スピリチュアル

2007年07月24日

7954122c.jpgボブ・マーレーの生きている間に
発表された最後の作品がこの
「Uprising」である。
彼のすばらしいところは
ビートルズとも共通するのだが
作品をかさねるごとにサウンドが
大きく変化している所なのだ。
1962年17歳でデビュー。
翌年、バニー・ピーターと
ウェイリング・ウェイラーズ結成。
当時のサウンドはスカだ。
ここでいうスカはリズムの事であって
ハズレという意味ではないので
そこんとこよろしくである。

1972年にアイランドレコードから世界デビュー。
80年のこの「アップライジング」まで、実は
たった8年しか活動していないのである。
アルバムごとにカラーが異なるし、次々にあたらしい事に
チャレンジしているクリエイティブな姿勢は、まさに芸術家だ。

しかも、シンガーとして憂いを秘めた声質はもの哀しさとともに
民衆を扇動するくらいのカリスマ性がある。
天性のリズム感と、躍動感があり作曲技術もキャッチーなリフや
メロディを紡ぐことに関しては天才的なのである。

天才スティービー・ワンダーさえもが
ボブを讃えて「Master Blaster (Jammin')」という
曲を発表しているし、このアルバムのラストを飾る
「Redemption Song」をカヴァーしている。

さて、このアルバムの魅力はハイレ・セラシエ祇に弩
思想的に行き場をなくしたボブの混沌とした思考の中
暗中模索する姿を垣間見る事ができ、人間臭いボブを感じられるところだ。
しかし、「Redemption Song」がボブの結論なのではないか。
「救いの歌」を歌い続けることを自分の使命だと悟ったのだ。
しかし、そいつが遺言のようになってしまったのは
とても悔やまれるのである。
ジョン・レノンの「スターティング・オーヴァー」と重なる。

ウェイラーズの見守る中でオベーションで弾き語るバージョン
12弦ギターでの弾き語りバージョン。ともに捨てがたいが
アルバムで聴くと、何をしてても手が止まってしまう。
すさまじい説得力なのだ。
番外でZiggy Marley & Lauryn Hillのバージョン
じつは鳥肌ものなので付け加えておく。

この曲「リデンプション・ソング」の中で、ボブのメッセージとして
「原子力を恐れるな、時は止められない」と
人類の進化に危険はつき物だと言っている。
再び脚光を浴び原発に対して猛反発が起きているが
原油の高騰のあおりが生活環境にモロに反映されていないのは
原発のおかげだともいえるので、必要なものを
いかに安全にするかという議論のほうが有効な気がしている。
私自身はボブに賛成の姿勢である。

さて、私の人生の中で「スピリチュアル」という言葉を最初に耳にしたのは
ボブのインタビューのビデオの中だった。
「魂のこもった音楽」「精霊の宿る音楽」そんな意図で使われていたように
記憶しているが、今日のスピリチュアルブームのように安っぽくは、ない。
自分の可能性や才能に正面からぶつかっている姿勢に
スピリチュアルは宿るからだ。
そこに「究極の利己は究極の利他」がある。

「おまえがどれだけ逃げようとも、自分自身からは逃げられない」
                      ボブ・マーレー

2007年02月25日

スピリチュアルな世界。座・読書。
あなたのお薦めもよかったら教えて下さい。

生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える
飯田史彦先生のこの本は、絶妙なタイミングで出会った。
自分と向き合う為に欠かせない「何のための命か?」
命を使うと書いて「使命」
自分にとっての使命って何だ。深く深く考え続けたら自分は変わるね。

水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ
何となく感じてる「ここち良さ」と「嫌悪感」
そいつを美しい写真で解説してくれるこの本。
言葉には魂が宿ってる。「言霊(ことだま)」の威力をあらためて認識。
しかも、写真を見るだけで癒される。

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか
よくありがちだけど。
東洋医学と西洋医学の融合なんてテーマに真剣に取り組み
結果を出してる素晴らしい著書。結局立場や肩書きってものが
いかに人類の進歩の邪魔をしているかがわかる本。
(ってそこまでは言ってないけどね)

この世の役割は人間塾
賛否両論激しい船井先生のスピリチュアル。

キリストのたとえ話
妄想だと言い切れない部分のたくさんある話。
キリスト教圏の人たちは、これ以下の本もそうなんだけど
宗教の否定から入るところがニューエイジたる所以なのか。
現在の日本人は他の国に比べて宗教色が希薄だし
仏教・神道の影響は根本にあるから世界中では稀有な民族なのかも。
そんな事を考えさせられました。

聖なる予言
アドベンチャー物語的なアプローチなんだけど
相当研究し尽くして書いてる。読み物としてたのしい。
読んでるうちから4次元に行っちゃう。続編も必読。

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
神との筆談?冗談じゃないよ。
そんな導入部分だったけど、かなり人生の多くの疑問に答えをくれるはず。
こいつも続編があり、必読。

波動の法則―宇宙からのメッセージ
信じられない。まやかし妄想色が強いイントロだが
中盤からはかなり信じられる本物を感じる。
自分の人生にどう活かすかは今は即答できないけど
「こうなんじゃないかな」って思ってた事に
「そうなんだよ」って答えてくれたから今後影響が出るね。

過日、錦三で飲食店を営み、3次元と4次元のはざ間で悩みながらも
悩んでいないフリをする痛い若者と話してた。
シンプルに、そして乱暴に言ってしまえば、問題点はズバリ。

「作るお料理は相手のため」vs「作るお料理は見栄と金のため」
こうして書くと、答えは明らかだけど問題は複雑だ。

4次元的に考えたら、っつーか考える余地もないんだけど
3次元的には彼の方が成功しているからね。

「俺のマネすりゃいいんだよ。だいじょうぶ」
そんな風に、結果と評価を伴ってたら強気で言えるのにな。
まだまだですわ・・・
「経営:経済を営む」
「経営:お経(仏陀の教え)を営む」
このバランスだと思うんだな。

ベトナム戦争でのアメリカ兵の戦死者は5万人強。こちらは15年間。
2005年の日本の自殺者数は3万2552人だよ。たった1年だよ。
8年連続3万人超なのだそうだ。

今の日本という国家は、経済的に裕福なのかも知れないけれど
こころは全然ゆたかじゃないよね。
とても歪んだ社会だと思うのが普通だ。

もう少し豊かなこころを育む為のスピリチュアルはいかがだろうか?
現実逃避に使う輩がいるから多くの反スピリチュアルを呼んでしまう。

2007年01月26日

fac33bcf.jpg信じる、信じないって
意外に直感で決めてません?
今夜、このふたりに興味津々。
ぬめらかさん、ありがとう!
グラハム・ハンコック「スーパーナチュラル」
エハン・デラヴィ
「リアル・エイジの新しいジャーナリズム」

過日、Mind Revolution って書いたけど
Conscious Evolution だな。

2006年12月08日

9763d9fc.jpgこころから、サンキュー、John!









私の知りたい事は、すでにこの曲で
教えてくれてたんだね。
気が付かなかった。
今年の命日にはこんな解釈。
来年にはもっと進化して
違う訳をするかも知れないけど
ありがとう、ジョン。
きっと、恋してるんだな。
究極の利己は、究極の利他だね。



"All You Need is Love"

Love, love, love, love, love, love, love, love, love.
愛、そう、愛だよ
愛、だね、愛だよ

There's nothing you can do that can't be done.
Nothing you can sing that can't be sung.
Nothing you can say but you can learn how to play the game
It's easy.

君ができることで、できないことなんて何ひとつない
するって決めたら、いままでも、できたはずだよ
きみが歌えることで、歌えないものなんて何ひとつない
歌いたいから歌える そうだろ?
言葉に言いあらわす事ができなくても
人生ってものが、何のためにあるのかを
もう君はすでに知っている
だから、思い出すだけでいいんだよ
簡単な事!

There's nothing you can make that can't be made.
No one you can save that can't be saved.
Nothing you can do but you can learn how to be in time
It's easy.


君が創りだせるもので、創れないものなんてない
ポジティブだったりネガティブだった感情、つまり
過去に考えた思考が、今の君を創っているという事さ
きみに救えない人なんていない
だって想えば叶うのだからね
たとえ今それができなくても、遅かれ早かれ
そんな日がやってくる、集団意識ってやつだよ
みんなで考えれば簡単な事!

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.

君のすべては愛
君は愛から生まれてきた
君は愛を育む

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.

生きてるってのは、愛を知る為の偉大な体験
だから、愛こそはすべて
必要なのは愛だけなんだよ

There's nothing you can know that isn't known.
Nothing you can see that isn't shown.
Nowhere you can be that isn't where you're meant to be.
It's easy.

知らなかった事は、知る事ができなかった事
逆に頭だけで知っている事なんて、たいして意味を持たない
見えなかったもので見えるものは無い
君自身が見たものを、自分のハートで理解すればいいのさ
君が体験した事以外は、君にとって存在しないに等しいのだからね
そう考えたら簡単だろ?

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.
All you need is love (all together now)
All you need is love (everybody)
All you need is love, love, love is all you need.

愛があれば、偉大な力を生み出す
愛がなくちゃ、生きる意味もない
愛を判断基準にすれば答えは簡単!
そう、愛こそは全て

       by Beatles (John Lennon)

         (意訳:2006年12月のワインセラピスト)

9fed4cc7.jpg

2006年11月28日

8d68b5f4.jpg昨夜まで、ずっと続いていた頭痛が
とうとうピークに達して、思考すら
ままならぬほどだった。
そんな時に、友人のともみち君が
このパワーシートなるものを
メールで送ってくれた。
すごい!
プリントアウトして手を翳すと
手のひらが、あたたかくなるんです!
いろんな人に試しましたが
反応は同じ。
ダビデの星なのか?

よくわかんないけど
部屋とオフィスに貼っておいたら
今日の寝起きの良かった事!
昨夜までの激痛が、霧の晴た摩周湖のようになった。

思考もクリア。
信じられない事って、まだまだたくさんあるね。
続きを読む

2006年11月18日

このブログに紹介しているワインや
本や音楽、映画などは、実は、ごく一部。
自分が感動して、ひとに教えられる
というか、教えたくなるものしか
ここでは紹介してないんですね。

って言うと、「どんだけヒマ人?」
などと言われそうだけど、ごめん。(笑)

スピリチュアルな世界の研究はここ4年ほど。だ。
すると、入門的な本を読んでも、もう、つまんないんです。
過日紹介した「わたしに贈る一年」
紹介した部分以外は、自分には響いてこなくて
辟易としていた。

実は、ここ5年間くらい、生まれてから
いちばんの苦境に立たされている。
真っ暗なトンネルの中を手探りしている。
何がなんなのかわからない。

突破口を探す為、最初はビジネス本を読んだ。
新参のわくわく系、小阪裕司や神田昌典、本田健などもね。
でもそんな時に出会った、飯田史彦先生の「生きがいの創造」
こいつが、いちばんの衝撃だった。

そこがスピリチュアルな世界への入口だった。
でも、もう、読む本がない。

だって、みんな同じ事しか書いてないんだもん。
続きを読む

2006年11月08日

38b1cc47.jpg日本ソムリエ協会東海支部の
セミナーに参加。本日の講師は
伊藤與志男氏。
「フランスワイン最新事情」

今日の勉強会は、いままで腑に落ちなかった
ワインのあれこれが、実に明確になった。
とともに、今までの自分のワイン知識は、ないと同じ。
それくらいの衝撃度だった。
がゆえに、興奮し、混乱している。

<以下議事録>続きを読む

2006年08月01日

7849c425.jpg人から薦められる本を読むのは好きだ。
「サイレント・パワー 〜静かなるカリスマ」
江原啓之さんや飯田史彦などのスピリチュアルな
世界に慣れ親しんでいないと、字面でしか
理解できないかもね。でもきっと
自分の成長と共に読み返す事の
できる本になると思うよ。
著者のスチュワート・ワイルドもこの本を
「小冊子」扱いしているほどコンパクトで
読みやすい本になっているんです。

続きを読む

Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ