運気理論

2017年11月01日

3_thumb

















『知行合一』と人は云う。
知ってたら行動せよ。
でもできない事はやりたくない事。
自分を変えよう!と意気込んでも
続きはしないものでありなかなかそうはいかない。

こどもの頃の勉強と同じだ。
苦手な教科はどうにかして先延ばしにした。
でも、こどもの頃にも「チョロいな」と感じたことは
少なからずあるものなのである。
いたってふつうなのに「おしゃれだね」とか「足速いね」とか
「物知りだね」「器用だね」などと称賛される。

称賛されると云う事はひとより長けていると云う事で
偏差値が高いという事だ。それが認知願望とあいまって
どんどんそのひとを高めていく。
たったひとつの自信が根拠のない自信を生み
人としての偏差値をも持ち上げるのである。

マイケル・ジャクソンにとって歌ったり踊ったりは
「チョロいな」と感じる瞬間だったろう。
(『THIS IS IT』を観たばかりである)

長所は徹底的に活かすべきだ。
他人の短所には目を瞑ろう。
長所どうしでつながれたら良い。
たったそれだけのことで状況は変わる。

budoubatake at 22:32コメント(0) 

2017年02月21日

hamuro002

















TV番組で津川雅彦が語っていた。
「起こったことは、すべて正しい」
名言である。

予測もしなかったことに
人は突然遭遇する。

だれもがうらやむような人にも、もちろん
それは起こる。

順風満帆なんて一生はないのである。
すべてのバランスが整うなんて事はないのである。

バランスが崩れて、ひとは考えるのだ。
行動するのだ。
そしてバランスを整える。
そうしてひと皮むけて成長するのである。

「起こったことは、すべて正しい」

budoubatake at 20:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月13日

o0800049113547172356








「速く動こうと考えるな、速いと知れ」
いろいろ言い換えることができるね。

budoubatake at 01:10コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月24日

48712d7a












「星占い」ってのはひとつのバロメータとして有効だ。
辻仁成の小説の中でのセリフを覚えている。(輪郭だけ)

「星占いってのは当たっているほうが良いの。当たってないなって
思う時、それは思考や行動が自然の流れに反しているという事。
こころを開いて宇宙を感じて生きていたら星の影響を受けるものなの」

とまぁそんな感じだったと記憶している。
自分自身に置き換えて考えてみると、そうなのだ。
どちらかというと星の動きの先回りをしていて
「えっ?今まさにそういう事が起こってますけど」となるが
なんかうまくいっていない時にはピントがまったく合っていない。

そんな時にはこころの平安を取り戻さなくてはいけない。
「愛と感謝と調和」である。




しんしんしん
      作詞:松本隆 作曲:細野晴臣

古惚け黄蝕んだ心は
汚れた雪の上に落ちて
道の端の塵と混じる 塵と混じる

何もかも嫌になり 
自分さえ汚れた雪のなかに消えて
泥濘になればいい なればいい

車が驟る白いものは雪 
人が渉く 雪は白い 
都市の裏の吹き溜り 吹き溜り

其の時ぼくは見たんだ 
もっと深く韻く何かを 
黙りこくった雪が落ちる
雪が落ちる

都市に積もる雪なんか
汚れて当たり前という
そんなばかな
誰が汚した 誰が汚した 誰が汚した

budoubatake at 21:26コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月05日

b0100078_21274349
















過日客席で女性ふたりが語り合っていて
自然に耳にはいってきた言葉が
とても印象的だったのである。

「そんなんさぁ、だいじょうぶだって。思い返してん。
もう、この世の終わりくらいの気分になった時だって
今思えばなんてことないでしょ、『むかしの話』じゃん。
今回の事もさぁ、いつかそうなるんだからだいじょうぶ
『かなしい』って思いもそんなに永くは続かないんだから」

そんな慰め方もあるのだな。

言われてみれば、たしかにそうだし。
ま、『よろこびもつかの間』なんてふうに
逆もまた真なりなのではあるけれど。

「かなしくてやりきれない」 by Little Harada



budoubatake at 02:50コメント(2)トラックバック(0) 

2016年09月04日

31KCQHCKKDL。










「ドブネズミみたいに美しくなりたい写真には写らない美しさがあるから」

写真に写らない美しさってなんだろう。
個々に意見は違うかも知れない。
私も毎日違う。

今夜思ったのは、過日友人から相談された事。

「こういう事があったんだけど、先はこうなっちゃうかも」
「これって、こういうことが原因なんじゃないかな」
「あの時こうしてたら、こんなふうにならなかった」
「きっと周りに、こんなふうに洗脳されてるんじゃないのか」

私の答えである。
「なってから考えたらいいじゃん、なるって決まったわけじゃない」
「かも知れないけどそうでないかも知れない、深く追求したらわかるよ」
「その時の最善なのだから過去を思うより今を対処したら良い」
「洗脳っつーのは本人が望んでないとされないんだよ、だいじょうぶ」

過去や未来は重要だ。

でも、今、ここを生きてなんぼなのだ。
過去を思い煩っても時は戻らないし
未来を心配しても、それは時間の無駄なのである。
取り越し苦労ほど勿体のない時間の過ごし方はない。

ドブネズミは決して未来を心配しないし過去に思い煩わない。
今ここを精一杯生きているから美しいのである。

今を真剣に100%の力で全力疾走していたら良いのである。
もちろん、そんな自分を俯瞰する能力も持たねばならないが。

そうしていたら、他人の評価すら気にならなくなるものである。
本日出会ったすばらしい言葉。

「結果が気にならないほど夢中になると、結果が出る」

自分にまっすぐ、ドブネズミのように生きたい。




budoubatake at 02:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月07日

Paulgeorge











いつ何時にも集中と拡散が必要だ。
俯瞰する能力。
それは意識するだけで身に付くのだから
目の前に集中しながらも、いつも俯瞰していたらいい。

簡単な事なのに、ほとんどのひとができてない。
あ、俺もだ。

budoubatake at 02:53コメント(2)トラックバック(0) 

2016年06月15日

Bangkok 171












イヤな奴なんていない。イヤと思う自分がいるだけ。

budoubatake at 19:04コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月25日

amida











どんなにすぐれた絵画だろうが音楽だろうが演劇だろうが
こころが求めていない時には響かない。
つまり感動しないと云う事だ。

しかしながら自分の心酔するものには
またたくまに涙腺が弛んだり高揚したりするものである。

自分の欲しいものに対して人は勝手にフォーカスするし
勝手に解釈するものである。
引き寄せの法則とか言うが、いやいやフォーカスしてしまい
自分の中で、ことさらに大袈裟に
アピールしてしまうだけの事である。

何度も言う。
「喜怒哀楽の深さが人間の魅力だ」
その深さとは、パーソナルな経験や知識に比例するのである。
歳をとるとあじさいを見ても泣けてしまうのはそういう事なのだ。

感動とは感じて動く事。
じゃ、その感動から自分は何をするのか、なのである。
その行動レベルも感じた深さに比例するのだから
日々感性の能力を上げなくてはいけない。
上げるためには知識や教養を増やさなくてはいけない。
ここで言う知識や教養と云うのはテレビなどから
受動的にキャッチするものではなく能動的に捕獲したものをいう。
他人の知識なんぞはしょせん人さまのものだ。
でもそこから深掘りしたら、自分の知識になる。
知っとるけ?

budoubatake at 03:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月24日

406355_220947171361481_292708460_n















年下なのだが魅力的な人物に出会った。
初対面だったがそうとうに深い話をしたと思う。

彼と別れてから、どうしてこんなに話が盛り上がったのかを考えた。

分析してしまうのが私の癖である。
でも、意外に簡単にその答えは出た。

彼の話の登場人物、そのすべてが魅力的な男ばかりだったのだ。

ウソとネガティブが大嫌いな私である。初対面なのに
彼のひとと成りを完全に受け入れてしまったのは
彼の話しのテクニックなのかも知れないが
ひとつ大きな事柄を学んだ。
自分の友達は他所では誉めちぎるべきである。

budoubatake at 03:02コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月22日

news_xlarge_sugarbabe_SONGS_jkt















『シュガーベイブにいた20代前半にいろいろ経験したことが
今、すごく役立ってると思う。昔はネガティブに思えたものが
今は非常にプラスになっているんだよね。』(山下達郎談)

対談全文はこちら→http://wmg.jp/tatsuro/interview.html

budoubatake at 23:19コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月05日

b16f9c68.jpg人はなぜ生き何のために生きるのか
そんな事を思い悩む必要は
いっさいないのです。
私たちのカラダは約60兆個の
細胞からできています。
それらのすべては何のために
生まれその役割を継承するのか。
わかりますか。
隣の細胞のために存在しているんです。
どれが欠けてもいけないんです。
「相手のために生きる」
それが細胞の宿命であり存在意義。
複雑に考える必要はないんです。
それが命の原理原則なのですから
私たちもそうして生きたら良いのです。

でも例外があります。
わかりますか。

それは癌細胞です。
彼らは自分のために生き寄生します。
そうして仲間を増やして結局は
寄生している命を殺して自分も死ぬんです。

癌細胞に負けないにはひとつひとつの細胞が
健全であれば良いのです。ただそれだけです。

良かれと思ってした事が裏目に出る。
そんな事もあるでしょう。
でもそれが学ぶという事であり
生きるという事なのです。
だから人間なんです。
結果を恐れて何もしないよりは失敗して学ぶ。
なにひとつ不自由のない人はいません。
誰もがそれぞれの課題にぶつかり、そしてそれを
乗り越えていく。人生はそのための
貴重な時間なのです。
命あるこの時間を慈しみ楽しめばいいのです。(2014.11.3談)

*きっと誰かの話の受け売りだと思われます。

budoubatake at 13:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月12日

6bc23949.jpg素敵なご夫婦がいる。
そのふたりのファンも多い。
どうしてそれだけ仲が良く
誰に対しても気持ちのいい
対応ができるのか、と
ふと分析してみた。
このふたりはお互いに
相手をこどもに接するように
慈しみ愛で太陽のように
ゆるぎない無償の愛を注ぐ。
きっとそういうことなのだ。

でもこれは応用すれば
すべての人間関係に使える。

「いい歳して何してんだ」
「そんなこともわかんないのか」
「どうしてそれくらいできないのか」
「何度言わせるんだこいつは」

そんなふうに考えてしまうから
不平不満が蓄積してしまう。
でも相手が人格のあるこどもだと考えたら
懇切丁寧に聞いてあげたり指導してあげたり
サポートしたりできちゃうのである。

思い切って、対等な人間として
こどもあつかいしてみると良い。

ちなみに私は精神年齢17歳なので
おおいにこどもあつかいしてもらって結構である。

budoubatake at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月18日

1c25db73.jpg神社仏閣に参ったり
背筋の伸びるお方に会う時。
気持ちがシャン!とする。
枯れかけた気を、生い茂る
新緑のように蘇らせる。
「穢れを祓う」のではなく
「気枯れを葉らう」のだ。
積極的にそういう時間を
持つだけで人生は変わる。
お墓参りもそうだろう。
目に見えないものに畏敬の念を
持つ事はだいじなのだ。

budoubatake at 02:33コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月14日

5a7ca443.jpg自らの運気を上げる人生相談と
下げるものが存在する。
女性の相談(雑談)は概ね
同調を求める。
「だよね」「私にもあるよ」
これは運気を吸い取られる。

男性の相談は乱暴だ。
「こうしろ」「ああしろ」だ。
これも相手のためになっていないから
運気は上がらない。
じゃ、どうしたらいい。

「自分ならこうする」ってのは
アドバイスにはならないのである。
なぜなら相談する地点で相談者も
言われる言葉が予測できるからだ。

自分がその立場だったらこうする、ではなく
自分がそいつ自身だったらどうする、なのだ。

十人十色であり価値観は千差万別である。
その人の思考回路や行動癖、はたまた経済状況まで
見据えつつ、自分の経験をもとに
自分がそのひとだったらどうするのかを
真剣に考えることである。
相手を認め、なおかつ無理強いはせず
自分の意見を取り入れなかったとしても
何も言わず結果だけを受け容れる。

人は正論や正解だけを求めてはいない。
何がしたいのか、何が気持ち良いのか
そして何がやりがいの源泉なのかなのであり
結局人は自分の好きなようにしか生きられない。
言うを忍んで認め合い長所同士でつながれたら
それで良いのである。

budoubatake at 22:39コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月06日

4edcabad.jpgサッカーのゲームを見てると
PKのシーンに出くわす事がある。
その時、キッカーが勝つのか
ゴールキーパーが守るのか
蹴る前に予測できてしまう事がある。
表情や動作でどちらが気の部分で
まさっているのか、なのだ。
サッカー日本代表に入れるって事は
日本サッカー界のベスト11人。
それだけでも運気は高いと言えるのに
ふしぎに感じるのは、どうして
ダメダメなメンタリティになって
しまう事があるのか、だろう。

そのゲームの中で思うようなパスが
できなかったとか以前大切なところで
PKを外してしまったという記憶が
よぎってしまうだけで負の力に
引っ張られたりするのである。
そしてキーパーの動きを見たり
観衆のどよめきに気を取られたりするだけで
集中力や決断力が鈍ってしまうのだ。

これは推測なのだが本田圭佑などは
PKを決めちゃう確率が高いのだが、それは
ゲームが始まる前から「今日はPKのチャンスがあったら
右上の隅を狙う」とか決めているのだと思うのだ。
だから揺るがない。駆け引きもない。
ただ自分の決めたコースに蹴り込むだけだ。
そういうふうにみえる。
稀にキーパーの気を読んで
ド真ん中に蹴り込むなんていう
離れ技も見せるが、それによる
精神的ショックを狙っているのであり
無茶苦茶な自信に裏付けられている。

そこで何を学ぶか、だ。
ここいちばんで緊張してしまったりする
ダメンタリティというのは結局
自己暗示の欠落に過ぎないのである。

どの選手も素晴らしい才能があり人一倍の
努力をしてそこに居る。なのに結果に差が生まれるのは
どれだけの成功イメージを持ちそこに対しての
自信を持つか、だけの事なのだ。

音楽の発表会でも同じ。
相手を気にするから余分な緊張をして
ミスタッチしてしまう。
『自分は充分に練習した。いつもどおりで良いんだ』と
構えちゃえばなんてことはないのである。
もっと言えば『聴かせてあげるよ』くらいの
上から目線のほうが結果はうまくいく。
ハイクオリティな自己暗示が実はいちばん功を奏すのだ。
ちなみにキース・リチャーズは「ミストーンなんてへっちゃら」
そう思っていると思うぞ。あくまで推測だ。

budoubatake at 23:50コメント(2)トラックバック(0) 

2014年01月23日

e195d7bb.jpg不平、不満、愚痴が嫌いだ。
そういう話になると
「言うを忍ぶと書いて認めるだよ。
言わなくて済むのなら自分のために
言わない方が良い」と私は言う。
認めていたら相手からも
そういう扱いをされる。
昨夜のお客様がおもしろい事を言った。
「寒い寒い寒いって100回言って
暖かくなるのなら言うけれど
ならないのなら言わない方が良い」
単純なのだがとても深いひとことだ。

ことばには魂が宿る。
気持の良い言葉をすこしでも
たくさん吐いたほうが良い。

budoubatake at 21:06コメント(2)トラックバック(0) 

2013年11月08日

80b5cf17.jpg今日という日は自分の人生の
集大成であると知る事だ。
マトリックスという映画の中には
人生訓となることばが台詞のなかに
散りばめられている。
「自分の力でここに来た。
きっと帰れるはずだ」とネオが言う。
物事には原因があって結果がある。
幸運も不幸も原因は自分にあると
知る事ができればまたひとつ
生きる知恵を学んで成長できる。

budoubatake at 20:03コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月26日

6542e02f.jpgふと手に取ってしまった。
『運とツキに好かれる人になる』
桜井章一である。
この本はすばらしい。
毎ページ感心してしまう。
こんなふうに運気の流れを
図解できたり言語化できるのは
「石橋を叩いてる暇があったら
渡ってしまえ」という決断力の
スピードを日々鍛えた結果だろう。
この本はお薦めだ。
知ってしまっただけでも
すでに運気は上がっている。

budoubatake at 00:22コメント(0)トラックバック(0) 

2013年05月03日

ce333216.jpg海に会いに行った。
午前中は寒くて5月というのに
半袖のアロハと短パンでは
震えそうだったが午後からは
とてもあたたかで日焼けすらしたぞ。
今日の学び。
「既成概念にとらわれない思考回路なんて
一朝一夕では身に着かない」

みんなの豚汁をつくっていた。
小学生の坊やが豚肉を不器用に切っていた。
「そんなものこうすればいいんだ」
そのお方はマナ板も使わず
ベンチの隙間を中心に豚肉を置き
パックごと包丁で真っ二つに切ったのだ。

料亭のような繊細なお料理をつくるわけじゃない。
海辺のBBQ的な豚汁である。大き過ぎちゃいけないが
しょせんバラ肉なので二等分で充分だ。
なぜなら大きいと思ったとしても
千切れない固さではない。
まな板も手も汚れない。っつーか
海辺なので手を使うほうが衛生的でない。
包丁を使う時はマナ板とセットだと云う
既成概念がないだけでないく効率的で衛生的。
そんな発想を一瞬でするこのお方はきっと
ずっとそう生きてきたんじゃないのか。

そういう人には今から追い付こうと思っても
今生では追いつけない。無論根性なんかでは無理である。
つまり成功者は成功する思考回路でずっと生きてきているのだ。
そこに学ぼうというのは無謀でありほぼ不可能である。

成功者の伝記などを読み漁っても成功哲学に関する
自己啓発本を何冊読んでも無駄なのである。
そこから学ぶべきは自分との「習慣や発想の違い」であり
誰もがお役目を持って生まれてくるのであり
自分らしく何ができるかを真剣に考えた方が良い。

松下幸之助を研究し尽くして彼を超えた!
などという話は聞いたことがないのである。
それを知っているか否かは重要である。

budoubatake at 23:45コメント(4)トラックバック(0) 

2013年03月16日

c3ce670f.jpg花鳥風月は言うに及ばず
森羅万象すべてから
影響を受けたり感動したり
学べたりできる。
人の持つ知識や経験を
分母とするならば、そいつが
おおきければおおきいほどに
分子は比例して大きくなる。
それは木にたとえられる。
根っこが広く深くなればなるほどに
天に向かって大きく広く
おい茂っていくのだ。

つまり、ひとは成長すればするほどに
感動が増えるのである。逆もまた真であり
人は感動するために成長する。
感動するために生まれてきたと言っても過言ではない。

何事にも感動できる時ってのは
ハートがクリアなのだ。
曇り硝子越しのように感動できない時には
せっせと自分を磨けば良い。
ドカンっ!と感動を味わうための
神さまがくれたインターバルだ。
それはそれでラッキーなのである。

budoubatake at 20:30コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月28日

c42c26fb.jpg価値感の合わない人というものは
かならず存在する。それは
自分の成長のために登場してくれる
ありがたいキャストなのだが
足を引っ張られてはたまらない。
馬鹿は死ぬまで治らないのではなく
きっと来世も馬鹿なのであり
馬鹿は死んでも非常識なのである。
常識ってものは自分にとっての
価値感なので仕方がない。
そのお方にはそのお方の価値感がある。
できるだけ距離を置くことでしか解決できない。
見極める事が大事だ。
ただの迷惑なお方なのか自分の成長のための
キャストなのか、をだ。

budoubatake at 23:48コメント(2)トラックバック(0) 

2013年02月23日

3d7a9dc6.jpg親しい先輩がいる。
2年ほど前だ。状況は
きわめて良くなかった。
「しっかし、その状態で
よく笑えるね」と言うと
「暗くなっとってもさぁ
しゃぁないじゃん。あはは!」
屈託のない笑顔だ。
状況に対してなんの手立ても
行わないにもかかわらず
その状況は好転していた。
『笑う門に福来たる』は本当である。

budoubatake at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月17日

58845_10151438264185845_461023788_n閃く瞬間というのは
他愛もない会話の
やりとりのなかに
ひそんでいるものである。
考えてもいなかった事を思い付く。
そこに天使が舞い降りるのだ。

budoubatake at 18:28コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月05日

0a317a77.jpgおわだまさこ
かわしまきこ

ジグザグにつないでみる。
同じ結果になる。

それがどうした、と思う人と
鳥肌が立つ人に分かれる。

budoubatake at 23:08コメント(4)トラックバック(0) 

2013年01月24日

19c4bc18.jpgビートルズの♪All you need is Love
(邦題:愛こそはすべて)が聴こえてきた。
軽く口ずさんでいると
「愛」について、ふと考えていた。

♪And in the end,the Love
that you take is equal to the love you make.

アビーロードの最後に流れるこの曲の意味を
教えてくれたのは、沖縄の天才テノール歌手新垣勉だった。

何かのTV番組のインタビューで彼の人生を知った。
(詳細は間違っていたらご容赦)
ラテン系アメリカ人を父に持ち、沖縄で生まれ
助産婦の手違い(生まれたばかりの時に劇薬で顔を拭かれた)
によって全盲となり、父母も離婚しハーフで全盲という
大きなハンディを負わされた彼は、ずっと自分の人生を
呪っていた。そして、両親や助産婦にいたるまで
きっと全てに対してネガティヴだった。

ある日、銭湯で気持ちよく唄ったら、おっさんに
「おお!ぼーず!歌うめぇなぁ〜!」なんて感じで褒められて
それを期に、自分の才能に目覚めるのだ。

で、決定的なのは武蔵野音楽院でのA・バランドーニ氏との出会い。
「君の声は、日本人には出せない声だ」
「父親がラテン系なのです」
「そうか、だから哀しい歌を歌っても湿っぽくならずに
どこか明るい未来へと続いているように聴こえるのだね。
その声をくれたお父さんに感謝しなきゃね」
そんなやりとりが、彼の人生を変えたのだ。

今までずっと、物心ついてからというもの父親を
憎しみ続けていた彼の腑に、ストン!と
「父への感謝」が落ちたわけだ。

それがきっかけで、物の見方考え方が
180度変わってしまう。
全盲の彼が、街を歩くと、交差点で誰かが
手を差し伸べてくれたりする。
それに対しても、A・バランドーニ氏はこう教える。
「愛をもらう人と、愛を与える人、それらは同等の価値がある」
とね。

私は、これを聞いた時に、初めてアビーロードの
「ジ・エンド」という曲の意味が理解できたのでである。
♪And in the end,the Love
that you take is equal to the love you make.

対訳では「結局、君がその手で奪う愛は
君がその手で産み出す愛と同じなのさ」と書かれており
はぁ〜?!だ。 全然理解ができなかった。
「愛をもらう人と、愛を与える人、それらは同等の価値がある」
の方が、きっと正しいのではないのか。
以前読んだ『心の扉を開く―聖なる日々の言葉』って本にも
同じような事が書いてあったから、きっとそうだ。



ビートルズ最後のアルバムに、それも素晴らしい
メドレー曲の締めくくりにこの曲「ジ・エンド」があり
しかも、この内容。
ビートルズって偉大だ。

だから、人から優しくされたら、物怖じせずに
ただ感謝して「愛」を頂き、自分が逆の立場になった時に
「愛」を差し出す勇気を持つ事だ。

追記:このエントリーはかなり以前に書いたものを推敲した。
   新垣勉の「さとうきび畑」を知らない人が思いのほか
   多い事を残念に思う次第だ。

budoubatake at 13:39コメント(0)トラックバック(0) 

2012年10月27日

5a3c301c.jpg本日のグランパスvsマリノス。
後半42分に玉田がゴール。
1-0でグランパスの勝利と
誰もが思った。
確信した。
ロスタイム4分。
俊輔のフリーキックが弧を描き
芸術的なほど完璧な軌道で
ネットを揺らした。

奇跡ってのは起こり得る可能性が
ゼロではないから奇跡なのである。

ただ、その奇跡を起こすために
どれだけの真剣さで向き合い
努力したかが問われる。

Never give up!

その言葉がグランパス監督ピクシーの
スローガンなのだから皮肉である。
残念。
しかし、あっぱれ!

budoubatake at 23:59コメント(2)トラックバック(0) 

2012年10月19日

bcfa549a.jpgテレビで乙武洋匡氏と武田双雲氏が
出てて教育論を語っていた。共著の
本のタイトルは『だからこそできること』
なのだが「ないからこそできることがある」と
力強く語っていた。
「ないからこそ」の「こそ」が
最も重要なのであり、そこを突きつめたら
無敵なのである。
乙武さんが言うと説得力は100倍だが
ほんとうにそうだと知っておきたい。
お金がないからこそ、健康じゃないからこそ
恋人がいないからこそできる事がある。
いちばんの強みにできる事がある。

budoubatake at 19:09コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月03日

747aa534.jpg本屋に行くと同じタイプの本が
やたらたくさんある事に気付く。
「リーダーシップ」「ダイエット」
「自己啓発」「開運」などなどである。
つまりどれだけ本を読んでも
開運もしなければリーダーにもなれず
自分を高める事なんかできない。
そういうことなのである。

振り返って考えてみたい。学生時代
リーダーシップをとれる人間って
クラスに何人いたのだろう。

なのに年齢的に中間管理職になったりして
ありもしない統率力を急に求められ
自分らしさを自分で偽るから苦しい。
できる事を自分のスタイルでやってりゃ良いのである。
みんながみんなリーダーになんて成れないから
本が売れる。売れるから書くのであり奴らの術中に
見事にはまっているわけだ。

ダイエットしたけりゃ「腹8分目」であり
たった四文字で充分だ。あれだけの本は必要ない。
なにごとも己を知る事に尽きるのである。

budoubatake at 23:43コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月02日

7cb391ed.jpg「売りことばに買いことば」って言葉は
通常悪いたとえで使われるが逆もまた真なりである。
良い言葉で接すれば相手のことばで
こちらも気持良くなれる。これは
矢沢永吉の『アー・ユー・ハッピー』に
書いてあった。土曜日の昼下がり
本屋でふと引き寄せられたのだが
永ちゃんの口からそんな言葉が発せられるとは
驚きであり『成りあがり』の頃とは違う。
ちょっと元気もらおうかな、と
そんな気分で買ったのだが当時51歳の永ちゃんは
スケールは違えど我々と同じで幾度も
煮え湯を飲まされとても人間臭い。

引用は例によってテキトーであり
おおしまフィルターをとおっているが
糸井重里が永ちゃんに言ったそうだ。
「ツッパルって圧力に対して倒れないように
負けないようにするために工夫する事だよね」
要は突っ張り棒が語源だ。どんな圧力があろうが
突っ撥ねる強さを持て。そのために常に努力し
勉強し行動しなければいけない。ハッピーであるために。
ハッピーで居られるために。と、この本は全編で言っていた。

そのなかでこの「売りことばに買いことば」の
逆もまた真なりであるというような一見当たり前だが
いかなる時にもそうはできない事をあらためて言う
とてもやさしい永ちゃんを少し好きになった。

このタイトルにしても当時英語も喋れないのに
LAに移住した事からあえて自虐的に片仮名なのだろう。
カワイイではないか。

おりしも新聞に「デビュー40周年ライブを行いキャロル時代の
ギター内海利勝と37年ぶりの共演を披露した」と書いていた。
なぜかこういうのってシンクロするのだ。

ビートルズになりたかった頃の矢沢永吉が今も好きだ。
音楽的にもビジュアルも初期のビートルズでありテレビの
ニュースでファンキー・モンキー・ベイビーを聴いた時には
ひさしぶりに鳥肌がたったのである。

budoubatake at 23:59コメント(2)トラックバック(0) 

2012年08月06日

6b23e60d.jpgアニキのようなお方がおられる。
書道家でありとてもやわらか。
彼の言葉はいつも不思議にこころの
深い部分にしみこんでくる。
昨夜すこし痩せた彼を心配すると
「人間、ほんとうの逆境を経験すると
いままで何の苦もなく生きてきたって
そう思いますね。もちろん楽あれば苦があり
苦があれば楽があるわけですが
今までの苦なんて苦の内には入らない。
こころからそう思いましたね」

「人の命ほど大切なものはないですね。
生きててくれてありがとう。もう
感謝感謝です。思うようにいかないから
人生なのですよね。いろいろ考えさせられました」
    
「しばらくは笑う事すらできませんでしたが
今は努めて笑顔で居ようと思ってるんですよ。
だってまわりが気を遣うでしょ。苦しくても
どれだけ笑顔で居られるか。そこでその
人間の真価が問われると思うんですよね」


昨夜からそのことばと彼の表情がなんどもフラッシュバックする。

budoubatake at 13:21コメント(2)トラックバック(0) 

2012年04月29日

4ef46414.jpg当たるも八卦当たらぬも八卦。
そんな占いなどどうでもいい。
運気をあげるのは自分自身である。
自分を磨いている人には魅力がある。
それは何に一所懸命なのかなのだが
いかなるものも一筋縄ではいかないものだ。
そのためにどれだけの準備をしているかに
かかっている。その準備をちゃんとしてると
必ず出会いがある。人であったり物であったり
新聞の記事だったり映画のセリフだったり
テレビのCMだったりもするだろう。
多く出会うというのは、どれだけ積極的に
生きているかという事なのであり、その
質と量は足し算ではなく結果的に掛け算になる。

あなたのGWに多くのすばらしい出会いがありますように。

budoubatake at 18:16コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月11日

10f2156f1

『直接感じるまではなにも信じてはならない』というのは
ジョージ・ハリスンがインド哲学や宗教に
おおいに影響を受けるきっかけとなった
偶然に出会ったインド人の言葉だ。

そして彼の引用したのは
スワミ・ヴィヴェカーナンダの本の中の一節
「神や魂を信じるなら知覚できるはずだ。できないなら
あきらめ、偽善者より無神論者になれ」
深いぞ深い。さらに
誰かの教えを盲目的に信じる事は
直接的体験とは異なるから深奥を究める事は
出来ないのだ、とも言う。

翻って、とっても俗世間的な事にたとえるのなら
私は誰かに対するかげ口や噂話を耳にしても
右から左へと聞き流す事にしている。
その人の評価は自分がするし
距離感は自分の感覚で決める。
実質的な被害をこうむらない限り
私はその人を信じる。

budoubatake at 01:39コメント(8)トラックバック(0) 

2012年01月26日

07045b24.jpg縁起が良い悪いというのは結果である。
結果というものにはかならず原因がある。
しかしながら、それは「個」によるもの
だけではなく複雑に絡まったご縁が
作用反作用を繰り返した結果なのであり
「みみずにおしっこかけたら腫れた」
などという単純な方程式ではない。
つまり縁起というのは個の力では
征服できないという事なのであり
縁起の良し悪しをはかる物差しは
そのひとのモノの見方考え方ひとつなのだ。
縁起=因果応報とかんがえると良い。

因果応報は瞬時に起こる。
たった今の自分が未来を創る。
複雑に入り組んでいるから
すべて思いどおりには行かない。
しかしながら、それは
自分に与えられたチャンスなのである。
光り輝くためにここに居る。
くすぶっている暇はない。


John Lennon - Instant Karma

budoubatake at 00:19コメント(0)トラックバック(0) 

2012年01月19日

0a74763f.jpg過日、すてきなレディが来ていた。
髪はすばらしく整えられ悪く言えば
ヅラっぽいのだが見るとつむじもあり
身なりもかなりおしゃれだったので
美容院でセットしてもらったのかなと
推測したのであるがふと見ると
数時間後、彼女の髪型がさっきまでの
巻き髪からストレートのショートボブに
変わっていた。ん?
インタビューしてみるとそいつもヅラだった。
どうやらそういうのを開発し売っているのだそうだ。
どうみてもヅラには見えないのである。
しかも市販の半額以下なのだ。
世のため人のため、そして自分のために
デキるひとは積極的に行動をしている。

きっと彼女はちょっとした閃きを行動に変えただけであり
その商品を生み出し育み流通させる人脈と資本を持っていた。
驚くべき事にそのカツラは純然たる副業である。

自分にできなくて他人にできる事のなんと多い事か。

そう考えたなら、じつはすべてのひとが自分にとっては
魔法使いなのでありすべての人はすべての人のために存在する。
「傍(はた)」が「楽(らく)」をするから「はたらく」

店にブルーチーズトーストというメニューがある。
スライスバゲットにブルーチーズを塗って焼くだけのメニューだから
お料理とは呼べない。しかしながら、そいつをたのしみに
食べに来る輩もおられて「こんなん料理じゃないじゃん」と言うと
「いやいやバゲット1本もいらんしチーズも悪くなるじゃん
ここでこんだけ食べるのがいちばん良いんだわ」と言うのだ。
彼にとって私は魔法使いの部類に入っていて光栄なのである。

あなたも何かのジャンルで魔法使いだ。

budoubatake at 18:05コメント(6)トラックバック(0) 

2011年10月26日

3796e037.jpgお店に半個室のスペースがあるのだが
ほぼ完璧な目隠しをする事を
検討していたのだが、それを
お客様に相談してみた。
「あ〜でもにゃぁ、こ〜でもにゃぁ」と
そいつを肴に2時間ほど飲んでたのだが
翌日である。
「おおしまさん、材料買ってきたでね」と
すでにサイズにカットして持ってきてくれた。
酒の席の話なので全然あてにしてなかったのだが
剛速球でありアスクル以上に速いのである。
彼はかつて大会社の社長だった。
いまはジャンルも変わりサイズダウンしたのだが
唯一無二。彼にしかできない事を
コツコツやっていて信奉者も多い。
もちろん私もその中のひとりなのだが
彼に限らず、なにをやっても
成功する人の共通項というのは
『ピッと閃いたらパッっと行動する』なのだ。
私は略して『ピッパーの法則』と呼んでいる。

budoubatake at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月18日

bc156f55.jpg占いを信じるか信じないかと言われれば
信じない方に分がある私なのだが占星術師曰く
「そのひとがそのひとらしく生きていたら
星占いは当たらないはずがないのよ。逆に
あたってないと言う人は自分の人生を
生きていないという事なの」だそうだ。
最近、自分の力以外のところでじぶんが
なにかに操作されているような感覚を持つ。
たぶんそういう時期に差し掛かっているのだろう。
占いを見ても実は10分もしたら忘れているのだが
まさにリアルタイムに起こりつつある事やら
その渦中にあるときなど見られているのではないかと
勘繰りたくなるほどズバリ!なのである。

占いなんぞ当たるも八卦当たらぬも八卦なのだから
すがったり依存したり盲信することは大間違いだと思うが
利用しない手はない。
あたり続けている時って云うのは、やっぱり
見えないなにかの意思で動かされている。
乗ってしまえばいいのである。

budoubatake at 00:57コメント(6)トラックバック(0) 

2011年09月30日

e8154d5a.jpgテレビを見ていたら88歳の
ダンディーなお方が言っていた。
「100%の最善を尽くせばそこに運がついてくる」
彼は大東亜戦争の頃からパイロットだ。
今、ここに「生」がある事が奇跡だが
お国のために死ぬ事が善とされてた頃も
「生きて帰るんだ」「同乗者も生きて帰すんだ」と
その1点でたたかってきたのだそうで
そういう過去を振り返った88歳の
含蓄のあるおことばなのである。
そんじょそこらの人間がこの言葉を発しても
「ふーん」という感じだろうが
ことばというものは、不思議なもので
何を言ったかではなく誰が言ったのかが重要なのである。
この言葉を聞いた時。
グサっと突き刺さった私だ。
まだまだ100%はやってないよな、と。

そういった意味においても
この映画には深く興味を持っている。
ジョージの人生はどこをどう切り取っても
深いドラマになり得るからな。
彼は自分の興味に対して、つねに
100%の最善を尽くした男である。


LIVING IN THE MATERIAL WORLD

budoubatake at 00:06コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月30日

96a9470f.jpg病院に行かなくてはいけなかったので
自宅の文庫本を適当に持って行った。
適当な所をひらいたら
「都合の悪い事は考えない」と書いてある。
深い。深いぞ!めっちゃ深い。

これぞ運気を高める最高のことばであり
的を得る事このうえないのである。
俗に「ポジティブシンキング」などと
いわれているものもじつはココだ。
もちろんリスクヘッジは必要だし
最悪も想定して選択をし、その責任は
もちろん自分にあるのだが
そのうえでの「都合の悪い事は考えない」は
最もツキを呼ぶ。

いいことばかりが起こると予測すると
こころが軽やかになるし人にやさしくなれる。
結果、いいことばかりがその人には起こるのである。
とくに自分の力の及ばない事柄には執着しない事だ。

色即是空、空即是色なのであり
都合の悪い事なんて忘れたふりしてたら
いつのまにかなくなるのである。

結局、病院でこの1ページしか読んでいない。
意外や意外に待ち時間がなかったのだ。
おお!すでにツキまくっているではないか!
と思いきや、その後のうなぎ屋では
30分以上も待たされた私である。
あの匂いの中じゃ拷問にも等しい。
しかしながらそのぶんだけ
美味しく食べられたとも言えよう。
やっぱラッキー!なのである。

そんなラッキーな私だが、いつのまにか
このブログも満7歳を過ぎていたのであり深く感謝である。
なのでめでたく「運気理論シリーズ」をカテゴリーにしてみた。

budoubatake at 00:07コメント(6)トラックバック(0) 

2011年07月30日

7dd6f619.jpg問題があって考え込む時ってのは
堂々巡りの場合が多いけれど
自分で問題を提起して、他人だと
思って答えてみると、ナイスな
アイディアが浮かんだりする。
一人称では解決しない問題を
対話形式で考える事だよ。
きっとそういうことなのだ。
自分の力の及ばない事は
考えても仕方ないので考えない事だ。



Have a Talk with God

          by Stevie Wonder 1976

誰もが問題を抱え込んでる
そこから開放されるためには
いままでの方法を変えてみるだけ
すべての問題には答えがちゃんとあるし
因果応報で原因が結果だって事
ただ気付いてないだけなのだからね
自分の中の神と対話するのさ
すると平安が訪れる
ツライ時ほど神との時間を大切にな

多くの人達は自分は独りきりだと思ってるし
自分の中にいつも神がいるのにコミュニケートさえしない
自分を成長させてくれる神がいる事を忘れちゃってるんだ
あなたが話しかけさえすれば神はいつもあなたといっしょだ
ツライ時ほど神との時間を大切にな

そう あなたと共に在る神はすべてを知る精神科医
しかも無料だ!
老若男女すべての人たちの問題を解決してくれる
だから気軽に話しかけることだよ
宗教は関係ない
ツライ時ほどあなたの神との時間を大切にな

  (てきとー意訳)




Have a Talk with God
          by Stevie Wonder 1976

There are people who have let the problems of today
Lead them to conclude that for them life is not the way
But every problem has an answer and if your's you cannot find
You should talk it over to Him
He'll give you peace of mind
When you feel your life's too hard
Just go have a talk with God

Many of us feel we walk alone without a friend
Never communicating with the One who lives within
Forgetting all about the One who never ever lets you down
And you can talk to him anytime He's always around
When you feel your life's too hard
Just go have a talk with God

Well He's the only free psychiatrist that's known throughout the world
For solving the problems of all men, women, little boys and girls
When you feel your life's too hard
Just go have a talk with God

When you feel your life's too hard
Just go have a talk with God
When your load's too much to bear
Just go talk to God He cares
I know he does

When you feel your life's too hard
Just go have a talk with God
thank-you
thank-you very much

budoubatake at 00:39コメント(4)トラックバック(0) 

2011年05月20日

887eaacd.jpg守護霊さまって存在の有無は誰にもわからないが
在ると仮定するなら証明しやすい事もある。
友人談「おおしまさんのブログを読んできて
スピリチュアルな考え方ってのは、じつは
精神衛生上このうえなく健全だと気付いたんですよ。
先日打ち合わせに出かけた時、考え事してて
ふと気付いたら隣の車に怒鳴られてたんですよ。
どうやら危険な車線変更をしたようで、相手は
若い坊だったんだけど『あ、すみません』って
謝ったんですよ、でその後打ち合わせに行くと
なぜか担当が若い坊なのにやたら上から
もの言う奴で、なんか今日「気」が悪いな、と
その後の予定をキャンセルしてオフィスに
戻ったんですよ、そうしたらいい電話やメールが
次々と来て即座に対応ができたんです」

ああ、なんか違うなと思った時に敢えて
意図的に場面転換をするというのは正解である。
「外にいちゃいけない」とのメッセージが
彼に利益をもたらした好例だ。

自分の身の回りの出来事すべてを「意味のある事」と
考え過ぎちゃうのは良くないが、それらの現象が
守護霊さんのメッセージだと捉えた時に
思い切って従っちゃうと何かしらの収穫がある。
もしくはあるような気がしているだけなのかも知れないのだが
その直感っつーか直観的な判断は「五感」すなわち
感性を磨く事で鍛える事が可能だ。
4月17日に引用したアン・サリーのことば
「人生を旅するように、その時々を大切に生きる」
こいつにはそういう意味がある。
逆に言えば理性ばかりが先行して感性をないがしろにすると
自分自身の進歩や進化にふたをしてしまう事になる。

「起こった事はすべて良い事」「すべての責任は自分持ち」
そう思う事で生きる事はとてもすばらしいと思えるし
守護霊さんにいつも守られている実感に感謝できる。

budoubatake at 00:08コメント(10)トラックバック(0) 

2011年05月19日

0ed45765.jpg「こうするっ!」って意気込んで
今の生活に何かをプラスしても、続かない。
そういう事って意外に多いのは
「決断」ってことばを把握していないからだ。
決めて断つと書いて決断。
何かをすると決めたなら、なにかを
捨てると同時に決めなくては
バランスが取れないのであり
オンするだけではなくオフすることも
同時に決めないと、それは決断ではないのだ。
三日坊主に終わるのはそのせいなのだ。

捨てるものと獲りに行くものが明確であり
ちゃんと決断すると、それはそれは
気持のいいものなのである。
ビバ!な状態はそこから生まれる。

budoubatake at 04:00コメント(10)トラックバック(0) 

2011年05月18日

e8cfd411.jpgひとは誰もだれかを特別扱いし
また特別扱いされている。
その人数がそのひとの器である。
うつわを大きくしたいなら簡単だ。
特別扱いし、されているひとに対し
態度や言葉でちゃんとその
スペシャルな重要性を表明する事だ。
すると特別の度合いがさらに増す。(当社比150%)

budoubatake at 22:19コメント(6)トラックバック(0) 

2011年05月12日

71659a0b.jpg昨日の原発娘の話もそうだが
どうしてこの世は、偶然を装って必然的な
出会いっつーものが設定されているんだろう。
まるでそれは絵本のように捲らなければ
わからないのだが、最初から決まっているが如く
ちゃんとシナリオができているように
出会うべき人と人はそのタイミングで出会う。
それを傍観できる事がレストラン業務の醍醐味だ。

今夜も素敵な出会いがあり気付きがあり
人と人、言い換えればお客様とお客様が
つまり他人同士が今夜も親しみ溢れる仲間となり
影響を与え合う存在になっていく。
おもしろいな。

結局こういうことなのだ。
「愛と感謝と調和」「究極の利己は、究極の利他」
このブログのおおきなふたつのテーマは
だれにも平等にプログラムされてて
それに対する心構えや喜怒哀楽の深さこそが
人の魅力に現れるのだ、と、ふと考えた次第である。

チャンスは平等であり結果は公平なのだ。

わけのわかんない文章だろうが
私にとっては大発見の今宵であり
乱暴に簡単に要約すれば
ひとはひとのために存在するし
そこには善も悪もなく
必要な人のみが今、存在していて
逆に言えば必要でないものは何もないという事だ。

あなたは必要とされているから今ここにいる。
自信を持って誇り高く生きよう。

budoubatake at 02:30コメント(2)トラックバック(0) 

2011年04月11日

3f3be55c.jpg昨夜お客様との会話の中で
突如ひらめいて開眼した。
知ってる人はすでに知っていて
あたり前の事で今さらなんなの?
そう思うかもしれないが
音楽ってのは12進法だった。
五線紙で表記したりドレミファソラシで
7音で構成されているので盲点だったが
よくよく考えたら12進法なのである。
ギターなどで言えば12フレットで
1オクターブなのであったり前なのだが
そこには自然の摂理というか自然界の
もっというなら宇宙の法則が働いているとしか
考えられないのである。

時計も日付も各種製品の単位のダースなど
12という数字にはどこか区切りの良さがあり
それは3×4であったり4×3であったり
つまり3と4という数字を日常生活に
どう活かすのかという事柄は
運気と絶対に密接な関係があるはずなのである。

音楽に話を戻せばルートから3度の音というもので
和音の響き方が変わる事は周知の事実であり
Keyによってその根音の3度はフラットしたりする。
つまりKeyはその名のとおりで「鍵」なのである。

中学生の頃音楽の時間が大嫌いだった私であり
今も五線紙をみるとイヤな気持ちになる。
つまり楽譜の読めないプレイヤーなのだが
中学校の頃に音楽ってものは12進法なのであり
それは宇宙の法則に従っていてすべてのものごとに
変換可能な応用の効く智恵の集積なのだということを
教えてもらっていたのなら興味を持てたのかも知れない。

ながく書けば書くほどに意味がわからないと思うが
私も書きながら自分の中で整理整頓している。

ご存知音楽というのは「ラ」が基準になっている。
440Hzという周波数が宇宙においてとても
安定している周波数なのだからに違いないのだ。
だからアルファベットの「A」で表記され
そこから始まるのだよ、すべての基本だよとの意味だ。

私のような音楽音痴はドレミファなのになんで
「ラ」が「A」なのかという部分でもう音楽理論を知ろうという
意欲をなくしてしまうのであるが440Hzは世界共通であり
仏教で言うと「Om」日本語だと「南無」は440Hzを意味し
宇宙の波動と一体化する事を意味する。

日常に440Hzと12進法そして3という数字を意識すると
調和させる事ができたり倍音を奏でたりするのである。
ちょっと考えたら身の回りにそういう例はいくつも
見つかるはずであり応用するとその力は何倍にもなる。
足し算ではなく掛け算となり大きく響くのである。

世の中の偉人と云われる人とあなたとのあいだに
どれだけの差があるのかという事だ。
じつはほとんど差はない。
なにかを成し遂げるために誰に何を伝えたか
その調和が倍音を奏でた時にとてつもないエネルギーとなる。

budoubatake at 17:10コメント(4)トラックバック(0) 

2011年04月05日

80fc925e.jpg本日から月が少しずつ大きくなる。
月の満ち欠けと運気には密接な関係がある。
満月に向かう2週間はじゃんじゃん
動くべきなのである。生物すべてが
活性化するので成長の度合いが大きくなる。
意識して種を撒くといい。

蛇足だがダイエットしている人は
この時期はやや抑え気味にして
満月の翌日からたらふく食べるといいのだ。

春の月は霞がかるから朧月と言われる。
源氏物語で「朧月夜に誘われてやって来たのです」と
女性を口説くシーンがある。
それがきっかけで源氏は須磨流しになるのだが
それでもなお断ち切れないふたりの仲。
とても好きな場面である。

源氏物語、第八帖 花の宴ー朧月夜 
「照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の 朧月夜に似るものぞなき」
桜舞う花冷えの夜の出逢いは、生涯忘れられない恋になりました。

春の月には運命を変える強力なパワーがあるような気がする。
満月までの二週間、立ち止まることなく
あまねくそのパワーを頂戴して欲しい。
つまり活発に生きるべきなのであり
自粛は自粛するべきなのである。

budoubatake at 00:45コメント(8)トラックバック(0) 

2011年02月18日

5cb3193f.jpg常識と云うものは今この時にのみ通用する。
100年前の常識はほとんど残っていない。
百科事典ですら30年で80%の書き換えを
要するのだそうだ。ならば100年後を
想像して今の自分を考えてみたい。
創造力を鍛えるためには、まず
常識すべてを疑ってみる事だ。
その手法はデカルトにより
方法的懐疑とか積極的懐疑とよばれるが
現実の生活の中の違和感にこそ突破口がある。
たとえば70年頃までは生物の進化は
弱肉強食であり強い者だけが生き残って来たと
考えられてきたが、今、だれもそんな事は考えていない。
生態系と云うものは「共生」という型で
繋がっているというのは承知の事実だ。

強くなくてもいいのである。
おのおのの長所がある。
短所を補い許し合い、長所同士で
繋がり合い協力して成長していくという
生物が今日まで脈々と培ってきた流れを
我々の社会に活かす時代になったのだ。

過日紹介した「女と男」にも書かれていたが
我々は無意識に恋をすると思いがちだが
じつは同じ遺伝子型を持ち、そのなかでも
自分とできるだけ遠い遺伝子を選ぶのだそうだ。
それというのは種の保存という本能であり
掛け合わせる事によって相乗効果を生む。
相乗効果を生むということは
あたらしい価値観、常識を創造するという事だ。
人類の進化の秘密の一部だな。

世の中の常識の中で生きながらも、積極的に
違和感を感じすべてをいちどは疑ってみると
そこからとてつもない相乗効果を生み出せる。
それが創造するということであり次世代に繋ぐ
我々の生きた証となるのである。

うーむ。
今日はまじめ過ぎたな。
すまん、昨夜の整理整頓だ。

budoubatake at 00:25コメント(6)トラックバック(0) 

2011年02月17日

814f0b88.jpg良い事も悪い事も、すべては
自分の成長のためにある。






ひさしぶりに芳村思風先生のお話を聞いてきた。
毎回発見があるからおもしろい。
このことばも「王は乞食から学び、乞食は王から学べず」とか
いろんな表現があるが、森羅万象のすべては先生だという
この表現はたいそう好きである。

budoubatake at 00:15コメント(8)トラックバック(0) 

2011年02月10日

4847eda0.jpg根拠のない自信。
じつはそれがあればだいじょうぶ!
誰に何を言われようが
現状の身の回りの現象がどうあろうが
揺るがないものを持っていたなら
ゆずらない事である。
「その根拠は?」ときかれ
うろたえたらそこまで。
「だってそうなるんだもん!」と
断言し続ければすれば、それでいい。
そうなるから。
あなたの未来はあなたが決めている。
想像していることが創造となる。
偉大なる創造主とはあなたの事なのだ。

budoubatake at 12:12コメント(10)トラックバック(0) 

2011年02月05日

18055ed1.jpg運気理論シリーズが意外にウケがいいので
調子に乗ってストーリー形式で
書き始めたのだが、毎回長文なので
いつまで続くのか注目している。
他人事のように言っているが
ホヌ君次第なのでそこんとこよろしく。

Kiss the Sky!開運!ハワイ

budoubatake at 00:16コメント(4)トラックバック(0) 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ