with the Beatles

2020年07月20日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

エリオット・スミスである。
ビートルズ好きなら、一度は挑戦したい
『Because』の多重録音。
かなりみごとな完成度だ。
映画『アメリカンビューティ』のサウンドトラック。

1997年のロビン・ウィリアムズとマット・デイモン主演の映画
『グッド・ウィル・ハンティング』への曲提供で脚光を浴びたが
2003年没。
ジョンのような憂いをおびた声質だったがゆえに残念。

budoubatake at 20:12コメント(0) 

2020年07月14日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

ギターパンダさんである。
意外かも知れない。
清志郎DNAの継承者として有名な彼だが
この曲は歌詞や曲調と関係なく
前奏や間奏で『In My Life』のメロディが出てくる。
何回もお会いしてるのに、どうして『In My Life』なのかは
まだ聞けていない。

budoubatake at 11:05コメント(0) 

2020年06月30日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

『Klaatu - Hope』クラトゥはカナダのバンド。
この曲のギターは解散後のジョージを思わせる。
1st.アルバム『3:47 EST』は発売当時
ビートルズが名前を変えてやってるんじゃないのか?と
ウワサされるほどのビートリーな作品。

https://www.youtube.com/watch?v=9URM_5R-vWk&list=PLh_NIqi9cxFF1_6FLUvFcZpQ7AFk6q_Nh

budoubatake at 00:48コメント(0) 

2020年06月29日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

ジュリアンはジョン・レノンの息子。
シンシアとのあいだに生まれたのは1963年。
つまりビートルズ大ブレイクの年だ。
ポールがジュリアンのために『Hey Jude』を
作ったという話は有名だ。

しかし・・・・ このビデオ・・・・

budoubatake at 22:21コメント(0) 

2020年06月28日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

『Northern Songs』は、どこの誰かは知らないが
ビートルズの没作品や誰かに提供したLennon&McCartney作品を
リメイクしたアルバムだ。
こじつけで、いかにもというアレンジがナイス。
『THE SECRET SONGS』よりも演奏も歌も格上。
かつてはLPを店に飾っていた。
足元だけでもどれが誰だかわかるよね。


51gvxADSqDL._AC_SX425_

budoubatake at 22:08コメント(0) 

2020年06月27日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

『THE SECRET SONGS』は、どこの誰かは知らないが
ビートルズの没作品や誰かに提供したLennon&McCartney作品を
リメイクしたアルバムだ。
こじつけで、いかにもというアレンジがナイス。

budoubatake at 21:55コメント(0) 

2020年06月26日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

ラトルズはビートルズパロディの先駆者。
くだらなすぎるほどに愛情がこもっていて
逆にあっぱれ、である。

budoubatake at 21:48コメント(0) 

2020年06月24日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

杉真理『Nobody』を紹介したら連鎖的に
Nobodyを思い出した。
ビートルズとCAROLを足して2で割ったようなサウンドは
キャッチーでどの曲もレベル高い。

budoubatake at 21:29コメント(0) 

2020年06月23日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

杉真理『Nobody』は1982年の『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』
の起承転結でいうと承の部分であり、もともと
大瀧さんの「ビートルズっぽいサウンドにしよう」との
コンセプトがあったのだが、この曲がアルバム中
もっともビートリーなのは間違いがない。



budoubatake at 21:21コメント(0) 

2020年06月22日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

CAROLが活躍したのは1972−75年。
ハンブルク時代のビートルズを真似たコスチューム。
『ルイジアンナ』も『ファンキーモンキーベイビー』も
リバプール風サウンドなのだけれど、いちばん
ビートルズっぽいのは『ヘイタクシー』かな。

『二人だけ』を初めて聴いた時には
すでに赤盤を聴いていたので
『And I Love Her』だな、と思った。



そうそう、『レア・トラックス』ってアルバムでは
ビートルズのカバーも聴けるぞ。
とくに『Slow Down』は大好きで、高校生の時に
ライブで演奏したのは遠い記憶、スイートメモリーだ。



budoubatake at 21:00コメント(0) 

2020年06月20日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

PUFFYを耳にした時には「著作権大丈夫?」と思ったぞ。
初期のビートルズを散りばめたコラージュ。
民生・・・・
ベイシックは『Please Please Me』そこに『She Loves You』や
『Day Tripper』『Ticket to Ride』『It Won't Be Long』
『Twist and Shout』『I Call Your Name』のエッセンス。



『I Saw Her Standing There』のベースライン。

budoubatake at 19:48コメント(0) 

2020年06月19日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

竹内まりや 「マージービートで唄わせて」
つい先日リリースされた『40th』にも
ビートルズのカヴァーを何曲も入れていた。
「私が男だったらBOXに入りたかった」と
発言するほどのビートルズ好き。
84年にこのサウンドは逆に新鮮だった。





budoubatake at 19:22コメント(0) 

2020年06月18日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

佐野元春である。
この曲のどこがビートルズなのかと問われれば
そこはかとなくジョンレノンとしか言いようがない。
『Visitors』が84年。
ジョンの訃報から、それほどの時間は経過していない。
『ジョンの魂』のエッセンスを感じるのだ。
私にはジョンへの鎮魂歌に聴こえる。



budoubatake at 21:29コメント(0) 

2020年06月17日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

チューリップはデビューシングルからすでに
イエローサブマリン調のデザイン。
財津さんのビートルズ好きは有名だが
『あいつのどこがいいんだ』はもう、失笑。
『Oh!Darling』が好き過ぎたんだろうね。



budoubatake at 21:05コメント(0) 

2020年06月16日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

『股旅』で聴いた時にはビートルズというより
ガレージサウンドっつーか、グループサウンズの
パロディだと思ってた。
なぜか今頃PV作ってるところが笑える。



budoubatake at 22:23コメント(0) 

2020年06月15日



ビートリーな仲間たち。
つまりビートルズを好きすぎて
作品に強く色濃くそのフレーヴァーが
にじみ出てしまった作品を紹介したい。

第1回は井上陽水のデビューアルバムから『ハトが泣いている』

曲の始まりは『Eight days a week』コーラスは初期そのものだ。
ブラスが『Got to get you into my Life』っぽく
ベースの音色も『Revolver』リッケンの音だね。



budoubatake at 21:10コメント(0) 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ