ワインを美味しくする音楽

2017年07月20日

006













今週土曜日はカマカニ・オ・ハワイさんのライブだ。
前回、カマカニスペシャルでカニカマを用意すると
冗談で書いたら、どうやら本気でカニカマを
たのしみに来られた方々がおられたので
今回は、まじめに取り組んでいる。

第2弾!カニカマ・カイイリ・アロハ(ピッツァ)(仮称)




kama

budoubatake at 23:30コメント(0) 

2017年07月19日

kamakanipasta













今週土曜日はカマカニ・オ・ハワイさんのライブだ。
前回、カマカニスペシャルでカニカマを用意すると
冗談で書いたら、どうやら本気でカニカマを
たのしみに来られた方々がおられたので
今回は、まじめに取り組んでいる。

第1弾!カニカマ・オ・カワイイ(スパゲティ)(仮称)

kama

budoubatake at 14:18コメント(0) 

2017年07月16日

29241X9Z9RA08L










チューリップとオフコースのコピーバンドの競演を
観に出掛けたのである。3時間にわたって
懐かしの音楽にふれるひとときは
さながらタイムマシンなのであり
なつかしい友人の顔が浮かんだり
その曲を聴いた時の情景や匂いが甦った。
音楽はすてきな時間旅行。

二枚のアルバムジャケットは、それぞれで
いちばん聴いたと思われるマイベスト。

すばらしいライブをありがとう。

budoubatake at 18:46コメント(0) 

2017年07月10日

Kahealani20170709














Kahealani (feat.DakineTulu)
まさかマイマイちゃんがヘフナーのベースを弾くなんて
まったくの想定外でびっくりしまくったが
それはそれは、ナイスな演奏で、さすが。
ボーカリストの弾くベースは、自分の欲しいところに
欲しい音を、ちゃんと落として、しかも
ボーカルに邪魔な経過音は使わないから
とってもスッキリしていて
私が勉強になったのである。

ベーシストはプライドがそうさせるのか不明だが、余分に
装飾したがるきらいがある。とくにハワイアンのような
単純な音楽だと、なにかしたくなってしまうものである。
じつは、そういうのは邪念なのだとマイマイちゃんが
身をもって教えてくれた。
そのままベースで良いと思うぞ。
良い演奏だった。

つるさんのサポートもさすが!

20年前のつるさんの演奏風景を添付しておく。
アスレチックスのキャップが時代だ。



budoubatake at 01:24コメント(0) 

2017年07月09日

Nick

















Nick Castilloはすごいシンガーだった。
カウアイ島。
ますます行ってみたい気持になったぞ。

アットホームなライブは、まるでホームパーティに
ニックが遊びに来てくれたような、常時
そんなあたたかさに包まれていた。

ご来場の皆様、ありがとうございました。
みなさまのおかげです!

budoubatake at 18:50コメント(0) 

2017年06月30日

Takman2017

















Takman Rhythmのライブは予想通り
おおいに盛り上がった。

特筆すべきは中山君の歌が
とっても良くなっていた事だ。
声量もピッチも良くなってた。

アーティストさんの成長を見られるのは
このうえなく至福を感じるのである。

こういち君のスキャットも健在。(笑)
しかも彼は「ハノハノやから」と
パラカシャツを着てやって来てくれた。
こういうこころ使いがうれしい。
リハーサル風景も一枚残しておこう。

次回がたのしみだ!

010

budoubatake at 18:33コメント(0) 

2017年06月21日

_SL1417_
















「えらい」は名古屋弁なのであり「偉い」わけではなく
「疲れた」とか「キツい」という場面に用いられる。

昨夜の帰り道。
「あ〜〜〜〜〜エラ」と
おもわず、独り言をもらしてしまった。

それだけなら良いのだが、そのあとに無意識に
「フィッツジェラルド」と口を衝いて出てしまい
ひとり、情けない思いをした私である。
決して言ってはいけない、小学生レベルの駄洒落である。
誰も聞いていないとしても、分別あるおとなは言ってはいけない。
ま、エラ・フィッツジェラルドを小学生が知るか否かは
それはまた、別の次元の問題であるので
詳細は省かせて頂くこととする。

今や「フィッツジェラルド」といえば、イージス艦である。
その名はJazzとは関係なく、艦名は
ウィリアム・チャールズ・フィッツジェラルド海軍中尉にちなんでいて
「身を挺して仲間を守る」というコンセプトがある。
2011年には東日本大震災発生に際して被災地を救援する
トモダチ作戦を遂行し行方不明者の捜索と物資の輸送で
おおいに日本を感動させた。
今回は驚きとともに、エラ以上の知名度を得た。
「身を挺して仲間を守れるのか」という素朴な疑問。
それはまた、別の次元の問題であるので
詳細は省かせて頂くこととする。黙祷。

エラ・フィッツジェラルドの数あるアルバムの中でも
『ソングス・イン・ア・メロウ・ムード』
こいつはピアノ1本だけの伴奏であり、彼女の
息づかいが感じられる名盤であり、私の
マイ・ベスト・エラ・フィッツジェラルドなのである。
疲れた夜には効果覿面。

budoubatake at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月19日

a0103940_13210499












打楽器のワークショップを初体験である。
いやぁ、おもしろかったな。
いきなりジャムセッションができちゃうんだな。
最初はあたまで考えすぎた。
リズムにのれなかった。
質問も多過ぎた。

でもでも、次回は質問が、まだまだたくさんあるぞ!
おもろいわ。

参加された皆様、ありがとうございました!

マコトさんのレポートはこちらからどうぞ!

budoubatake at 22:42コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月18日

kaulana

















Kaulana 11th.album『Ku'u Pua Melemele』
いいねぇ!
1曲目のはじまりがロックだ。
わくわくする。

日本を代表するハワイアンバンド。
私の見る中で、唯一フジロックに出したいハワイアンバンド。
日本の若者たちにハワイアンミュージックのすばらしさを
体感して欲しいな、なんてね。である。
そういうところに出演するとファン層が広がる。
そしてウクレレやスティールギターに興味を持つ
音楽好きが増え、良いバンドが育つ。
そういう好循環を生むためには、ぜひ
カウラナをフジロックに推薦したい!

彼らのライブは8月5日にフラレレで無料で観られるぞ!

budoubatake at 21:21コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月17日

1383064
















『Chaos and Creation in the Backyard』
アルバムジャケットのポールは20歳。
この頃のポールの評判はすこぶる悪い。
生意気で遅刻魔、口は悪い。
ブライアン・エプスタインがマネージャーをかって出た頃だ。
EMIにもデッカにも素っ気なくけんもほろろに断られ
毎週のようにリバプールからロンドンに足を運んで
帰ってきた彼をねぎらいもせず「使えないヤツ」くらいの事を
平気で言ってブライアンを深く傷つけた頃である。
私の高校生の時にもウイングスで来日したのに
麻薬所持で公演がなくなった。まだこどもだったのだ。
忘れもしない1980年。ポールは38歳。だ。
いつどこでおとなになったんだろう。

裏庭での混沌と創造。

This never happened before
この曲、ポールらしくて好きだ。
映画『イルマーレ』で流れてた。



budoubatake at 20:46コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月14日

1284763201
















夏に聴きたいのは『The Honeydrippers: Volume One』だ。
YouTubeでフルアルバムが聴けて、さらに
ライブヴァージョンが1曲聴ける。
興奮するぜ。
音質はイマイチだが最高!
Volume 2を待ち続けて30年以上が過ぎた。



budoubatake at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月13日

16114937_1210588505689241_8087520050368385735_n










急遽決定!
夏といえば、キューバ!
ラテンですがね。
(ハワイアンは年中です)
キューバ音楽のワークショップ開催します!
気持ち良いリズムを学ぶチャンス!初心者大歓迎!
8月のライブもよろしく!

こういうワークショップをうけてみると
ああ、なるほどね。と音楽全般に対する印象が変わるのだ。
サルサもサンバもボサノヴァも基本はいっしょだから
リズムにうとかろうが、楽器なんてとんでもない!ってひとも
きっとたのしく有意義な時間になると思うぞ。

しかも超激安!

「鳴るほど!」=「なるほど!」
叩くってのは、もっとも原始的な音楽のコミュニケーション。
鳴れば鳴るほどに、なるほど!なのだ。
もっともっと音楽がたのしくなること請け合い。
特にサルサ踊ってる人踊りたいと思ってる人は
目からウロコ!がたくさんあるはず。

今回のWSは私も初めて受講するのだけれど
まったくの初心者だから、ぜひぜひご一緒しましょう!


◇◆鳴るほど!楽しい!キューバ音楽WS◆◇
ラテンボーカル・マコトによるキューバ音楽ワークショップです。
ライブはありません。
日時:6月18日(日)
   1st. 14:30〜15:15
   2nd. 15:30〜16:15
料金:2000円
講師:Makoto(ラテン・ボーカル)from 東京
場所:葡萄畑ハノハノ・アロハダイニング

※少し遅れても大丈夫なように、時間に幅をもたせます。
  あせらず、気をつけてお越し下さい。
  (お飲み物持ち込み大丈夫です)
キューバ音楽のソン(サルサのルーツと言われるアコースティックな音楽)を
中心に楽しみたいと考えています。個人でマラカスやクラベスなどお持ちの方は
ご持参歓迎します。初めての方には会場で御使い頂ける楽器がありますので
気軽に身軽にいらして下さい。




◇◆名古屋「キューバの見える夜」◆◇
           at 葡萄畑ハノハノ!
日時:8月11日(山の日)18:30 Open,19:30 Start
料金:2800円(飲食別途)
出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス
      Dos Sones de Corazones
 mUcho (ムーチョ) ギター&コーラス
 Makoto (マコト) ボーカル

cubacuijine

budoubatake at 13:20コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月08日

20140606173705






















過日、屋外でのライブの日にあたまのなかに
長年忘れてた永ちゃんの声が響いた。
「今日はよ、雨降ってるけどよ、最後までノレよな!」
そう、キャロルラストライブだ。

小学6年生だった私が買った本が『暴力青春』
親は心配するよね。
単なるキャロルの結成から解散までのいきさつを
書いた本だったのだがタイトルとショッキングピンクが
母親のド肝を抜いた。
いまさらながら、おかあさん心配させてごめんなさい、である。

雨天候に負けないよう、自分を鼓舞するために
数年ぶりにキャロルのベスト盤を聴いてみた。
どえりゃあエエがね。

そこが引き鉄になってYouTubeで矢沢永吉のインタビューを
ほとんど見てしまった。凄い量がいまやアップされている。
それこそ20代から30代、40代から50代まで。
人の変遷はおもしろい。
キャロル以降の彼の音楽はまるで知らないが
インタビューは本音と建て前と矢沢を演じる永ちゃんがいて
その時代ごとにおもしろい。
元気をもらった。

いつの頃か忘れたがTV番組で彼の信者が
「転んだら、立ち上がればいい」永ちゃんから
もらったことばです。なんて言ってた。(曖昧)
たくさんインタビューを見たけど、そんなことばは
どこにもなかったが、シンプルで良い言葉だと思う。

私は信者でもファンでもないが、気付けば長いお付き合いなのである。

budoubatake at 19:32コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月05日

002

















スペインはD.O.モンサンの赤ワイン。
見た目のとおり、その名もBLAU(ブラウ)
英訳すればBLUE、だ。

このキラキラのせいだろうか、女性の人気が高い。
エチケットを見て決めてしまうほどである。

内容はどうかと言えばほんのりフレンチオークが香り
やや濃縮感があり、力強いが料理の邪魔をしない
適度なバランスに好感が持てる。

こんなショッキングなブルーのエチケットを見れば
つい聴きたくなってしまうのは「ヴィーナス」だろう。
バナナラマがカヴァーしてDiscoで大ヒットしたのも
記憶に新しい。
んっ?!
つい先日の事だと思っていたがカヴァーしたのは
1986年だそうだ。よくよく考えたらDiscoすら死語。
30年かよ・・・・・
やれやれ、である。



budoubatake at 19:21コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月04日

18813993_1561122657263170_6792375674934761054_n

























「ハワイ語が覚えれんでかんがね!」
フラレレ9th.に向けての切実な悩みである。
去年も頑張ったが駄目だった。

「ギンギラギンにさりげなく」とかの昭和歌謡なら
CDとかテープで聞いたことがなくとも
すらすら歌えるのに、寄る年波の問題だろう。

せめてハワイアンでも英語ならばなんとかなるが
ハワイアンミュージックは大好きなのにハワイ語は
ほんとうに頭に入ってこないから不思議だ。

今週金曜日は満月。
ここんとこ朝晩がヒヤッとして心地良い。
一年でいちばんハワイっぽい気候だ。

「Moonlight Lady」が聴きたい気分だ。
この曲大好きなのだが演奏したりフラ踊ったりって
なかなか、おめにかからないから不思議だ。
私の感性は、どっかズレているのだろう。

今年のフラレレのポスターは歴代の中でいちばん好き。
ズレてないよね。



budoubatake at 22:09コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月03日

3












風が強い日には必ず思い出す曲がある。
ちょうど30年前のリリースだから
私が行ったBaliの風景がここに在る。
その後2回行ったが、こんな風景はなくなってしまった。
どこかにはあるのだろうけど。

そう、不思議なことに良く考えたら
ちょうど30年前の6月だった。
「もう帰りたくない!」
そう思っていたにもかかわらず
日本に帰ってきたら、やたら紫陽花がうつくしくて
見とれてしまったのを覚えている。
わびさびの世界にしばしひたってしまった。
日本も美しい。



budoubatake at 22:45コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月01日

0004238973
















『The Cry of Love』を聴いている。
そりゃもうジミヘンの作品の中でも
頻繁に聴く度合いが違う。
現在ではさらに曲数が増えて
『First Rays of the New Rising Sun』って
アルバムになっちゃっているけれど
『The Cry of Love』の曲の並びが良いのだ。
絶妙なのだ。残念である。

残念と言えば、だ。
昨夜突然に浴室のお水(湯)が出なくなった。
おおごとである。
しかも、出ないだけならまだしも
ちょろちょろ出てる。
止まらない。

それはもう24時間体制の水道屋さんにお願いするしかないのであり
即座に来てくれるのかと思いきや
「いちばん早い対応が明日の9時になります」であり
24時間体制は受付だけなのである。

朝9時。
「ああ、これはもう蛇口ごと換えないとだめですね」
「今日お持ちですか」
「ありますよ」とパンフレットを見せる。
「え?39800円!?」
「出張費5000円と交換工事費15000円そして
消費税が別途かかります」
「うそだろ。これ上代であって半額でも高いだろ」
「すこしなら値引きできます」

「お前は火事場泥棒か!」と言いたかったが
ニッコリ笑ってお支払いをして
「速攻で直してくれてありがとうね」と言ったが
どうも納得がいかない。
水道ってのはライフラインなのであり、そこで
暴利を貪るのは、ちょっと腹が立つのである。
24時間営業ってのは言うだけで受付だけだし。

その後、ネットで調べてみたらやっぱり
同じ商品が68%OFFで売ってた。
ヤツの滞在時間は15分程度である。
水のトラブルは素人ではどうしようもないからな。
上代設定が普通じゃないのである。

そんなやりきれない気分の日には
『The Cry of Love』を大音量で聴くに限るのである。

budoubatake at 01:02コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月30日

004













店先の紫陽花がうつくしい。
ついこの間までは葉も黄緑だったのに
深緑に染まり、花びらを鮮明に魅せてくれる。
毎日毎日変化があって
「かみさまありがとう」
ラスカルにあわせてくれて。
そんな気分である。

紫陽花で気付けば6月はすぐそこだ。
なまぬるい風。



budoubatake at 14:21コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月29日

palaka17th














第17回を数える『パラカとハワイを愛する者の集い』
通称『パラカ・パーティ』は、21:00開催にもかかわらず
立ち見まであり、大盛況でした。感謝!

おまけに遅い時間にもかかわらず、みなさま
お食事していただき、感謝!
おかげさまで、トリオライブはほぼ耳でのみの鑑賞・・・
じっくり観たかったぜ。
KaMokuさんとTsuruさん、最高でした!

Sandiiさんは、初来店!
しかも歌までご披露頂きアラニパワー炸裂なのである。
素人じゃないんだから、普通はうたってくれないよ。

私がSandiiを知ったのは1987年ジャマイカのいちばん大きな
「サンスプラッシュ」って屋外フェスに出演した初の日本人
サンディー&ザ・サンセッツを知った時であり
もちろんCDも持っている。

じつはSandiiはカウンター越しに私の前に座っていたので
彼女がふとした瞬間に「ヤーマン!」とつぶやいたのを
聞き逃さなかったぞ。あはは。
どこかにジャマイカの魂を持っているのだろう。

さて、ボーカリストサンディ。
PAをさわってるからわかるのだが、やはり
彼女はボーカリスト。圧倒的にマイクへの
音の乗り方が違う。しかもCDで聴くよりも
はるかに素直な歌い方で爽やかなのである。
クムフラでもあるのでうたいながらも
ハンドモーションが入り、それがまたうつくしい。

NHKがハワイを特集するとかならず出演のある
アラニさんとサンディ。
国営放送が認める二大ハワイアンアーティストが
目の前なのである。凄い事。

会場にいた人は相当にラッキーであり、この先一年は
宝くじを買っても当たらないと思うぞ。

sandii20170528

budoubatake at 21:31コメント(2)トラックバック(0) 

2017年05月21日

002













Tomoko Seki『Mellow Blue 〜message from nature』を聴く。
いわゆるジャケ買いであるがジャケはシャケでもシャチでもなく
イルカなのであり、アコースティックギターのインストゥルメンタル。
なかなかの癒し効果。音も良い。
ほんとうに最近はアコースティックギターの音色を
じょうずに拾えるのだなとつくづく感心してしまう。
そんな時に同時に思うのはサイモンとガーファンクルだ。
彼らのサウンドのハーモニーはすばらしいが
ギターの音となるとからっきし駄目でもう残念としか言いようがない。
それは意図して造られた音なのかも知れないが
私にとってはフラストレーションのもととなる。
このアルバムくらいにキレイに録れてたら、たぶんもっと
彼らのサウンドに触れる機会は多かったはずだ。

つい脱線したが、せきともこ、良いよ。

budoubatake at 21:03コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月20日

1000x572x1










『1984年』はイギリスの作家ジョージ・オーウェルの
1948年の小説であり、デビッド・ボウイにも多大な影響を与えた。
1974年の作品『Daiamond Dogs』もその世界を描いた
コンセプトアルバムだ。

そんな古い作品なのに。

今、そう、まさしく今。
身近な近未来を指し示すサイエンスフィクションだ。
なんて事をお昼寝から目覚めた瞬間に考えてた。

budoubatake at 21:15コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月19日

_SL1500_
















厨房であわただしくしていたら
突然あたまのなかでこの曲がながれ始めた。
「んっ!?」
誰のどんな曲かもわからず断片的にDooWopである。
出てこないと気持ちが悪い。

数日後に判明してすっきりした。
しかしながらもう40年も前の
高校生の頃に聴いていた音楽が、突然
フラッシュバックするこの脳みそってのは
ほんとうに不思議だなと思うのである。
あらためて聴いてもすてきな曲ではある。



budoubatake at 21:39コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月02日

51xmoBHW4cL
















GWといえばNiagara Triangle Vol.2だ。
こいつを聴きながら海に向かったあの頃
なにもかもがキラキラしていた。
10代最後の初夏。

ロバの事を歌ってるのだと思っていたら
Love herと歌っていた杉真理。




空港ロビーに「313」って場所があるのだと思っていたら
Sandwich Standだった佐野くんの『彼女はデリケート』は動画なし。

杉真理に会った時に「杉さんの最高傑作だと思います!」といったら
「そうですか?」と疑問符を投げかけられた『Nobody』




『夢見る渚』を聴くとポピーのきんもくせいの匂いを思い出す。



budoubatake at 02:50コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月23日

410MWWNS3KL
















『ステレオ太陽族』をピックアップした。
今年初めての「光が躍る日」(当社比)
薄桃色から新緑になった桜の樹もキラキラしていた。
車の中からの景色はまぎれもない迫る初夏。
つまり地獄の軍団である。(談:ショッカー)

こんな日に聴きたくなるのは『我らパープー仲間』なのであり
せまる初夏を満喫するには充分なのである。
しかしサンザンオールスターズが好きかと問われれば
ごめんなさいと言わざるを得ず、聴いたアルバムは
『NUDE MAN』までなのであり1982年で
私のSASは終了している。

『ステレオ太陽族』は桑田佳祐の荒々しい魅力が
怒涛のごとく味わえる最高傑作だと思うのは私だけか。
『Hello My Love』から『栞(しおり)のテーマ』まで
私にとっては完璧なトータルアルバムだ。

budoubatake at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月20日

ダウンロード (1)
















8月
     作詞:告井延隆
     作曲:告井延隆

もうすぐ夏が来る
麦わら帽子から
もれる光 輝いてた
静かな朝の事

8月のはじめの
高い空の上でも
日差しよりもずっと強く
何かが光った

小さな命が消えてゆき
大きな悲しみの 風が吹く
そこには黒い涙の雨が降る

忘れないよ いつも
胸の奥に いつも
あの夏の出来事

語り続けるから
無駄にはしないから
あなたがここに 居た事

今年も夏が来る
祈りの夏が来る
子供たちのともす光
いつまでも続くように

平和の時が来る
青い空の下
あなたの手を握り返す
心があるから

budoubatake at 01:50コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月18日

TheJoeChemayBand1981

















THE JOE CHEMAY BAND
CDを漁っていたら出てきた。
1981年のこの1枚だけがリリースされ
CD化は日本のみだ。

10代最後の頃、街にはこういう音がたくさんあった。
AORのDNAは今日生きているのだろうか
それとも絶滅危惧種なのか。

どんな音楽ジャンルも、わずかに形を変えて存在するが
この手の音楽にはなかなか出会うことがない。

私の中では、とても賑わっていたセントラルパーク地下街の
BGMのイメージなのであり、今は亡きサンドウィッチのグルメや
UCCコーヒーショップ、タータンショップ・ヨークを連想するのだ。



budoubatake at 01:03コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月12日

220086131
















数日間風邪気味である。
そんな自分を鼓舞するために聴くのは
『記念ライダー2号』である。
元気が出るのだ。

budoubatake at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月14日

Stones











曲のタイトルなど、興味が湧かない限りは
調べることもしない。歌詞ならなおさらである。
にもかかわらず、5千回以上聴いてる音楽は
山ほどあるのである。

昨夜知った。

ストーンズの「You can't always get what you want」はCan'tなのである。
「You can always get what you want」つまり「求めれば得られるのさ」という
曲なのだとずっと勘違いしていて(聞き取れなくって)
名古屋ドームでも大声でミックといっしょに歌った。
いやはや「欲しいものは手に入らない」という曲だったのだ。

そこで、あわてて歌詞を調べるところが私のささやかな向学心である。

ミックはこう歌っている。
You can't always get what you want
But if you try sometimes you just might find
You get what you need
欲しいものはいつも手に入るわけじゃあないが
よぉく考えてごらん、必要なものは持ってるじゃないか、と。

おお、さすが私である。
ことばは理解していなくとも
ミックの訴えかけには響いていたのだ。

結局は「求めれば得られるのさ」なのである。
求道しひたすら頑張ったのなら、もし手に入らなくとも
かならず得るものはあるのだと歌っているのだ。



budoubatake at 22:19コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月13日

535e63006efce9df8c89bd90a0950c81










『ヒッピーに捧ぐ』

お別れは突然やってきて すぐに済んでしまった
いつものような なにげない朝は 
知らん顔して ぼくを起こした
電車は動きだした 豚どもを乗せて  
ぼくを乗せて

次の駅で ぼくは降りてしまった
30分泣いた
涙をふいて 電車に乗りこんだ
遅刻して ホールについた

ぼくらは歌い出した  
君に聞こえるように 
声を張り上げて

空を引き裂いて 君がやって来て
ぼくらを救ってくれると言った
 
検屍官と市役所は 
君が死んだなんていうのさ
 
明日また 
楽屋で会おう 
新しいギターを
見せてあげる
 
 (作詞/作曲: 忌野清志郎)




budoubatake at 02:52コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月07日

68714
















シェリル・クロウのあたらしいPVだ。
かっこよくロックしてる。
まさか安倍晋三や小池百合子が出てくるとは思わなかった。
ピース&ラブな感じはジョージ・ハリスンゆずりか。

スティングの新作はロックアルバムだと言ってたのに
ぜんぜんロックを感じなくてがっかりしたが
シェリル・クロウの新作は4月の発売。
とてもたのしみだ。







ジョージの匂うシェリルの曲はこちら。



budoubatake at 20:54コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月02日

b0168644_7385824













ジョージを欲する日というものがある。

こころが、なにか「ぞわぞわ」している日。
こころの平安が欲しい時。
癒しが欲しい時。
はたまた神さまとつながりたい時。
なのかも知れない。
リセットできる。

今日はこの曲がとってもしみた。



budoubatake at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月01日

danielhanohano20170301












ダニエル・ホーがお食事に来てくれた。
グラミー受賞者であり、新譜『Electric Island, Acoustic Sea』
なんとAmazonのCD売上第1位。本日は名古屋ブルーノート
3Daysのまんなかの日ってことで来てくれた。
この3DaysもBlue Note会員のみの発売20分後にSold Out。

左からリディア、ダニエル、加藤進(アイランドライフ)
石原裕士(HonuleleDesignWorks)、猶木さん(Naturel Ukulele)

002












ウクレレのインストゥルメンタルアルバムはサイン入りだ。
日本では取り扱いがないのでお土産に持ってきてくれた。
やさしいウクレレの音色は『Electric Island, Acoustic Sea』の
数倍も私にとっては魅力的だ。

彼は、いつかまたハノハノでも演奏することを固く誓って
名古屋ブルーノートに向かった。ありがたい事である。
涙が出そうに感動したぞ。

本日のライブを見る事の出来るラッキーなひとたちには
こころから満喫していただきたい。

budoubatake at 17:27コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月28日

_SX425_
















無人島にドゥービーのアルバムを一枚だけなら
持ってっても良いよ、そう言われたら
迷わず『運命の掟』(Livin' on the Fault Line)だ。

土の匂いもしない音だから、ドゥービーらしさには
欠けるのかも知れないが、私にとっては最高のアルバム。

マイケル・マクドナルド参加後二枚目であり
しっくりと馴染んだ感じがとてもおしゃれで
最後の小曲、 Larry The Logger Two - Stepを聴くと
もういちど最初から聴きたくなるのである。




budoubatake at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月26日

the_eagles_the_long_run
















無人島にイーグルスのアルバムを一枚だけなら
持ってっても良いよ、そう言われたら
迷わず『The Long Run』だ。
ちょうど高校生だったので辞書で調べると
in the long runの意味は「長い目で見れば, 結局」と書かれてて
なんかイメージの違いに沈んだ気持ちを思い起こす。

もちろん『Hotel California』は死ぬほど聴いた。
一時は死にそうになって2曲目から聴くという習慣がついたほどだ。
『New Kid in Town』はイーグルスの曲の中ではいちばん好きだし
ランディ・マイズナーの『Try and Love Again』や
ジョー・ウォルシュの『Pretty Maids All in a Row』も大好きだ。

でも1枚だけなら『The Long Run』なのだ。

『Hotel California』の大ヒットの影響とプレッシャーで
3年もの時間を要した生みの苦しみがサウンドに出てるし
アルバムジャケットからもそれはうかがえる。
なにしろ楽器ひとつひとつの音粒の音色が好きなのである。

budoubatake at 22:06コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月25日

palakap20170225













第16回 パラカとハワイを愛する者の集い 
  〜山内アラニ雄喜&Ko'olua ライブ
毎回毎回あたらしい山内雄喜を感じられるのは
ほんとうに楽しい。
しかも16回目にして「こんなことまでやっちゃうの?」と
会場はやんややんやの大騒ぎである。
みなさまありがとうございました!

最高に楽しかった!

次回は5月28日(日)21:00Start!
少し遅いスタートだけど、Nagoya Hawaii Festivalの
打ち上げも兼ねるのであり、おおいに期待して欲しい。
終電なんて気にせず、なんなら宿泊覚悟で参加しても
絶対にお得な時間になる事を約束しよう!
なぜなら・・・・あ、いかん、言っちゃいけないんだ。
当日まで言えないのだ。ふふふっ。(ニヒルな笑)

紅白歌手が来てくれた翌日に、ナホク・ハノハノアワードの
ファイナリストとレガシーの登場とは、いったいどうなっているんだ。
こころから感謝である。

budoubatake at 23:45コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月22日

002













私がまだ、はなたれ小僧だった頃。
それは今。
ヒーロー。
ヒーローになる時。
それは今。
え?
今じゃん。
安奈 おまえの愛の灯はまだ燃えているかい?である。

この春の花粉。
しかと受けとめましたぞ。
あなたもご自愛くださいませ。

只今のBGMは「輪」
やさしい音色です。

budoubatake at 11:08コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月19日

son460













SON四郎『Para Ti』
過日のライブの余韻を噛み締めている。

そっか、オルケスタ・デ・ラ・ルスの流れなのね。
音だけ聞いていたら日本人とは思えない。

良いアルバム。
いっきに春めいた。
長袖着ているのを不自然に感じてしまう。
窓全開でのドライブにおすすめだ。


005













サインの字もうまい!

budoubatake at 19:52コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月18日

002












「キューバの見える夜」ドス・ソネス・デ・コラソネス
あまりにすばらしかったのであり満喫した。

演奏が始まると、満席の店内はさらに熱気が上がり
暖房から送風に切り替えたのだが、セカンドステージでは
今年初の冷房装置作動!となったのである。
二月半ばの冷房はあまり記憶にないぞ。

いやはや、雅楽の国、大和民族であるにもかかわらず
ラテンミュージックで、どうしてこんなに熱くなってしまうのかは
文化人類学的に徹底的に調査して欲しいものである。

満席で入店できなかった方々にはほんとうに申し訳なかったです。
そして名古屋のラテンバンドさんエスペシャルズさんたちは
お席を譲っていただき、チャージを支払いつつも
楽屋での鑑賞となり、心苦しかった分だけなにか
サービスしなければいけなかったのに気が回らなくて
ほんとうに申し訳なかったです。
また何かで埋め合わせさせてください。

次回は11月頃にまた来てくれるかも知れないのだが
またみなさまと熱い夜を過ごせることを祈念してやまないのである。
ムーチョさんマコトさん、オーディエンスの方々
ほんとうにありがとうございました!


cuba













キューバプレートもモヒートも好評でなにより。
グラシアス!

budoubatake at 18:00コメント(2)トラックバック(0) 

2017年02月08日

Image00291

















最後まで歌えない曲がある。
この曲は、歌ってるうちに
なぜか胸がしめつけられて歌えない。
涙がこぼれてしまう。



       「約束」
 
 あの頃は悔しさを君が拭っていた 
 売れないギターの腕を恨んだ
 初めてのギャラが入れば 
 君の口癖の海へ行こうと約束したね

 あれから君はどうしているだろう 
 約束を果たさないままだったから
 あの頃に、もう一度戻らなけりゃ

 あの頃は雪が降れば 
 地下鉄の駅に いつも君がいた二本の傘で
 カーテンひとつ無い部屋に似合わぬ
 バブミラーが映していた君のしぐさを

 何もかも変わってしまったけれど  
 心の求めるまま君を抱いた
 あの頃にもう一度帰りたい





budoubatake at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月02日

011












明日は節分だ。
いい歳になると豆を年齢分食べるのも億劫である。
そんな貴兄に吉報である。
アロース・フリホーレス・ネグロだ。
『Arroz Frijoles Negro (Black beans & Rice)』
簡単に乱暴に言えば「キューバの黒豆ごはん」であり
黒インゲン豆の煮込み。
これなら年齢分の豆なんて楽勝である。

ひとくち食べるごとに「福は内!」とつぶやいて欲しい。

キューバに行ったこともないので想像で作ってみたのだが
予想以上の仕上がりに正直驚いている。レシピは
ちょっとおしゃれアレンジしちゃったのはヒミツだ。

今月開催するキューバ音楽のライブの時にも提供するので
ぜひぜひお試し頂きたい。

         = 記 =

 名古屋「キューバの見える夜」(マコト・誕生月ミニツアー)
日時:2月17日(金)Open18:30、Start19:30
場所:葡萄畑ハノハノ
出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones
   mUcho (ムーチョ) ギター&コーラス
   Makoto (マコト) ボーカル
料金:2800円(1Food,1Drink以上のオーダー要)

budoubatake at 18:49コメント(2)トラックバック(0) 

2017年02月01日

515bWkd49xL













カサンドラ・ウィルソンの『Blue Light 'Til Dawn (1993)』を聴いている。
つい先日聴きたくなって探した時には見つからなかったのに
CD棚の中、聴きたい音を探してたら偶然に見つけた。
世の中そんなものである。
井上陽水もたしかに、そう歌っていた。
いやいや、整理整頓のできないやつは、基本、失格だ。
でもこういうラッキー!を感じることは意外に悪い事ではない。

さて、このアルバム。
Jazzというにはアーバンギャルド過ぎる内容なのだ。
世界中のボーダーがなくなる、本来のフュージョン音楽であり
実験音楽でありブルーノートレーベルも、まだまだ
新しい音楽を求めているのだなと1993年当時には
とてもうれしい気持ちになって聴きこんだアルバムだ。
そこにはアフリカも南米も中東もインドネシアも匂う。

今聴いてもあたらしい。

彼女のアルバムは3枚持っていた。
でも3枚しか持っていないのは、きっと
最初に買ったこのアルバムを超えられなかったのだと推測する。
逆に言えば、Jazzを聴きたくてこのアルバムを手にすると
「なんじゃこりゃ?」と松田優作状態になるので注意が必要だ。

このアルバム大好き!
そういう人が居たら、ぜひ教えて欲しい。
ゆっくり語り合いたいぞ。

この写真はアルバムの裏ジャケット。
表面は妙に妙なのである。
なのにもかかわらずジャケ買いした私はなんなのだろう。なのである。

budoubatake at 00:13コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月24日

515WKdL9w8L
















私とキューバ音楽との出会いは、思い起こせば
グロリア・エステファンなのであり、当時のアルバイト
小倉君の持ち込んだこのアルバム「Mi Tierra」だ。

1990年代半ば、もう英語の音楽に飽き飽きしていたし
Something Newを追い求めていた時に出会った。
ジャケットも内容もすばらしく、ときめいた私だ。
何を歌っているのかわからないところが、まず
良いのである。音色と歌い方だけで想像して
その世界観を味わうのだ。

それからサルサも踊ったな。
上手にはなれなかったけど。

そんな私に吉報が来た。
キューバの音楽祭に10年以上招待されて続けている日本人が居るのだといい
名古屋でライブをしたいのだという。
おお、ぜひぜひ!
ってな具合でライブが実現するので告知しておく。

ご存知のようにキューバという国は音楽大学を出て
ポピュラー音楽を演奏するような国だ。
その耳の確かさはとんでもないレベルなのであり
そこに招待されるアーティストさんだ。
期待せずにはいられないよね。


  = 記 =

 名古屋「キューバの見える夜」(マコト・誕生月ミニツアー)
日時:2月17日(金)Open18:30、Start19:30
場所:葡萄畑ハノハノ
出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones
   mUcho (ムーチョ) ギター&コーラス
   Makoto (マコト) ボーカル
料金:2800円(1Food,1Drink以上のオーダー要)


東京在住、キューバの国際音楽祭へ毎年演奏に呼ばれるデュオで
名古屋の素敵なハワイアン・ダイニンへ初出演が決まりました。
デュオのボーカル、Makotoの誕生月ミニ・ツアー、感謝を込めて
2/17金曜日に最高の乾杯をできることを楽しみにしています。

16114937_1210588505689241_8087520050368385735_n




budoubatake at 00:34コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月17日

jpg









Living is easy with eyes closed.
It doesn't matter much to me.

目を瞑ってしまえば生きるなんて楽勝。
ま、どっちでも良い事。

budoubatake at 19:47コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月15日

hawaii 2006 032












『空いろのくれよん』の一節。
とつじょ現れる前後関係のないひと言。
「ぼくはきっと風邪をひいてるんです」
この部分が好きである。

やたら寒いですが、あったかくしてくださいね。



budoubatake at 19:16コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月14日

LZZZZZZZ
















ここ数日、ピンクフロイド以外すべて受け容れられないという
途方もない事となっている。リアルタイムだった『The Wall』が
やっぱり心地良い。当時は雨戸を閉めて真っ暗にして聴いたものだ。
今のように情報がない分だけ、聴き手にも想像力が必要だった。




budoubatake at 19:41コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月13日

20160404182620
















私の中での吉田美奈子の最高傑作は山下達郎の『Futari』だ。
大瀧詠一の最高傑作は『夢で逢えたら』なのであり
吉田美奈子は不満たらたらなのであるが
数ある『夢で逢えたら』のなかの最高峰はやはり吉田美奈子なのであり
近年の日本のポップスの歴史上、さけてはとおれない存在なのである。

フラッペの中にいるような本日なので聴いてみたのだが
1976年の作品らしい「いきおい」がある。
クリエイティブな「輝き」がある。

しかしながら調べてみるとフラッペとフラッパーの意味は
まったく交わる事がないのだと本日知ったのである。
超クールだからフラッペ。
その比較級でフラッパーであり、きっと最上級は
フラッペストのなだと勘違いしていたのだが
知る事ができて何よりである。

budoubatake at 14:50コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月11日

_SL1300_
















ピンクフロイドのコピー&パフォーマンスをする
Brit Floydの動画を発見して観察させていただいた。

すげぇな。
ほんとうに凄い。

レコードと寸分たがわず再現しつつ
オーディエンスを興奮の坩堝へといざなう。

これだけの演奏力があったら
オリジナルをやったほうがたのしいに決まってる。

あ、そっか。

ポール・マッカートニーにしろストーンズにしろ
世界中でおなじ演奏を繰り返すのだから
言ってみればBrit Floydもおなじようなものか。

自分のためでなく、相手のためだけに演奏するのには
じつはとっても強いハートが必要だ。
その瞬間の閃きを音に変換できないことは
ミュージシャンにとってはこのうえない不自由だ。

寸分たがわず毎回演奏することの苦痛を
オーディエンスは思いもしないのだろう。

Brit Floydのショーはいちど経験してみたいものである。
YouTubeは2時間以上あるので夜のしじまの中
安眠への招待状としてご利用ください。



budoubatake at 14:28コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月05日

banner-blues-beatles
















Blues Beatlesである。
どうやらポルトガル語圏の人たちだ。
なのでHPを見ても素性はわかんないのだが
音楽は国境を超えるのである。

Ticket to Rideなどはひょっとしたら
最初はこんなふうに作ったのかも知れないな、などという
気持ちにさせるくらいのすばらしい出来だ。
YouTubeを見ると8分を超えるYesterdayとかも秀作で
意外に楽しめる。

ビートルズのカヴァーやコピーはあまり好きではないのだが
これは、あっぱれ!
ただ、スーツにバスケットシューズの意味が知りたい。





budoubatake at 21:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月22日

Better
















2016年を振り返るとする。

今年のベストアルバムは『Better Days』Chris Daniels & the Kings
このアルバムは最高である。
いちばんたくさん聴いた。
だれが何と言おうと、誰も知らなくても、評価は「最高」だ。

31D8MHZFABL
















東京ローカルホンクのこのアルバム。
最初に聴いたのは数年前なのに
急に今年私の中で突如ヒットチャートを駆け巡った。
このアルバムは全曲大好きだが、ほかのアルバムは
なぜか響いてこないから不思議だ。
『ブラック里帰り』『遠い願い』『お手紙』は特におすすめ。

712b6a843447b1d620210f5449e
















そして、もう一枚。
中野督夫『輪』
これは12月24日発売なのでまだ入手していないのだが
きっとヘビーローテーションになる。
それは間違いないのである。
名古屋人は26日STAYにてソロライブがあるから
そこでゲットできると思うぞ。ラッキーだね。

振り返れば、この3枚だ。

budoubatake at 02:22コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月17日

375
















世界中のラジオが聴ける。
しかも検索は地球儀だ。
いろんな言語に触れられて
あたかも彼の地に降り立ったかのような気分を
自宅で味わえるのだからご機嫌だ。
http://radio.garden

操作は簡単。
地球儀を見ながら好きなところに行けばいいのだ。

まずはビッグアイランドに行ってみる。
http://radio.garden/live/paauilo/q103maui/
ご機嫌な世界中のレゲエが聴ける。

じゃいっそ、ジャマイカに行ってみよう。
モンティゴベイとキングストンの二か所から。
おや。タイミングの問題か。
両局とも不思議にレゲエが聴こえない。

現地の時間も表示されるから、人々の日々の営みを
想像しながら朝には朝の、夜間にはそれなりの音楽が
チョイスされているからとってもたのしい。

タイ語が恋しければパタヤに行くといい。
ご機嫌なタイポップスが聴ける。
ガムランが聴けるかな、とデンパサールに行っても
そこはインドネシアポップスだったりして
こちらの想像通りには行かないところも
興味深いところだ。

budoubatake at 21:03コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ