運気理論

2011年05月20日

887eaacd.jpg守護霊さまって存在の有無は誰にもわからないが
在ると仮定するなら証明しやすい事もある。
友人談「おおしまさんのブログを読んできて
スピリチュアルな考え方ってのは、じつは
精神衛生上このうえなく健全だと気付いたんですよ。
先日打ち合わせに出かけた時、考え事してて
ふと気付いたら隣の車に怒鳴られてたんですよ。
どうやら危険な車線変更をしたようで、相手は
若い坊だったんだけど『あ、すみません』って
謝ったんですよ、でその後打ち合わせに行くと
なぜか担当が若い坊なのにやたら上から
もの言う奴で、なんか今日「気」が悪いな、と
その後の予定をキャンセルしてオフィスに
戻ったんですよ、そうしたらいい電話やメールが
次々と来て即座に対応ができたんです」

ああ、なんか違うなと思った時に敢えて
意図的に場面転換をするというのは正解である。
「外にいちゃいけない」とのメッセージが
彼に利益をもたらした好例だ。

自分の身の回りの出来事すべてを「意味のある事」と
考え過ぎちゃうのは良くないが、それらの現象が
守護霊さんのメッセージだと捉えた時に
思い切って従っちゃうと何かしらの収穫がある。
もしくはあるような気がしているだけなのかも知れないのだが
その直感っつーか直観的な判断は「五感」すなわち
感性を磨く事で鍛える事が可能だ。
4月17日に引用したアン・サリーのことば
「人生を旅するように、その時々を大切に生きる」
こいつにはそういう意味がある。
逆に言えば理性ばかりが先行して感性をないがしろにすると
自分自身の進歩や進化にふたをしてしまう事になる。

「起こった事はすべて良い事」「すべての責任は自分持ち」
そう思う事で生きる事はとてもすばらしいと思えるし
守護霊さんにいつも守られている実感に感謝できる。

2011年05月19日

0ed45765.jpg「こうするっ!」って意気込んで
今の生活に何かをプラスしても、続かない。
そういう事って意外に多いのは
「決断」ってことばを把握していないからだ。
決めて断つと書いて決断。
何かをすると決めたなら、なにかを
捨てると同時に決めなくては
バランスが取れないのであり
オンするだけではなくオフすることも
同時に決めないと、それは決断ではないのだ。
三日坊主に終わるのはそのせいなのだ。

捨てるものと獲りに行くものが明確であり
ちゃんと決断すると、それはそれは
気持のいいものなのである。
ビバ!な状態はそこから生まれる。

2011年05月18日

e8cfd411.jpgひとは誰もだれかを特別扱いし
また特別扱いされている。
その人数がそのひとの器である。
うつわを大きくしたいなら簡単だ。
特別扱いし、されているひとに対し
態度や言葉でちゃんとその
スペシャルな重要性を表明する事だ。
すると特別の度合いがさらに増す。(当社比150%)

2011年05月12日

71659a0b.jpg昨日の原発娘の話もそうだが
どうしてこの世は、偶然を装って必然的な
出会いっつーものが設定されているんだろう。
まるでそれは絵本のように捲らなければ
わからないのだが、最初から決まっているが如く
ちゃんとシナリオができているように
出会うべき人と人はそのタイミングで出会う。
それを傍観できる事がレストラン業務の醍醐味だ。

今夜も素敵な出会いがあり気付きがあり
人と人、言い換えればお客様とお客様が
つまり他人同士が今夜も親しみ溢れる仲間となり
影響を与え合う存在になっていく。
おもしろいな。

結局こういうことなのだ。
「愛と感謝と調和」「究極の利己は、究極の利他」
このブログのおおきなふたつのテーマは
だれにも平等にプログラムされてて
それに対する心構えや喜怒哀楽の深さこそが
人の魅力に現れるのだ、と、ふと考えた次第である。

チャンスは平等であり結果は公平なのだ。

わけのわかんない文章だろうが
私にとっては大発見の今宵であり
乱暴に簡単に要約すれば
ひとはひとのために存在するし
そこには善も悪もなく
必要な人のみが今、存在していて
逆に言えば必要でないものは何もないという事だ。

あなたは必要とされているから今ここにいる。
自信を持って誇り高く生きよう。

2011年04月11日

3f3be55c.jpg昨夜お客様との会話の中で
突如ひらめいて開眼した。
知ってる人はすでに知っていて
あたり前の事で今さらなんなの?
そう思うかもしれないが
音楽ってのは12進法だった。
五線紙で表記したりドレミファソラシで
7音で構成されているので盲点だったが
よくよく考えたら12進法なのである。
ギターなどで言えば12フレットで
1オクターブなのであったり前なのだが
そこには自然の摂理というか自然界の
もっというなら宇宙の法則が働いているとしか
考えられないのである。

時計も日付も各種製品の単位のダースなど
12という数字にはどこか区切りの良さがあり
それは3×4であったり4×3であったり
つまり3と4という数字を日常生活に
どう活かすのかという事柄は
運気と絶対に密接な関係があるはずなのである。

音楽に話を戻せばルートから3度の音というもので
和音の響き方が変わる事は周知の事実であり
Keyによってその根音の3度はフラットしたりする。
つまりKeyはその名のとおりで「鍵」なのである。

中学生の頃音楽の時間が大嫌いだった私であり
今も五線紙をみるとイヤな気持ちになる。
つまり楽譜の読めないプレイヤーなのだが
中学校の頃に音楽ってものは12進法なのであり
それは宇宙の法則に従っていてすべてのものごとに
変換可能な応用の効く智恵の集積なのだということを
教えてもらっていたのなら興味を持てたのかも知れない。

ながく書けば書くほどに意味がわからないと思うが
私も書きながら自分の中で整理整頓している。

ご存知音楽というのは「ラ」が基準になっている。
440Hzという周波数が宇宙においてとても
安定している周波数なのだからに違いないのだ。
だからアルファベットの「A」で表記され
そこから始まるのだよ、すべての基本だよとの意味だ。

私のような音楽音痴はドレミファなのになんで
「ラ」が「A」なのかという部分でもう音楽理論を知ろうという
意欲をなくしてしまうのであるが440Hzは世界共通であり
仏教で言うと「Om」日本語だと「南無」は440Hzを意味し
宇宙の波動と一体化する事を意味する。

日常に440Hzと12進法そして3という数字を意識すると
調和させる事ができたり倍音を奏でたりするのである。
ちょっと考えたら身の回りにそういう例はいくつも
見つかるはずであり応用するとその力は何倍にもなる。
足し算ではなく掛け算となり大きく響くのである。

世の中の偉人と云われる人とあなたとのあいだに
どれだけの差があるのかという事だ。
じつはほとんど差はない。
なにかを成し遂げるために誰に何を伝えたか
その調和が倍音を奏でた時にとてつもないエネルギーとなる。

2011年04月05日

80fc925e.jpg本日から月が少しずつ大きくなる。
月の満ち欠けと運気には密接な関係がある。
満月に向かう2週間はじゃんじゃん
動くべきなのである。生物すべてが
活性化するので成長の度合いが大きくなる。
意識して種を撒くといい。

蛇足だがダイエットしている人は
この時期はやや抑え気味にして
満月の翌日からたらふく食べるといいのだ。

春の月は霞がかるから朧月と言われる。
源氏物語で「朧月夜に誘われてやって来たのです」と
女性を口説くシーンがある。
それがきっかけで源氏は須磨流しになるのだが
それでもなお断ち切れないふたりの仲。
とても好きな場面である。

源氏物語、第八帖 花の宴ー朧月夜 
「照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の 朧月夜に似るものぞなき」
桜舞う花冷えの夜の出逢いは、生涯忘れられない恋になりました。

春の月には運命を変える強力なパワーがあるような気がする。
満月までの二週間、立ち止まることなく
あまねくそのパワーを頂戴して欲しい。
つまり活発に生きるべきなのであり
自粛は自粛するべきなのである。

2011年02月18日

5cb3193f.jpg常識と云うものは今この時にのみ通用する。
100年前の常識はほとんど残っていない。
百科事典ですら30年で80%の書き換えを
要するのだそうだ。ならば100年後を
想像して今の自分を考えてみたい。
創造力を鍛えるためには、まず
常識すべてを疑ってみる事だ。
その手法はデカルトにより
方法的懐疑とか積極的懐疑とよばれるが
現実の生活の中の違和感にこそ突破口がある。
たとえば70年頃までは生物の進化は
弱肉強食であり強い者だけが生き残って来たと
考えられてきたが、今、だれもそんな事は考えていない。
生態系と云うものは「共生」という型で
繋がっているというのは承知の事実だ。

強くなくてもいいのである。
おのおのの長所がある。
短所を補い許し合い、長所同士で
繋がり合い協力して成長していくという
生物が今日まで脈々と培ってきた流れを
我々の社会に活かす時代になったのだ。

過日紹介した「女と男」にも書かれていたが
我々は無意識に恋をすると思いがちだが
じつは同じ遺伝子型を持ち、そのなかでも
自分とできるだけ遠い遺伝子を選ぶのだそうだ。
それというのは種の保存という本能であり
掛け合わせる事によって相乗効果を生む。
相乗効果を生むということは
あたらしい価値観、常識を創造するという事だ。
人類の進化の秘密の一部だな。

世の中の常識の中で生きながらも、積極的に
違和感を感じすべてをいちどは疑ってみると
そこからとてつもない相乗効果を生み出せる。
それが創造するということであり次世代に繋ぐ
我々の生きた証となるのである。

うーむ。
今日はまじめ過ぎたな。
すまん、昨夜の整理整頓だ。

2011年02月17日

814f0b88.jpg良い事も悪い事も、すべては
自分の成長のためにある。






ひさしぶりに芳村思風先生のお話を聞いてきた。
毎回発見があるからおもしろい。
このことばも「王は乞食から学び、乞食は王から学べず」とか
いろんな表現があるが、森羅万象のすべては先生だという
この表現はたいそう好きである。

2011年02月10日

4847eda0.jpg根拠のない自信。
じつはそれがあればだいじょうぶ!
誰に何を言われようが
現状の身の回りの現象がどうあろうが
揺るがないものを持っていたなら
ゆずらない事である。
「その根拠は?」ときかれ
うろたえたらそこまで。
「だってそうなるんだもん!」と
断言し続ければすれば、それでいい。
そうなるから。
あなたの未来はあなたが決めている。
想像していることが創造となる。
偉大なる創造主とはあなたの事なのだ。

2011年02月05日

18055ed1.jpg運気理論シリーズが意外にウケがいいので
調子に乗ってストーリー形式で
書き始めたのだが、毎回長文なので
いつまで続くのか注目している。
他人事のように言っているが
ホヌ君次第なのでそこんとこよろしく。

Kiss the Sky!開運!ハワイ

2011年01月25日

acc894cc.jpgいろんな観点から自己分析したりすると
よくわかるのだが、長所と短所が
表裏一体であり思わぬヒントが潜んでいる。
欠点を言いわけにせずそれを長所に
ひるがえす何かがちゃんとある。
経営診断なんかで記入してたりすると
長所も短所であり短所も長所だと気付く。
たとえばハノハノは久屋大通駅から徒歩2分で
丸の内という立地というのは長所でもあり
オフィス街で上司や取引先と会いたくないという
欠点にも成り得るのである。ならば
ターゲットとする客層や年齢層を絞り
あとはどう立ち振る舞うかだけなのだ。

少し違うのだが
全体のレベルを上げようと思う時。
これは勉強においても同じなのだが
得意分野や伸びてるところにフォーカスし
とことん研ぎ澄ます事が必要である。
たとえば飲食店では12:10~12:50は大混雑する。
オープンの11:30やランチ終了間際の13:30に
もっと客足を増やそうとその時間だけドリンクをサービスしたり
雑誌を置いたりなどの経費を増やすよりも超満員の40分間を
もっと人気が出るように工夫するとその前後にどんどん
客足が増えるものである。
勉強で言えば数学が苦手でも得意な国語と英語をもっと伸ばせば
なぜかふしぎに数学も点数が上がるものなのである。

だれもが長所と短所を持っている。
自己プロデュースするために俯瞰して観察してみると
意外に短所は長所になる可能性を秘めているものである。

2011年01月21日

95c3c05e.jpgマンションには管理会社が入っていて一日中
お掃除をしてくれるのでピカピカである。
階段に差し掛かった時にお掃除おばちゃんと
出くわし、道を譲られたのだが
「レディファストです、どうぞ」と
ジェスチャー付きでVIP待遇したら
おばちゃんの顔がほころんだ。

なんだかこちらのこころもほっこりして
良い一日の始まる予感に満たされた。
一日一善なんてことばをこどもの頃に
聞かされたがそんなたいそうな事でなくて良い
ワンリップサービスで気持よく暮らせる。
しかも原価は0円である。

相手をアップする言葉ならあえて呑み込まず
口に出した方が良いのである。
アクセサリーや服装や髪形、ネクタイやスーツにバッグ。
ダサいと思って身に付けたりしないのだから
気付いたら気軽に褒めたらいいのである。

ただ褒めても「そこ?!」と逆突っ込みされる場合もあるが
いいのである、言葉にしないよりは。
Let's try!




憂歌団 おそうじオバチャン

A-D7-A-E-D7-Aの循環コード。
Let's try!

2011年01月01日

8a8f72c1.jpg書き初めから始まる新年の朝。
たちこめる墨の匂い。
姿勢を正して筆を持つ。

いちにちが初動で決まるのと同じで
1年も書道で決まりであり駄洒落である。

あなたにハッピーがたくさんたくさん
訪れますやう、こころから
お祈り申し上げます。

2010年12月28日

ed65115a.jpgどうにもならないことなんてどうにでもなっていいこと
ブルーハーツ「少年の詩」の一節である。
とても的を得たことばであり大好きだ。
今を生きる事のできない人っていうのは
自分の力が及ばないところにまで考えて
あーなったらこうなって、そしたら
こんなふうになっちゃってワヤじゃん。
そんな考えがあたまのなかで堂々巡りだ。
完全に時間の無駄遣いなのである。

自分の力の及ばない事は心配しない。
そう腹をくくると今を生きられるのである。
海外旅行に行く時なんて飛行機が飛ぶ瞬間
もう、日本の事に関与できなくなるから
完全に解き放たれる。
ま、今は携帯が通じちゃうから
ある程度は関与できちゃうけどな。
日常生活ならば、明日の事は明日わかる。

すべてが思い通りに行かないのと同様
自分の力の及ばないところの心配事も
たくさん心配して損した、なんて思った経験は
一度や二度ではない筈なのである。
だったら来たるべき時に起こった問題には
そこで対処すればいいのであって
何も起こっていないうちからせっかくの
うつくしい夜空や目の前の事柄を愉しまず
ネガティブなうわの空の時間を持つ事は
とってももったいない事だと思わないかな。

心配しない事である。
アクションできる事は即実行だ。



2010年12月26日

d522fec9.jpgさて、年末ってことで大掃除ですな。
私はずっと引っ越してないのもあり
たぶん、自宅には要らないものが
大挙しているものと思われる。
これは決断力の問題なのである。
「いつか使うかも」
これがいけない。
それは仕事でも同じなのである。
Faxやメールを受け取ったら、即返信し
ためない事、あとまわしにしない事を
心がけるだけでずいぶん効率的に
仕事ができるようになるのである。

私の身の回りを観ていても仕事ができる奴は
すべてにおいて速い。しかも無駄な動きがない。

必要な情報とそうでない事を瞬時に決断し
じっさいにどんどん捨てる。
どっちでもいいことですら先延ばしせずに
即決する勇気を持つと大掃除さえ
たいした事ではなくなるのである。
やや飛躍した感はいなめないが三段論法からすれば
あながち間違いではない。

知行合一とは知ってる事と行動が同じであることを意味し
そのように常に決断を早くするトレーニングをしていると
くよくよ悩む事もなくなるのである。
んっ?それは性格にもよるのかも知れんが
「知行合一情報処理」これは知っておいて損はない。

何でもかんでも必要と思われないものは日ごろから
じゃんじゃん捨てる、その習慣が付くだけで
人は変われるのである。

じつはタイから友人が帰って来るので
「欲しいものがあったらメール下さい」とメールをもらってたのに
トムヤムスープの素があったかどうか確認しようと思って
返信し忘れていたのだが、それに今気付いたのであり
友人はもう今まさに飛行機の中だ。あはは。
あとまわしにすると、こうして人間関係にも響くのであるからして
知行合一情報処理を知っているだけでは意味がないのである。
ちゃんとしなさい!おれ。である。

2010年12月21日

921d4e75.jpgことばというものはじつに不自由だ。
共通言語を持っていればいるほど
各個人の理解度の深さが盲点になるからだ。
ひとそれぞれ生きてきた道筋も経験も異なり
教養や素養によってもまるで異なる。
わかったような事を言う人には
特に注意が必要である。なぜか。
言うだけなら誰でもできるのであり
世渡りの術としての「ことば」を
多く知っていたとしても、なんの実践も
経験もなく薄っぺらである事も少なくなく
どのレベルで言っているのかを冷静に客観的に
判断する事が重要なのである。

「愛と感謝と調和」と私が言う。
100人居たら100人の解釈があり深さがあり
十人十色、千差万別それぞれの定義がある。
それはその人の喜怒哀楽の経験の深さに基づく。

喜怒哀楽の経験の深さは人間の魅力に直結するのであり
魅力のある人間のことばは必然的に深いのである。

イラストは観世音菩薩。
観世というのは感じるのカン、観察のカンを兼ねていて
音と云うのは世間の人々のことばや耳から入る情報の事を言う。
つまり広く深く世を観察し感じて良い方向に導いてくれる神さまだが
それは、我々ひとりひとりがそうあるべきなのだと考えている私だ。

2010年12月20日

e3523374.jpg満月の夜であるのでまじめにいく。
中長期計画を立てることは大事だ。
でも、いちばんは「今ここ」である。
ちゃんと立っていたらスピリチュアルをはじめ
宗教も哲学も必要ないのである。
しかしながら、そこになんらかの真理や
ヒントが潜んでいるはずなので
興味がある事には深堀りすれば良い。
ひとから薦められてもその気になれないものは
根本的に今の自分とはソリが合わないのであり
それってつまり今必要のない事なのだから
スルーしてOKだ。

どんな宗教家も哲学者もアスリートでも
一線を越えることができたなら、みんながみんな
同じ事を口にするのはとても興味深い事である。
それは自分の興味に対して真っすぐ直線で
深堀りしたからこそ最短距離で到達したものだ。
そのためには「ひとなみ」の生活をしていたら
絶対に無理なのである。寝食忘れて没頭できるものが
ない者にはその境地には、なかなか到達できないのだが
おのおののレベルで疑似体験できる情報時代なので
おおいにいろんな世界のおいしい部分を
自分のアンテナでキャッチし整理整頓してゆけば
ある程度のレベルには到達できる。

つまり今の自分に必要な事柄は勝手に自らのアンテナが
キャッチできる時代なのであとは自分がどう活かすか、である。
要するにタイミングだ。
必要なものってのは必要な時に、一瞬早くなく一瞬遅くなく
ベストなタイミングでメッセージとしてやって来るから
すべてのジャンルにおいて、焦る必要はない。
越えられない壁はその人の前に現れないし
尊敬すべき人や、なかよしだった人と疎遠になったとしても
それは今の自分に必要のない人なのであり
互いに必要になった時、ふたたび現れる。
それを私は愛であり天使なのだと定義している。

イラストは文殊菩薩。

2010年12月02日

e04dd4a7.jpgとある女性と話していたら、そのお方は
お料理教室が自分にとってのパワースポットであり
神社仏閣に参拝するに等しいのだと言っていた。
なるほどな!である。
お料理の先生は生徒さんの為に智恵をしぼる。
生徒さんは習ったお料理を誰に食べさせようか
あの人ならもう少しこんなアレンジしたほうが
よろこぶのではと思いを馳せたり、じっさいに
ご自宅に帰って復習ついでにトライしてみたり。
つまり「思い遣りの連鎖」がそこにはあるのだ。

ひとそれぞれに価値感があるのだからして
自分にとってのパワースポットを持ち
定期的に訪れエネルギーを頂くと云うのは
とっても理にかなっていると思った次第である。
ここで注意したいのは「気を頂く」と
自己暗示をかけた者勝ちだという事実。
なにごとも思い込みから不思議なパワーが生まれる。
それが目に見えないものの力なのだ。

b5262af9.jpg






HanoHano AlohaDiningって場所も
そうありたいな、癒しの場所でありエネルギーを
補充できるスポットとしてお役に立ちたいななどと
深く考えた次第なのである。

2010年11月30日

08e698cb.jpg『壜のなかのメッセージ』
ある日壜のなかにメッセージを書いて海に流してみた。
そんなことも忘れてたある日海に行ってみると
信じられない数のボトルにメッセージが書き込まれ
浜辺に、そして海に浮かんでいた。ってのは
ポリスの有名な曲である。

クレームと云う名のメッセージは
天からの囁きなのだと理解している。
自分のことを考えるならクレームという名の
アドバイスと思った時にだけ口にする。

だとえば知り合いのお店でカルボナーラを食べた時
ぬるいスパゲティが出てきた事があった。
「なんじゃこりゃ、ヌルボナーラじゃん」と脳みそでは思っても
彼には「卵ってどういう状態?冷蔵庫に入っていない?」と
ヌルボナーラになった原因をいっしょに考え他のお客様が
満足して頂けるように、ステップアップの為に語る。
知らない店ならなにも言わず「ごちそうさま」と帰るのである。
もちろん二度と行かない。

ハノハノではSPAMのナシゴレンを出しているのだが、ある日
お客様から「SPAMが食べたいからオーダーしたのにこま切れだと
SPAMを食べた気がしないよ、あの形がないとなぁ」と言われ
なるほどな、と思い仕上げに乗っける目玉焼きをSPAMのスライスと
ともに焼いてハムエッグにしたのだが、好評なのである。

つまり、クレームをくれる方ってのは少なからず
好意を持っていてくれるから言うのであって
それは成長の為に出現する、いや成長の為に必然的に現れるのだ。

しかしながら忘れてならないのは、いい気もあれば悪い気もある。
いわゆるクレーマーという人種の方々もおられるのだ。
彼らは難癖を付けて「自分だけ」が得をすることを
至上のよろこびと感じる人種なので、そういう人の事は
一日も早く忘れる事だ。
と言いつつかく言うも私にも忘れられない癪に障るイヤな思いは
一度や二度ではない。三度くらいかな。ウソであるもっともっとだ。

「そんなこと広告には書いてなかった」だの「説明不足だ」だの
さまざまなクレームがあっても「なるほど」と思った事だけ
改善すればいいのである。そう、それでいい。

クレーマーもじつは大切な存在であり、徹底的に振り返る事が必要だ。
なんどもなんども検証し、総合的に照らし合わせて
今後自分がどうするかはそこで決定できるのであり
ひとつのゆるぎない判断基準を与えてくれるのだ。
ま、傷付くけどな。

そんな時にはこちらもメッセージを書いて海に流そう。

つまり、クレームとは情報伝達なのであり硬い固い壜に詰められている。
誰もが誰からも嫌われたくはないから、言わずに済む事は言わないのであり
言ってくれる人は「すなはち天使」なのである。
それとともに、言っていただける自分の器ってものを
しかと持っていたいものである。
言ってもらえるうちが華であり、言ってもらえなけりゃ
ただの頑固オヤジなのである。



2010年11月27日

fb0281a7.jpg開運、自己啓発、スピリチュアルから恋愛まで
おなじような本が山ほど出版され、そして
いちど買った読者が同じような本を
次から次へと買ってしまうのには理由がある。
そこには落とし穴がちゃんと用意されているから
ノウハウ本中毒になってしまうのである。
その最たるものは「知ってるつもり」だ。
『夢をかなえるゾウ』は読んだかな。
自己実現のために最初にするべき事に
「くつを磨く」とあった。
じゃ、それを実行してますか?ということだ。
物語の中ではサラリーマンの身だしなみとして
自分の商売道具に感謝し大切に扱うという意味だから
サッカー選手ならスパイクだし野球選手ならグローブ
飲食店ならユニフォームや包丁や鍋などがそれにあたる。
そういうふうにちゃんと置き換えて落としこんだなら
日々の行動が瞬時に変わるのだが残念ながら
置きかえられない人が圧倒的でありひとごとなのである。

知っててやらないのは知らない事と同じであり
相手に聞こえない挨拶に等しい。
陽明学では「知行合一」と言う。
知ったからにはやりなさい、と云う事だ。
行動に移して習慣化して、はじめて知識が智恵に変わり始め
その結果、未来が変わるのである。

祈ったりマインドマップを作っただけでは何も変わらない。
そのために何をしたか、し続けたかがたいせつなのだ。
イチローを真似て毎朝カレーを食べても彼のようになれないのは
一目瞭然であり、とどのつまりさういふ事なのである。

さらに知っておかなくてはならない事。
人は十人十色であり千差万別なのだから個々の顔や指紋とおなじく
おのれのキャラクターによって成功事例もまちまちなのだ。

相手のある事なら成功確率はさらにその二乗なのであり
ノウハウ本を書いている人にとって最高な事例も
自分にすべてフィットするとは限らないのである。
逆にフィットない場合の方が多いのだが、さも
そうであるかのように書くから本は売れる。
で、成功しない人が多いからまた買ってしまう。
中学2年生の時にヨシミちゃんに借りたワニブックス「How to Sex」も
当時、何ら役に立たなかった事を付け加えておこう。

2010年11月20日

45918534.jpgたった今降りてきた言葉「Time will Tell」
今日はなに書こうかな、そう思ったら
なぜかこのことばが閃いた。大好きな言葉だ。
だれもが毎日自分にできる最善を生きているが
すべて最良かどうかにおびえているより
最善をつくしたのだから、どう転ぼうが
それは最善の結果なのだと思ったなら
なんの後悔もない。
それにしたがって、また最善を尽くすだけである。

過去にこだわり未来に不安を感じると
現在のエネルギーを無駄に消耗してしまう。
だから「Time will Tell」
そう思っていたなら今を生きられる。

2010年11月03日

7676fcae.jpg『自分は愛だと自覚する』
行動指針にこういう項目を付け加えたのは
いつからだったのかは忘れたし
年がら年中そう思えるほど聖人君子ではない私だが
とても傷付いた友人や悩みを抱えた友人と
時間を過ごしたりする時には、とくに
大島正浩という一個人を考えず
「もし、私が愛という存在だったら今ここで
どういう行動や言動をするのかな」と
考える事が習慣となっている。
宇宙がいま、私に何を求めているのか、と
私にできる最善の愛はどんな形なのかと。

2010年10月17日

8a3f351f.jpgさて、原因があるから結果がある。
だからといって短絡的に
今こうあるのは、アレが原因だ、と
直線でつながっているように思ってはならない。
この世の中(宇宙)というのは、二次元ではなく
三次元で縦横斜めに複雑に織り込まれる
壮大なタペストリーだということを
ちゃんと念頭に置いていないと、間違う。

この世に個で主体性のあるものはなにもなく
すべて相対性によって存在が可能だ。
つまり比較対象のないものは
なにひとつ無く、すべては相互依存しつつ
変化していくのであり、Aが原因だからBという
結論を単純には導かないのである。

AがAたるゆえんやバックボーン、Bの潜在意識や顕在意識
そしてその両者を取り巻く環境や風土など、それら
すべてが複雑に入り組んでの結果となるので
こうしたからこうなった、だから次からはこうしなくっちゃ
そんな単純ではないのであり、すべてを深く広く観察し
心象風景で見えているもので判断してはならない。
自分勝手な解釈やエゴが介入すれば、運気は負へと向かうので
時間をかけて検証する事も時には必要だ。
原因と結果というものは、そういうものである。

d57f431d.jpg上の写真はラニカイの波打ち際。真水のやう。
だからこういうエメラルドグリーンの
美しい景観になる、などと
一直線ではないのである。
それは一因に過ぎない。




ここにも複雑なタペストリーが織り込まれている。(笑)

2010年10月11日

9233cfdc.jpgひとと話していて、ふと思ったりしないかな?
「この人って何の為に現れて、何の示唆なのかな?」と。
ウワサをすれば影、とか言うように
誰かのお話をしてる地点で、もう引き寄せてる。
(先回を参照にすれば、すでに惹き合ってる)
キャスティングに必要だからその人も
本意か不本意か登場するのだ。
自分の目の前の現象は、すべて自分から
引き寄せていて、何かの象徴である場合が多い。

ひとは誰も映画監督を通り越してオーガナイザーだ。
しかしながら、この人ってなんのために
自分の人生に現れたのかが、まったくわかんないひとが居る。
そんな輩こそ、なんとなくカワイイものである。

いちにちの終わりに、やってみるべき事。
それは今日の出会いや偶然が自分に与えた影響について
精査してみる事、だ。

キャスティングはじつは自分が決めている。
だが自分は気付いていない事が多いのであり
反芻することに意義がある。
そして深く感謝しよう。

2010年10月07日

06427e51.jpgいやはや、ノーベル賞である。
すばらしい。
そのインタビューで頻繁に聞かれたのが
『セレンディピティ』ということばだ。
「思いがけないものを発見する能力」
「必然の偶然」「しあわせな偶然」
いろんな解釈があろうが忘れちゃいけない。
その前の段階という「準備がなければ起こらない」
つまりそういう事なのだ。
他力本願ではなく、思い続ける事。
いつもいつも四六時中考える事によって
なにも考えてないような時にフっと
そいつは姿を現わすのである。
思いの強さ、そしてそのベクトルが重要であり
「守株」や「棚ボタ」とはまったく別の次元なのである。

原因があるから結果があり
結果には原因がある。
そんな当たり前のことを
ひとは忘れがちだ。

2010年10月02日

0e0acec1.jpgいつもちょうどいい人が目の前に現れる。
「引き寄せの法則」と俗に言うが
引き寄せるのではなく惹き合うのだと思う。
だから目の前の事象は鏡ということばは
まったくもって正しい。
おなじようなエネルギーは惹かれ合う。
そんなふうに考えたなら、世の中の
観察の仕方もずいぶん変わってくるのである。
国家間のいさかいですら理解できる。
たとえば幼稚な国家のいちゃもんですら
稚拙な政府にとっては大問題になってしまうし
すこし前の話をすれば東条英機やヒトラーは
大悪人だったのだろうか。
答えはNO!である。
たんに国民の代表だっただけである。
振り返って気付いただけだ。
それが歴史である。
情けない政府は、その国民の鏡なのであり
我々が変わらなければ、国は変わらない。

恋をしたい人間の前にしか理想の恋人は現れないのだ。

もちろんこのエントリーのたとえのすべては比喩であり
「引き寄せの法則」と俗に言うものへのアンチテーゼである。
自分中心の考え方とは少し違う。
相手にも少なからず意思があり、目の前に起こる事柄を
お互いの思考の投影なのだと認識するならば
なにごとも惹き合いながら前進しているのであり
森羅万象の中で曼荼羅のごとくつながっている中で
前述のように「同じエネルギーは惹き合う」と考えるべきであり
惹き合う関係を「惹き寄せの法則」と命名する。

運気を上げたい、と切望するのなら、いまいちど
自分の周りで起こっている事に着目し深く観察すればいい。
その都度自分のマインドはどこにありどちら側から見ているのか
冷静に客観的にみつめたならば、今の自分のエネルギーの状態が
手に取るようにわかり、対処の仕方やこころの持ちようを
変える事ができるのであり、自分が変わる。
その集合意識がRevolutionなのである。

2010年09月23日

b469e7a9.jpg運気理論を書いたら運気が上がった。
っつーか、基本運の良い私だ。
運気アップに重要な要素を
ひとつ書いておかなくてはいけない。
「気の集まるところに行く」だ。
私の感覚で、これから注目をあびそうな
ネットのサイトを紹介してもらったのは
7月だったのだが、生まれたてで
時期を虎視眈々と坦々麺を食べつつ待っていた。
先日コンタクトを取ってみると
ベストなタイミングでゴールデンの
TVのニュースで報道されるという。

その現場取材にHanoHanoを使ってくれると言うではないか。
「気の集まるところに行く」言い換えれば
「虎の威を借る」なのであるが必要な要素である。

日常的に言えば、良い「気」を持ってると感じる人と
常にいっしょに居ると伝染するのであり
いつの間にか自分もいい気を発しているものである。

難点は残念ながら1点ある。
気が集まるところには、悪い気も集まる。
その対処の仕方によっては運気が下がるので
注意が必要である。

さて、TVのオンエア情報は、また追って報告するので
よろしく!である。

そうそう!本日、桜並木を通ったら
ハラハラっと落葉である。
ボンネットの上を枯葉が舞い
猛烈に秋を感じたが気温は34度。

そんなこんなで、まったくよくわからない今日この頃だが
なにかというと日本国旗を燃やす人種とは
何百年たってもわかり合えないのではないのか。
同じ人間同士なのにな。
Imagine Peace!である。

今、いい言葉に出会いました。
Akko♪ちゃん、ありがとう。
そっちにコメントし始めたら長くなったのでコチラに書きます。

“愛の為に調和が崩れるのは、調和のある生き方の一部なんだよ”

映画とフィットするかどうかはわからないが
こいつも開運のことばなのである。

調和というのは言い換えればバランス。
どこかがいびつな形となり調和が取れなくなると
バランスを取るために人は努力する。
その結果なにが起こるかというと「成長」なのだ。

ひとはその成長段階において、ちゃんと壁が用意されている。
だけどひとつ覚えておかないといけないのは
「乗り越えられない壁はない」ということであり
生徒の準備が整った時に教師は現れるのだ。

調和が崩れる時、それは成長の為にある有意義な時間なのである。
ちいさく調和するのではなく、互いにおおきくなって調和する。
それが、おおきな愛を呼び込むのである。

2010年09月20日

03d023c5.jpg「運がいい」そう思ったり口に出したり
たったそれだけで運気が上がるという。
嘘である。
ま、あながち嘘ではないのだが
100%の人には当てはまらない。
世間一般で言う「運がいい」出来事と
当人の「思いグセ」が一致していない場合
「あのひとは運のない人」と言われるのだが
じつはその人には「生きている!」という
実感がある場合が多いのである。
わかりにくいかな?つまり
未来や過去に縛られる人生を送っている人に
そのような傾向が多く見受けられるのだが
心配したり、不平不満愚痴を言っていないと
生きている感じがしない人っていうのは
意外に多いのであり、そういうネガティブな
思考回路での「運がいい」は、そういったネタが
増えることを意味するのであって、倍増して
呼び寄せるスパイラルの力を持っているものである。

類は朋を呼ぶ。
ちいさな約束の積み重ねが信用を作る。
同様に「思いグセ」や「行動パターン」が
運気を決めるのだと私は断言したい。

棚ぼたのラッキーは続かない。
勝ち続ける人にはそれなりの思考回路と
行動指針があるという事を見落としてはならない。

過日ご紹介した本の著者は鬱でOLができなくなり
軽い気持ちでホステスを始めカウンセリングに通ううちに
No.1ホステスとなり本まで出版できた。
アンラッキーのなかにラッキーが潜むことは
よくある事であり不運を幸運に換えるのはその人次第。

DVで悩む女性がせっかく別れられてもまた同じ境遇を選ぶのは
よくある話であり、つまりそこに生きている実感があるのだから
彼女にとってはじつは「幸福」なのである。
そういう負の情報に出会った時にすべき事は
善だの悪だのとはいっさい判断せずに遠巻きに見守る事。
判断しないというのはじつは大きな愛なのである。
その代表選手は太陽だ。
誰も差別しない区別もしないし判断もしない。
ただただ遠くから愛情を注ぐのであり、かくありたいものである。

Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ