シャンパン

2006年07月01日

bcea60d1.jpg愛逢月(めであいづき)ってのは
7月の異称なのだそうだよ。(陰暦和風月名)
七夕の月でもあるし、ロマンティックだね。
そんなわけで、愛逢月にふさわしい
素敵なシャンパーニュをご紹介しますね!
ジャン・ヴェッセル・ウィユ・ド・ペルドリ
ジャン・ヴェッセルのシャンパーニュの中でも
ひときわ素敵なエチケット(ラベル)
ウィユ・ド・ペルドリってのはヤマウズラの目
の事で、ピノ・ノワールを圧搾する時に
ほんのりと滲み出す果皮の色が
ヤマウズラの目の色に似ているところから
名付けられたのだそうだよ。
で、エチケットにもヤマウズラが描かれているんです。

ロゼ・シャンパーニュではないのですが
逆に、ほんのりとピンクのかかった色あいは
とてもロマンチック。

七夕の夜にでも、いかがでしょう?

相乗する音楽といえば、こいつでしょ?
ボビー・コールドウェルの甘いバラードてんこ盛りの
このアルバムです!

ハート・オブ・マイン

もう、このアルバムは彼のベストアルバム!
どの曲も素晴らしい出来映え。
都会の夜が似合うサウンド。
AORってのは、今は死語なのかな?
ゆったりとおしゃれな気分にさせてくれますよ。

もしも、ひとりきりでコイツを聴きながら
シャンパーニュを飲むのなら・・・
それはそれで素敵な時間になると思うよ。
ただ・・・・・
涙拭く木綿のハンカチーフをお忘れなく。



2006年06月20日

15d50898.jpgピエール・モンキュイ キュベ・ユーグ・ド・クルメ
こいつはシャンパーニュなんですが
ご存じないでしょ?
私もノーマークでした。
所在地はなんと、かのシャンパーニュ・サロンの
お隣の畑なのだそうです。
しかもブラン・ド・ブラン。
世界のソムリエがおのおののレストランで
ラインナップしてる知る人ぞ知るシャンパーニュ。
日本では田崎さんもイチ押しみたいですよ。

檸檬の香りと味わいを感じます。
どちらかと言えば、相当ドライな第一印象。
清涼感のある味わいは、これからの季節に
ドンピシャ!

W杯、日本vsクロアチアの時に
「前祝いだ!」とか言って
こいつで乾杯してから観てたんです。

この安っぽいフェイスと裏腹な
素晴らしい出来映えのシャンパーニュ。
日本代表といっしょに飲みたいよ。


Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ