲中心に僕が弾き語る
ビートルマニアックナイト是非お楽しみに。
そして2日目14日(日)はウクレレプレイヤーで
シンガーソングライター、名古屋のソウルブラザー
ジューク・オカヨシさんをお迎えして
『Azumaniac Night』と題し名古屋『あづまにあ』
の皆さんへ今年もありったけの愛を込め
とことん弾いて、歌って、語り倒したいと思います。

東の部屋こと『A-Z MARS ROOM』
(令和 最初の愛と平和の種蒔き)新たに生まれ変わった
「歌う令和の花咲か爺」初の名古屋ライブでもあります。
今回もセットに趣向を凝らしアットホームに皆さんをおもてなし。
AZUMAX フルパワー全開でビートリーで、サイケデリックで
スペイシーで、フラワーで、Love & Peace な「風祭 東の世界」
メッセージを音と歌に乗せ心込めてみなさんにお届け致します。
是非、2日続けて東の部屋へ遊びにきてね♪( ´θ`)ノ🌻

☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮

【公演日】2019年7月13日(土)

【公演名】風祭 東 弾き語りライブ
『A-Z MARS ROOM 2019 in 名古屋 2Days』
(令和 最初の愛と平和の種蒔き)

1Day : Beatlemaniac Night

【会場】葡萄畑ハノハノ
https://hanohanoaloha.jimdo.com/
名古屋市中区丸の内3-21-32
地下鉄桜通り線、久屋大通駅1番出口or2B出口徒歩2分

【出演】風祭東
【ゲスト】ビートルズ研究家 藤本国彦
※ 2部構成によるトーク&ライブ

【時間】18:00 開場 / 19:00 開演

【料金】前売¥3,500/当日¥4,000
(税込・別途、食事、ドリンク代)

ご予約・お問い合わせ
info@akashicrecords.co.jp

AkashicRecords Co.Ltd
アカシックレコード株式会社

☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮

【公演日】2019年7月14日(日)

【公演名】風祭 東 弾き語りライブ
『A-Z MARS ROOM 2019 in 名古屋 2Days』
(令和 最初の愛と平和の種蒔き)

2Day : Azumaniac Night

【会場】葡萄畑ハノハノ
https://hanohanoaloha.jimdo.com/
名古屋市中区丸の内3-21-32
地下鉄桜通り線、久屋大通駅1番出口or2B出口徒歩2分

【出演】風祭東
【ゲスト】ジューク・オカヨシ

【時間】18:00 開場 / 19:00 開演

【料金】前売¥3,500/当日¥4,000
(税込・別途、食事、ドリンク代)

ご予約・お問い合わせ
info@akashicrecords.co.jp

AkashicRecords Co.Ltd
アカシックレコード株式会社

☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮


budoubatake at 21:24コメント(0) 

2019年05月07日

6b3df0580dfc12fa1f9efcd7dc292224

















「花びら」って曲が響いた。
ギターはオーティスへのオマージュだ。

歌詞がいかしてるんだな。
『交わした くちづけ』ってのが特に良い。

死語だよね。
あの娘とくちづけかわしちゃった。なんて
われわれ世代ですら言わない。

でも『キスした』じゃ、不充分なんだよね。
交わすってのは双方が求め合っているって事が
暗に示唆されているわけで
互いに気分が盛り上がってる事を
容易に想像できるわけだ。
素敵な日本語を忘れたくはないね。





budoubatake at 14:29コメント(0) 

2019年05月06日

tulip



















TULIPという名のワイン。
原産国はイスラエル。
白はゲヴェルツトラミネールとソーヴィニヨンブランの混醸。
溌剌とした酸が魅力。ミネラル感とレモンの味わい。
焼き魚やトマトのパスタがおすすめだ。
ゲヴェルツの象徴的なライチの香りは微少。
赤はカベルネとエチケットに書かれているが
裏を見るとカリニャンとヴィオニエを混醸していると
書かれている。味わいは概ねカベルネ。

チューリップのベスト盤を聴きながら飲んだ。
輸入元はコストコホールセールジャパン株式会社。
つまりコストコに行かないと買えない。
Costcoはアメリカではカスコと発音しないと
通じないので注意が必要だ。

budoubatake at 13:33コメント(0) 

2019年04月15日

6697ac69
















カウンターで甲斐バンドのはなしになった。
『テレフォン・ノイローゼ』が好きなのだという。

おお、知ってる人は知ってるんだ。



budoubatake at 20:20コメント(0) 

2019年04月14日

DQu9ueQU8AAigYx
















ひさしぶりに胃痛。
30年ぶりくらいかな。
食欲もない。
疲れやすい。
心配事はない。




budoubatake at 20:14コメント(0) 

2019年04月13日

3116313011-240x


















『真実のビートルズ・サウンド完全版』を読み始めた。
ジェフ・エメリックの本が出てからの作品なので
諸説あるなか、著者の感性と推理で誰がどの楽器を
演奏しているのか、など興味深い1冊だ。

ただ、彼は研究家なので、目を閉じて
ヘッドフォンで聴いていると思うのだが
私はお薦めしない。
当時の録音技術はハードの部分で2chだったり4chだったりして
いたるところでテープの切り貼りが気になってしまうのだ。

ビートルズを聴くのなら、空気と混じった音で。
耳だけでなく全身で波動を感じろ。って事だ。
これは必須なのである。

ビートルズの音はワインと同じなのだ。
空気に触れて覚醒し、その威力を発揮する。

PS. satomiちゃん、わざわざ千葉からありがとう。

budoubatake at 19:59コメント(0) 

2019年04月11日

Wings-Band-On

















ジェフ・エメリックがナイジェリアでの
7週間にわたるレコーディングを語っていたので
ひさしぶりに『バンド・オン・ザ・ラン』を聴いた。

小学6年生の頃、土曜日のFMでのヒットチャートで
『Jet』がヒットしていた事などを
とつぜん思い出し、当時の自転車で風を切って走った時の
匂いさえもフラッシュバックした。

人の感覚ってのは、毎日違うのだが、今夜は
この曲がとっても響いたのだ。




budoubatake at 20:51コメント(0) 

2019年03月31日

ダウンロード













「April Come She Will」を「四月になれば彼女は」と
邦題を付けた人は、とってもセンスがあるね。






budoubatake at 14:06コメント(0) 

2019年02月23日

rumi

















涙目。しかもいつも眼球がゴロゴロと何かに触れる。
くしゃみと鼻水。
でも今年はまだ眼のかゆみはない。が
のどの奥が本日かゆくなった。
あと1ヶ月くらいは花粉が飛散(悲惨)。




budoubatake at 19:53コメント(0) 

2019年02月22日

news_161218
















知ってた?
「スローなブギにしてくれ」はブギじゃなくって
ただの8分の6拍子なのだけど
「星影のワルツ」はワルツなんだよね。
「てんとう虫のサンバ」は・・・・・・ (笑)



budoubatake at 02:00コメント(0) 

2019年02月15日

718IhGgls0L._SL1500_

















「私のことを傷つけてつらいと、ひとに言わないで」
このひとこと、ワンフレーズだけで泣かすね。
天才。




budoubatake at 22:26コメント(0) 

2019年02月14日

ダウンロード (10)












『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』は春の匂いがする。
過ぎ去った日々が甦る。
セリカに乗っていた。
ポピーの金木犀の匂いすら感じる。

タイムマシーンがあったなら自分に伝えたい。
「おまえ、2014年の8月に杉真理に会えるよ。
ま、想像しづらいだろうがな。で、驚くなよ。
おまえの好きな『Nobody』は、杉さんあんまり
評価してないよ。あはは。」

sugi20140810

budoubatake at 20:23コメント(0) 

2019年02月13日

510












500x500



















佐野元春のこの2枚は私のなかでは二枚組なのである。
つまり、佐野君を聴きたくなったらかならず
二枚まとめて聴いてしまうし、片方だけだと
なにか、し残した感が否めないのである。

『Heart Beat』『BACK TO THE STREET』
この二枚、残念なことに音がぺっちゃんこなのだ。
どうしてそうしたのかがわからない。
いまだにリミックスされないということは
佐野君のセンスなのだろうが、もっと
立体的な音で聴いてみたいものである。

「つまらない大人には なりたくない」

今もこのひと言に反応してしまう。

budoubatake at 19:46コメント(0) 

2019年02月11日

tugei20190211










Sgt.Tsugei's only one club band (告井延隆)
 〜ひとりビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

いやぁ、凄かった。
すさまじかった。
想像以上だった。

ご存じのようにビートルズの楽曲ってのは
聴きやすく耳にやさしいのに、じつは
そうとうに複雑怪奇極まるのであるが、なんと
告井さんはギター1本で、そのサウンドを再現する。
ベースもドラムもボーカルもコーラスも
そこからちゃんと聴こえてくるのだ。
小鳥のさえずりやリヴァプールの街並みまでも。
今も余韻を感じながらCDを聴いている。

あのMCだけでもお値段以上の価値があったと思うぞ。
またの機会を楽しみにしたい。

ありがとうございました。

001












告井さんの「八月」が大好きで、どうしても
生で聴きたかったからリクエストして
アルバム『やっとかめ』にもサインを頂戴しちゃった。

budoubatake at 23:17コメント(0) 

2019年02月09日

alani2019209

















22回を数えたパラカパーティ。
回を重ねるごとにアラニさんとの
セッションを望む人が多くなってしまい
アラニさんの演奏を存分に聴く機会が
少なくなったとの声から、完全なる
アラニさんのスラッキーギターだけを
存分に愉しむという趣旨でのソロライブを開催!

すばらしかった!
ほんとうに素晴らしかった。

みなさま、ありがとうございました!

budoubatake at 23:02コメント(0) 

2019年02月08日

img_0









なんかこう、ストレスを感じて
ズドーーーーーン!って音楽が欲しくなった。

CDを眺めてても、なんかうまくフィットしない。


「民生だな」

その中でも、こいつだ。
記念ライダー1号2号。


正解!

budoubatake at 00:29コメント(0) 

2019年01月23日

300










YouTubeのCMで出てきた曲。
80年代の日本のポップスの匂い。
ベースの女の子の佇まい。
ボーカルの巨漢。
最後まで見ちゃった。

しかし、検索される事を前提としたなら
スカートなんていうバンド名は
今どきつけないような気がするが
逆発想なのかな。

聴いていて歌詞は聞こえてこないけど
歌声は心地良く響く。
他の曲も好きだ。

こういう「わかりやすい音楽」って
我々世代だけが分かり易いだけなのだろうか。



budoubatake at 20:20コメント(0) 

2019年01月18日

kolleenhawaii
















"Everyday may not be good, but there's something good in everyday"
「毎日が良い日なわけじゃないけど、そのなかにも
なにか良い事ってあるよね」そう歌ってくれると
元気出るよ。大好きな曲だ。




budoubatake at 20:07コメント(0) 

2019年01月15日

41S2PJ7A1FL
















高校生の頃通っていた喫茶店で知り合ったサーファー
高山君に教えてもらったPure Prairie League 。
よく聴いたな。

YouTubeで検索したら、アナログで針の音まで
バッチリ入ってるものがあったので狂喜!
印象的なサックスはDavid Sanborn。
1本でもサンボーン♪





budoubatake at 20:24コメント(0) 

2019年01月10日

51840












そうだね。
YMOが出てきた時代。

日本は輝いてたね。
ウォークマンは世界を変えたね。

彼らのサウンドが、今もあたらしい
新しく感じるのは実は打ち込みじゃなくって
ヒューマントラックだからだね。

今なお斬新。



budoubatake at 19:56コメント(0) 

2019年01月08日

3z118265






















エルヴィスの誕生日だ。
84歳。

彼の音楽はサンレコード時代に限る。
最高にカッコイイ。
Hipなのだ。
尖っているのだ。
クリエイティブなのだ。

「だれがカーラジオの音量を上げたか」

かっこいいサウンドは大音量で聴きたいものである。
耳じゃなくって皮膚で感じないといけない。

片岡義男のこの本は50年代の音楽の軌跡を網羅している。
音楽と文化は切り離せない。よって
当時のアメリカの若者の気持ちもリアルに感じられる。

エルヴィス・・・・・





budoubatake at 21:53コメント(0) 

2019年01月07日

000000005548_Fhzpvqv
















Queenを聴いたら連鎖的にKISSが聴きたくなる世代である。
ひさしぶりに聴くそれは、やっぱりすばらしいRock'n'Roll。
こんなに印象的なフレーズやコード進行は
ロックのおいしさを封じ込めた缶詰のようだ。
偉大だな。
と思いつつ聴きながら、次はチープトリックの
武道館ライブを予定している。

budoubatake at 17:53コメント(0) 

2019年01月06日

Alanipalaka













今回のアラニさんのライブは、とことん
弾きまくって頂こうという趣向。
味わい尽くしてくださいな。
食事とワインなどを愉しみながらの新年会。
リラックスした時間をお過ごしください。

  = 記 =
 山内雄喜 Slack key guitar LIVE!

日時:2月9日(土)19:30〜
出演:山内アラニ雄喜
場所:葡萄畑ハノハノ
   名古屋市中区丸の内3-21-32
予約:052-961-4210
料金:2500円

※同日は名古屋ポエポエ三種の神器レッスンあります!
*今回はセッションタイムやゲストタイムを設けません。
 純粋にアラニさんのサウンドに酔いしれる企画です。
*石原村長の大発明。新作パラカもご覧いただけます。
 札束持参でお越しください。

budoubatake at 21:04コメント(0) 

2018年12月29日

20181228b










『年忘れアコースティックビートルズナイト』
良いライブでした!
オーディエンスもすばらしかった!

本人たちはゆるゆるのジャムセッションと言うけれど
さすが好きで集まった連中。
「好き」にまさるエネルギーはないね。

ありがとうございました!
来年もぜひやろう!

budoubatake at 23:32コメント(0) 

2018年12月26日

yudemen











お正月と云えば、炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら 歌留多をしていたものです


と、大瀧詠一が歌っている、が
ほんとうに、そうしていたのなら
とっても器用な人である。
っつーか危険だ。




budoubatake at 18:17コメント(0) 

2018年12月25日

ダウンロード (6)













「タペストリー」キャロル・キングを聴いている。
じつは、うまれてはじめて聴く。
めちゃめちゃ良い。
まじか。
知らなかったな。

年末だからかも知れないが
めっちゃしみてくるわ。

budoubatake at 18:12コメント(0) 

2018年12月13日

71V5KksYYYL._SL1400_
















よよかちゃんのYouTubeがたのしみである。
カヴァーする曲がシブすぎる。
9歳。
もちろん、ご両親のチョイスが半分だとは思うけど
こんなヘビーなロックも余裕のカメラ目線。
すごいね。
9歳だよ。
振り返って、なにしてた?私か・・・・
「男一匹ガキ大将」とか読んでたな。

9歳の見た目なのにおとなが入ってるんじゃないのか。
本物のコナン君なのではないのか。
それが私の最近の疑惑だ。
将来どうなるのだろうね。
わずかな一部の天才が世界を変えるよ。



budoubatake at 21:09コメント(0) 

2018年11月28日

郷海











すこし早いが、今年のベストアルバムを紹介する。
再生率ナンバー1!は金武功『郷海』だ。
何回聴いたのだろう。
とんでもない回数だ。
全曲すばらしい。

2004年のリリースなのだが今年のベストなのだ。
基準は私なので、なんの問題もない。
これでいいのだ。

大半は沖縄のことばで歌われているので
なにをうたっているのかわからないところも魅力。
しかしながら、コテコテの三線アピールでの
沖縄ミュージックではなくアコースティックギターが
心地良く響くから、聴いていると
こころがとってもおだやかになるのである。

ひさしぶりにハマった音楽。
唯一無二なのに1枚しかない事が残念。
新作を熱望するものである。

budoubatake at 19:18コメント(0) 

2018年11月27日

sgtt












中野督夫応援団を応援する私である。
センチメンタル・シティロマンスの告井延隆さんの
ライブが当店で決まったのでご報告である。

ご存じのようにビートルズの楽曲ってのは
聴きやすく耳にやさしいのに、じつは
そうとうに複雑怪奇極まるのであるが、なんと
告井さんはギター1本で、そのサウンドを再現する。
ベースもドラムもボーカルもコーラスも
そこからちゃんと聴こえてくるのだ。

ビートルズ好きならぜひ!そうでないひともぜひ!
ギター好きならぜひ!そうでないひともぜひ!
中野督夫応援団ならぜひ!そうでないひともぜひ!


  = 記 =
Sgt.Tsugei's only one club band (告井延隆)
 〜ひとりビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

2月11日(祝月)Open:18:00、Start:19:00
料金:2500円(飲食別途)
出演:告井延隆
予約:052-961-4210



budoubatake at 21:08コメント(0) 

2018年11月26日

b9263615324970b2ddee3021770a675d












枯葉の道を見ていたらあたまのなかで
急にこの曲が流れはじめた。
『吟遊詩人の唄』

甲斐よしひろの歌の中でも私のなかでは上位。
ライブ盤『サーカス&サーカス』で聴いた。

この曲の私のイメージする主人公はスナフキンなのだ。
吟遊詩人、スナフキン以外は知らない。





今日も枯葉の街肩を落として
軽やかに流れゆく風が道連れさ
安いオンボロのギターこれが俺らの命
数えきれない明日に唄をうたって

そうさ俺らは君を探し歩く
愛を奏でながら街から街へと

このお茶はとってもとってもあったかい
ずっと前にすぎていった君のように
浮かぶ雲よ もしもあの娘を見かけたら
唄うから このメロディーを運んでおくれ

そうさ俺らは君を探し歩く
愛を奏でながら街から街へと

雨をしのいで
通りをよけて

全ての人よ思い出しておくれ
苦しい時や悲しい時のために
人生につきものの嘘や偽りなどは
何もないこの哀れなギターひきの唄を

そうさ俺らは君を探し歩く
愛を奏でながら街から街へと

そうさ俺らは君を探し歩く
つかみきれない虹を見つけるために

そうさ俺らは君を探し歩く
数えきれない明日に唄をうたって

budoubatake at 20:50コメント(0) 

2018年11月06日

4040515415_8276a63496_o























2018年のジャイルズ・マーティンによるリミックス。
ひと足先にWhile My Guitar Gently Weeps が届いた。

リンゴとポールのリズム隊のうねるかんじが
よりリアルになったような気がする。
ふたりの音のからみ具合を聴くだけでも
3回聴きなおしたので
クラプトンのギターは聴いていない。(笑)

終盤の「Oh,oh・・・・」というジョージの声も
とっても近くでなまなましく聴こえるから
ゾクゾクしてしまう。
かっこいい曲だ。としみじみ。

ゴリゴリのリッケンバッカーらしさ溢れる
ポールのベースが、やたら聴き取り易くなり
そんな事してたのか、と気付かせてくれる。
おなじフレーズ(コード進行)の部分も
毎回違ったことをしていて、しかも
復弦で弾いたりもしてるんだね。知らなかった。

この曲は、とにかくポールとリンゴだ。
クラプトンはどっちでもいいよ。
ほんと「ホワイトアルバム」は
このふたりのグルーヴ感が半端ないんだ。
なかなかバンドでこのへヴィなサウンドは出せない。

そういえば中2の時、バンドですこしだけやったな。
あきらめるの早かったけど。(笑)



budoubatake at 20:00コメント(0) 

2018年11月05日

3969518510_23c8f48ec7














ただ「書く」だけで、ストレスが減るのだそうだ。

雑念に囲まれて暮らすと負のスパイラルに
はまってしまうそうだ。しかしながら
「書く」ということだけで集中力やこころの安定が保たれ
その作業自身がセルフコーチングになるのだそうだ。
というような記事を読んでとっても納得したのである。

このブログを始めた2004年はなにかと不安定だった。
いやなこともたくさんあった。
でも、毎日そのなかにもたのしいこと、愉快な事
こころの栄養になりそうなポジティブな出来事はあって
24時間のなかの、たったひとつのすてきなネタを
じっくり考えて書き出すだけでセルフヒーリングになっていた。
もちろん、そんなことが目的だったわけじゃないけど
結果的にはそうなっていた。

この、つたないブログのファンのひと声で再開したが
そんな事を思い出した。


さて、この曲はタイランドのNanglen BAND
タイ語で歌ってるから詳しい意味はわからないけど
「毎日が良い日なわけじゃないけど、そのなかにも
なにか良い事ってかならずあるよね」と
英語の部分は歌っている。大好きな曲だ。



budoubatake at 20:33コメント(0) 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ